『THE FIRST』で誕生「BE:FIRST」メンバー7人が思い語る

『THE FIRST』で誕生「BE:FIRST」メンバー7人が思い語る

8月13日、AAAのメンバーで、ソロでも活動するSKY-HI(日高光啓)が主催するボーイズグループオーディション『THE FIRST』のメンバー7人とグループ名が『スッキリ』(日本テレビ系、毎週月~金曜8:00~)で発表。収録後にメンバー決定オンライン記者発表会が開催された。グループ名は「BE:FIRST(ビーファースト)」で、会見には選ばれたソウタ(20)、シュント(17)、マナト(20)、リュウヘイ(14)、ジュノン(23)、リョウキ(22)、レオ(22)の7人がSKY-HIと共に出席した。

SKY-HIは「日本から世界で活躍するボーイズグループを作る」という思いで、私財1億円以上を投じてオーディション『THE FIRST』を2020年9月末から開催。オーディション中に作られた課題曲などが音楽配信サービスで配信され、総合チャート1位を獲得、また、SNSではメンバー名がトレンド入りを果たすなど話題を振りまいた。

SKY-HIは自ら代表取締役CEOを務める新会社「BMSG」を起業したことを感慨深げに振り返りつつ、「今会社は2期目。そういう段階で『THE FIRST』がみなさんに愛してもらえる存在になったのは誇りと思えるし自信にもなった。『BE:FIRST』がこうしてできたことも感無量。言葉がないくらい嬉しい気持ち」と心中を述べ、メンバーに対しても「それぞれがオンリーワン。自分たちがナンバーワンであると自信を持って言えることが大切」とエールを送った。

SKI-HIは「ただ売れるグループを作って頑張ろうということでなく、価値観として、世界の中の、東アジアの中の日本という国から新しい価値観を発信したい。彼らに成功してもらうのは自分の夢。ファミリーとしてみんなでいい景色をたくさんみたい」とグループに込めた夢も語った。これに対してレオも「オーディションを通してたくさんの宝物を得ました。これからも応援してくれるみなさんとたくさんの宝物を作っていきたい。7人でライブをしたり、日高さんとも音楽をやってみたい」と意気込み。

ソウタも「日高さんが掲げてくれたものに惹かれて参加し、孤高の7人に選ばれたことが幸せ。たくさんの人に恩返ししたい。もっと高みを目指し、たくさんの方々に感動を与えられるようにしたい」と感無量の表情で語る。リョウキも「このみんなに出会えて、様々な経験を生かしてここに来れたことに感謝します」と述べ、「7人だけでなく参加者全員の気持ちを背負って頑張っていきたい」と嬉しそうな表情。マナトも「合宿では1人のアーティストとして1人の人間として大事なものを学ばせていただきました。世界に羽ばたけるように頑張ります」と前向きな気持ちを語った。

ジュノンもオーディションを通じて「スキルの面でも成長できました。人生の中で一番濃い経験ができた」と述べ、「このメンバーとして世界に羽ばたきたい」とコメント。リュウヘイも「1人のアーティストとして自分を磨いてきたのが、今、こうしてグループとして勝ち上がっていく、そういう新しい自分になれて嬉しい。頑張ろうと思えるきっかけになりました」とにっこり。シュントも「『THE FIRST』で多くのことを学ばせていただきました。自分も成長を実感することができました。ここがスタートライン。成長できるよう精進していきたい」と話していた。

画像ギャラリー

PICK UP