内田理央“桃江”の「好きな人に遊ばれてた方が良い」に共感の声「死ぬほどわかる」

内田理央“桃江”の「好きな人に遊ばれてた方が良い」に共感の声「死ぬほどわかる」

内田理央が主演を務めるドラマ『来世ではちゃんとします2』(テレビ東京系、毎週水曜24:40~)が、8月11日よりスタート。第1話では、主人公・大森桃江(内田)の言葉にSNS上で共感する声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、「グランドジャンプ」に連載中のいつまちゃんによる人気漫画が原作で、2020年にドラマ化された『来世ではちゃんとします』の続編。内田が演じる、5人のセフレがいる性依存系女子・桃江の赤裸々なエロラブストーリーが展開する。

桃江は相変わらず5人のセフレと愛を営む日々を送っていたが、ついに結婚に焦りを感じ、婚活パーティへ行くことに。しかし、普段から顔や稼ぎのいいセフレと遊んでいる桃江は冴えない参加者たちに全くトキメキを感じない。そんな桃江の前に1人のイケメンが。すぐに意気投合し、その日のうちに体の関係を持ってしまったのだが、実はその婚活四郎(吉田宗洋)は既婚者だった。その後、婚活男たちから続々と連絡が届き、桃江はうんざり。「どうでも良い人の本命になるより、好きな人に遊ばれてた方が全然良い」と同僚の高杉梅(太田莉菜)に愚痴る。

桃江のセフレ・Aくん(塩野瑛久)
桃江のセフレ・Aくん(塩野瑛久)

そんな時に本命セフレAくん(塩野瑛久)から連絡があり、桃江は大喜び。急いでAくんの家に向かうのだが、そこには何故か子供用のジャングルジムが。そこで緊縛されてしまった桃江は「この変態性をぶつけられるの、最っ高!」と興奮し、受け入れるのだった。

好きな人の言動で一喜一憂する登場人物たちに、前作も「共感しかない」と話題になった本作。シーズン2でもSNS上に「死ぬほどわかる」「共感しかなくて、辛くなった」などの感想があがった。

婚活四郎(吉田宗洋)、桃江(内田理央)
婚活四郎(吉田宗洋)、桃江(内田理央)

さらに、婚活四郎を演じた吉田にも注目が。ドラマ『ポルノグラファー』シリーズで城戸士郎を演じた吉田が再び“四郎”役だったこと、また監督が同じ三木康一郎だったことから「三木監督作品でまた“しろう”を演じてくれてありがとうございます!」「既婚者のしろう……『ポルノグラファー』まんまやないか!」「三木監督ありがとう」との反応があった。

8月18日放送の第2話では、松田健(小関裕太)は寝ている間にセフレの桜木亜子(小島藤子)にスマホを見られ、他の女の子との遊びがバレてしまう。

画像ギャラリー

PICK UP