高橋メアリージュン、死刑を望む女性役で『緊急取調室』出演

真壁有希子(天海祐希)、橘頼子(高橋メアリージュン)
真壁有希子(天海祐希)、橘頼子(高橋メアリージュン)

天海祐希が主演を務める木曜ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第4話が、8月12日に放送される。

本作は、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の活躍を描く人気刑事ドラマの第4シーズン。天海は叩き上げの取調官・真壁有希子を演じる。

前回放送の第3話「勇者の嘘」では、岡山天音神尾楓珠がボクサー役で出演。元不良少年ボクサー・石倉衆ニ(岡山)が、「大卒のプリンス」ともてはやされる現チャンピオン・加賀見光一郎(神尾)に挑むタイトルマッチの直前、週刊誌記者殺害事件の犯人なのでは……と疑われてしまうストーリーが展開された。

<第4話あらすじ>
画期的な食品廃棄物リサイクルシステム「SY21」を開発し、注目を浴びている企業「スリー食品」の工場でガス漏れが発生。同社の専務・三上聡(内村遥)を含む2名が死亡した。しかもこの惨事、当初は“事故”だと考えられていたが突如、“事件”として扱われることになる。なんと防犯カメラ映像に、エンジニア・橘頼子(高橋メアリージュン)が自ら開発に関わった「SY21」をわざと故障させ、ガスを発生させる姿が映っていたのだ! しかも、事件当日は頼子が依願退職する日で、朝にはSNSに「もう終わったのね。さよなら」と、自殺を匂わせる意味深な書き込みもしていた。

これを受け、真壁有希子(天海)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」は頼子の取り調べを担うことに。しかし、取り調べ以前に大きな問題が……。何を隠そう、頼子はガス漏れ事件で重症者となり、集中治療室に収容されていたのだ。しかも病院に駆けつけた有希子に、頼子の主治医・折原政人(甲本雅裕)は「治療が最優先」と明言。過剰なほど断固たる態度で、事情聴取を許可せず……。

取り調べは一旦あきらめ、退散せざるを得なくなった有希子は、改めて頼子に関する資料を精査。大学中退後「スリー食品」に入社するまで、6年間の経歴が空白になっていることが気になり……!?

まもなく、キントリの管理官・梶山勝利(田中哲司)がなんとか折原を説得し、5分以内という厳しい条件ではあるものの、頼子を取り調べる許可を獲得。有希子と小石川春夫(小日向文世)はすぐさま取り調べを始める。すると頼子は開口一番、自分が「SY21」を故障させたことを素直に認めるも、なぜか動機や事の詳細を話すことは拒否。ひたすら「死刑にしてください」と懇願し始める。

画像ギャラリー