おぎやはぎ小木が出馬!?矢作兼との初ケンカに「最高」

おぎやはぎ小木が出馬!?矢作兼との初ケンカに「最高」
最新エピソードを無料視聴

8月7日に放送された『ゴッドタン』(テレビ東京系、毎週土曜25:45~)では、「本音ダダ漏れ未公開SP」と題し、おぎやはぎ小木博明矢作兼)の「ケンカ仲直り王決定戦」エキシビジョンマッチが行われた。出会ってから32年、一度もケンカをしたことがないという2人が熱戦を繰り広げた。

コンビ初のケンカ内容を決めようという話になり、様々な候補から、劇団ひとりが「矢作がたまに“本当のおじいちゃん”になっちゃう」をリクエスト。一方の矢作は、「“小木が選挙に出たいと言い出す”は怒れるよ」と発言し、この2つの作戦でケンカをすることが決定した。

さっそく矢作が眼鏡をはずし、「はぁ〜」とため息をついたり、音を出してペットボトルの水を飲んだりとごく自然な演技でおじいちゃんになりすますと、小木は「最近おじいちゃんみたいになってきちゃって、すげーやりづらいのよね」と苦言を呈す。それにキレる矢作は、その後も「俺、飯食ったっけ?」などボケ続けた。

その流れで小木が、作戦2つ目の“選挙に出たいと言い出す”を実践。「マニフェストはなんだよ」と普通に戻った矢作がキレぎみに尋ねると、小木は歩行者のヘルメット義務化を公約として掲げると宣言。それをバカにした矢作が「俺の方がまだなれるわ!」と言い返すと、逆に小木から公約は何かを問われ、「無税」を掲げた矢作。

そこで劇団ひとりからマイクを通して「小木さんおじいちゃんになれる?」と指令が飛び、小木が「ここはどこだ! ここはどこなんだよ!?」とひどすぎる演技を見せると、それに合わせ矢作も再びおじいちゃんになり交戦。いつしか “おじいちゃんVSおじいちゃん”の戦いになり……。

ネット上では、「笑った」「おぎやはぎのケンカ芸最高w」「おぎやはぎやっぱ好き!」などの反響が寄せられた。

次回は8月14日に放送。「ラジオ芸人サミット!」が実施される。