サッカー男子は銅メダル、バスケットボール女子は決勝進出を目指す!東京オリンピック主なライブ配信(8月6日)

サッカー男子は銅メダル、バスケットボール女子は決勝進出を目指す!東京オリンピック主なライブ配信(8月6日)

東京2020オリンピックは、大会14日目。球技の各種目がクライマックスを迎えつつあるなか、日本男子サッカーは1968年のメキシコ大会以来となる銅メダル獲得をかけ、メキシコとの3位決定戦に臨む。かつて、日本が銅メダルを獲得した際の対戦相手は、奇しくもメキシコで、当時、完全アウェイで3位決定戦を戦った日本だったが、今回はホームでのメダル獲得を目指すことになる。

準決勝では延長の末、スペインに惜敗した日本。キャプテンの吉田麻也は「精神論は好きではないが、メダルを獲りたい気持ちの強い方が勝つ」というコメントをした通り、いかに気持ちを立て直せるかが、メダル獲得へ向け鍵を握ることになりそうだ。

一方、女子はバスケットボールで、日本史上初となる五輪ベスト4進出の快挙を達成しており、夜に行われる準決勝では、決勝進出をかけてフランスと対戦する。日本はベルギーと対戦した準々決勝で、この大会を通じて高い成功率を挙げている3ポイントシュートを、残り16秒で決めて逆転勝ちしており、この試合もアウトサイドからのシュートの成功率が勝敗に直結することになりそうだ。なお、予選ラウンドで日本はフランスと対戦しており、この際は74-70で競り勝っている。

卓球は男子団体が銅メダルをかけ、3位決定戦で韓国と対戦する。世界ランキングで上位に立つ日本に分があるとはいえ、韓国との実力差は拮抗しており、第1試合のダブルスが大きな意味を持つだろう。また、レスリングは女子フリースタイル53kg級決勝に向田真優が出場。金メダルを狙う。

ゴルフ女子個人ストロークプレーは第3ラウンドを迎える。第2ラウンドを終え、世界ランク1位のネリー・コルダ(アメリカ)が、2位に4打差の通算13アンダーで単独首位。日本勢は通算7アンダーの6位タイに稲見萌寧が、通算4アンダーの11位タイに畑岡奈紗がつけており、メダル獲得へ向け、3日目のチャージが必須となる。

陸上は前回大会で、日本が銀メダルを獲った男子4x100mリレーに注目が集まる。多田修平山縣亮太桐生祥秀小池祐貴の4人で臨んだ予選は、3着で決勝進出。ただ、タイムは全体8位とメダル獲得へ向け課題を残しており、決勝レースでどのような立て直しを見せるか。また、男子50km競歩と、女子1500m決勝の田中希実の走りにも注目したい。

新競技のスポーツクライミングは、メダル候補である野口啓代が、女子複合決勝で金メダルに挑む。野口は得意のボルダリングで本領を発揮し切れないながら、予選を4位で通過しており、ボルダリングと最終種目のリードで実力を出し切ることができれば、自ずとメダルの色は良くなるだろう。一方、予選3位の野中生萌はスピードで立て続けに日本新をマークするなど、好調の波に乗っており、こちらもメダルを射程圏に入れている。

同じく新競技の空手では、男子形に金メダル候補筆頭の喜友名諒が登場。五輪初代チャンピオンを目指す世界選手権3連覇の絶対王者に死角はなさそうだ。

民放テレビ局のオリンピック公式動画配信サイト「gorin.jp」および、民放公式テレビポータル「TVer」では、大会の模様をライブ&ハイライトで配信する。主なライブスケジュールはこちら。

■8月6日(金)主なライブ配信
レスリング 男子フリースタイル65kg級/97kg級/女子フリースタイル50kg級 1回戦 ほか 11:00 - 13:30
バレーボール女子 準決勝 セルビアvs米国 13:00 - 14:50
スポーツクライミング 女子複合 スピード/ボルダリング/リード 決勝 17:30 - 22:20
陸上 男子4×100mリレー/女子4×100mリレー 決勝ほか 19:50 - 22:55