二階堂ふみ“早梅”、眞栄田郷敦“壱成”提案のゲームで予期せぬ災難!

片岡壱成(眞栄田郷敦)が提案したゲームとは?
片岡壱成(眞栄田郷敦)が提案したゲームとは?

二階堂ふみが主演を務める火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第2話が、7月20日に放送される。

原作は小学館の漫画アプリ「マンガワン」に連載中(隔週月曜更新)の同名人気漫画。夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿無しになった人生崖っぷちアラサーバツイチ女子が、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていくラブコメディ。二階堂演じる主人公・桂木早梅、眞栄田郷敦演じる高校生・片岡壱成、岩田剛典演じる旅館の若旦那で壱成の兄・片岡成吾の三角関係が描かれる。

先週放送された第1話では、早梅と壱成の“最悪な”出会いが描かれた。壱成から家に住まわせる代わりに、サイコロをふって出た目のミッションにチャレンジするよう言われた早梅。早梅が引いたのは「セレブパーティで主役に恥をかかせる」だった。翌日、早梅はセレブモデル・恵の誕生日パーティで、壱成の頭をケーキに押し込め、恵にもケーキをぶつけた。このシーンがネット上で「めっちゃスカッとしました」「強気な二階堂さんが早梅にちょ〜ハマってた」「爽快感あるな」と話題になっていた。

<第2話あらすじ>
旅館で働き始めた早梅(二階堂)に対する仲居たちの態度が冷たい。女将の座を狙って成吾(岩田)の争奪戦に火花を散らす仲居たちは、大女将の悦子(三田佳子)の口利きで入った早梅が成吾のお嫁さん候補ではないかと嫉妬しているのだった。

執事に吉寅英二(高橋克実)から、成吾がそんな早梅のことを気にかけていると聞いた壱成(眞栄田)は、自分が連れてきた早梅を兄に取られる気がして面白くない。旅館の仕事を辞めるよう早梅に迫るが、なぜそんなに旅館を嫌うのかと聞かれ、言葉に詰まる。

桂木早梅(二階堂ふみ)、片岡壱成(眞栄田郷敦)
桂木早梅(二階堂ふみ)、片岡壱成(眞栄田郷敦)

そんなある日、悦子が新しい掛け軸を旧館の物置から出しておくよう壱成に頼む。しかし、その物置には幽霊が出るという噂。旅館嫌いなうえ怖がりの壱成は、早梅にやらせようと「呪われた物置部屋から掛け軸を持って来る」というゲームを思いつく。ところが、そのゲームに乗った早梅が予期せぬ災難に見舞われ……。

画像ギャラリー