中川大志“柊”と鈴木伸之“流星”、イチゴ食べさせ合いに「イケメンがイケメンに…」

中川大志“柊”と鈴木伸之“流星”、イチゴ食べさせ合いに「イケメンがイケメンに…」

中川大志が主演を務める『ボクの殺意が恋をした』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30〜)の3話が、7月18日に放送。ネット上では、中川と鈴木伸之のやりとりに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本ドラマは身体能力100点・ルックス100点、でも、殺しの才能0点。最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋をしてしまうというスリリング・ラブコメディ。

男虎柊(中川)は、因縁の相手・鳴宮美月(新木優子)にキュンとしてしまうことに戸惑いを感じていた。改めて丈一郎(藤木直人)に「ごめん。丈さん。必ず仇をとるから!」と決意する。

そんな中、美月の漫画「ハリネズミ探偵・ハリー」の実写映画に、モデル・八乙女流星(鈴木)の出演が決定。挨拶がしたいと、彼女の仕事場に流星がやってきた。柊は、デス・プリンスの異名を持つ彼が、何を仕掛けてくるのかと身構える。すると、流星からケーキのプレゼントが。喜ぶアシスタントたちに「単なる差し入れ“です”」の言葉。“です=death”と変換した柊は、“こいつなら、ここにいる全員を殺しにかねない!”と妄想する。

イチゴを手にし「お前が先に食べろよ」と流星の前に差し出した。すると、流星も「お先にどうぞ」とイチゴを手に。2人同時に食べることになり、デスチキンレースが勃発。水瀬千景(田中みな実)の音頭で、あーんと食べさせ合う柊と流星に、美月は「なにこれ?」と冷静に切り捨てた。結局、ケーキは毒入りではなかった。

流星の誘いで一行はグランピングへと行くことに。当初は反対していたが、山の中では死角が多く、殺すには好都合。柊も同行することに。自宅で準備する彼に、綿谷詩織(水野美紀)は「毎回楽しんで帰ってきてない? やれ、パーティだの花火大会だの」とツッコミを入れた。

グランピングの日。流星は美月を連れ出す。はぐれたところを見つけた柊は「あの女は俺が必ずやる」と宣戦布告。2人は格闘するが……。

ネット上では、いがみ合う2人のほっこりするシーンとアクションに「イケメンがイケメンにイチゴを食べさせるタイム」「イチゴの食べさせ合い、なんだったんだw」「イチゴあーんし合うイケメン2人」「アクションシーン迫力あってカッコ良かった」「アクションもキレキレでした」​​​​との声があった。

次回は7月25日に放送。美月が「ハリネズミ探偵・ハリー」の実写映画撮影に向けた打合せへと参加することに。

男虎柊(中川大志)
男虎柊(中川大志)
八乙女流星(鈴木伸之)
八乙女流星(鈴木伸之)
鳴宮美月(新木優子)
鳴宮美月(新木優子)

画像ギャラリー