菊池風磨演じる飯塚、土下座した際のお尻にファン注目「プリティ」

菊池風磨演じる飯塚、土下座した際のお尻にファン注目「プリティ」

渡辺大知黒猫チェルシー)、菊池風磨Sexy Zone)、アイクぬわら超新塾)がトリプル主演を務めるプラチナイト モクドラF『イタイケに恋して』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~※一部地域を除く)の第3話が、7月15日に放送。SNS上では、菊池演じる飯塚将希のキャラが見えるやりとりに「どこまでもチャラいしクズい」といった反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

脚本は『おっさんずラブ』『私の家政夫ナギサさん』などを手掛けた徳尾浩司による完全オリジナル作品。同ドラマは、不器用でモテない男子3人が恋愛インフルエンサーの助手となり恋のキューピッドとして大奮闘していくストーリー。3人は教会を改修したシェアハウスでともに生活をして、日々間違いだらけの恋愛妄想トークをさく裂させながら“様々な恋の形”と向き合っていく。

シーンカット
シーンカット

今日のレートは、100サチ2円。マリック・ジョンソンJr.(アイク)は6000円、影山信博(渡辺)は2500円、飯塚は350円と、レートがいい時に給料を換金した3人。飯塚は「マジ助かった。これがもう今月最後の現金なのよ」という。ほかの2人は、自分たちよりも早く金を使い切っている飯塚を笑うが「意地でもこれで生きっから」と意気込む。しかし、飯塚が勝手に冷蔵庫のジンジャーエールを飲んでいたことが明らかに。弘田佐知(石井杏奈)は、15000サチは300円と、彼から300円奪っていった。

「俺さ〜今月50円しかないよね〜」と嘆く飯塚。では、飯塚は給料を何に使ったのか。「僕ちゃんね、違う枕じゃ寝られないのよ。だからこの前、いいの買っちった」という。そんな飯塚の勝手な行動に「あのさ、俺たち、お金を出し合って食材を買ってんだからね? 今月あとどうするの?」と影山。

みなみ(黒川智花)は悠也(笠原秀幸)から一方的に別れを告げられたという
みなみ(黒川智花)は悠也(笠原秀幸)から一方的に別れを告げられたという

それでも反省するそぶりのない飯塚は「こうして何かの縁があって一緒にシェアしてんだからさ、そんな厳密にきっちり分けなくてもいいじゃないっすか。ダンナ!」と返すが、2人はタダ飯を許さない。来月、A5ランクの牛肉を差し入れすると約束しつつ「マジで牧場の知り合いいっから! だから今月はお願い!」と土下座した。2人が呆れているところに、今回の依頼主・日向みなみ(黒川智花)​がやってくる。

SNS上では、回を重ねるたびに飯塚のヒモ感が露呈してきており「将希はトップオブヒモなのかもしれない」「面白い……でも憎めない……」「すぐ土下座するw」「まさきくんヒモかわいい​​」「マサキどこまでもチャラいしクズい」との声が。また、土下座の際のお尻にも「プリティなお尻」「おしりかわいい〜」とのコメントが寄せられていた。

次回第4話は7月22日に放送。3人は依頼により、結婚する花嫁を奪いに行く。

画像ギャラリー