「蔵地(葉山奨之)は仙夏(岡田結実)が好きな事に気づこうね」優柔不断男の恋の行方は?ドラマ『江戸モアゼル』

読みテレ
「蔵地(葉山奨之)は仙夏(岡田結実)が好きな事に気づこうね」優柔不断男の恋の行方は?ドラマ『江戸モアゼル』

岡田結実主演の連続ドラマ『江戸モアゼル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第8話が2月25日に放送された。江戸時代からタイムスリップしてきた花魁の仙夏(岡田結実)は、婚約していた鳥居(前田公輝)から「お前は蔵地(葉山奨之)が好きなんだ」と気づかされ、戸惑いを隠せないでいた。Twitterでは、「仙夏と蔵地の恋が進展していくぅ〜」「蔵地は仙夏が好きな事にいいかげん気づこうね」などと恋の急展開を望む声があがった。

ある日、仙夏と蔵地がアルバイトをしているカフェに、蔵地の父で不動産会社社長の幸春(手塚とおる)が突然やって来る。カフェの土地を貸している幸春は、経営が赤字なことを理由に「今月末までに立ち退け」と要求。さらに、蔵地が「イラストレーターになる」と言って自分の会社を辞めたにも関わらず、いまだに夢を叶えていないことを指摘して「逃げ続けた人間の末路だな」と蔵地に痛い言葉を突きつける。それを見た仙夏は反発し、幸春に「売り上げを今の倍にすれば店を続けてもいい」という約束を取り付けた。果たして仙夏は、カフェを守ることができるのか?

一方、長兵衛(一ノ瀬颯)と寿乃(山口まゆ)は、江戸へ帰る方法を考えていた。長兵衛は寿乃の支えに感謝し、「何か困ったことが起きた時は拙者が助けてやる!」と晴やかに言う。しかし、寿乃は密かに長兵衛への恋心が芽生えており、どうしても表情が曇ってしまうのだった。Twitterでは、「寿乃さんが切なすぎる」「寿乃ちゃんと長兵衛めちゃくちゃ合うと思うんだけどな〜」と2人の恋を応援する声があがった。

泉美(吉谷彩子)は、とある仕事でイラストレーターを探すことになり、蔵地にイラストの仕事を依頼する。泉美から「一緒に頑張ろう!」と励まされ、蔵地は再びかつての夢を追いかけることに。そんな2人を見守る仙夏は、胸を痛めつつも蔵地の代わりにお店を守ろうと必死に働くのだが、無理がたたり倒れてしまう。その知らせは、イラストの最終プレゼンを目前に控えた蔵地の元へも届く。「行ったら全部、終わりだよ……?」と強く引き留める泉美に対し、蔵地は「今行かないと、きっと後悔する」と会議室を飛び出して行く。Twitterでは、「泉美、切ねぇ」「泉美ちゃんかわいそう過ぎるやろ」「泉美ちゃんは蔵地にはもったいない、いい女だよ!」「蔵地後悔するぞ、こんな良い子を」「仙夏と蔵地の恋が進展していくぅ〜」「蔵地は仙夏が好きな事にいいかげん気づこうね」というコメントが寄せられた。

ようやく付き合えたはずの蔵地と泉美には溝が生まれ、仙夏と別れたばかりの鳥居が泉美を気にかけるシーンも!?さらに、寿乃の健気な想いは長兵衛に届くのか?それぞれの恋の行く末に次回も目が離せない。

【文:齋藤 めぐみ】