【緊急配信】全ての真相が明らかになった『約束 〜16年目の真実〜』。大反響の最終回放送直後に、番組プロデューサーへ直撃インタビュー。

公開: 更新: 読みテレ
【緊急配信】全ての真相が明らかになった『約束 〜16年目の真実〜』。大反響の最終回放送直後に、番組プロデューサーへ直撃インタビュー。

深夜ドラマにかかわらず、TVer再生数累計1000万回突破!さらに真犯人が明らかになった第9話放送直後、「ラスト数分、鳥肌がやばすぎる」、「真犯人がわかってから見ると伏線ガンガン入ってた」などSNS上に反響の声が多くポストされ、Xのトレンド日本2位に入るなど、回を追うごとに人気の輪が広がった予測不能の完全オリジナル・心理サスペンス『約束〜16年目の真実』。
そして6月13日(木)に最終回が放送され、葵が追い続けた“16年目の真実”が明らかとなった。そんな大ヒット作品としてエンディングを迎えた『約束 〜16年目の真実~』をプロデュースした多鹿雄策氏に、最終回放送直後にインタビューを実施した。

“人の強さ”を信じたい、ドラマに込めたひとつの想い。

Q.先ほど最終回が終わったばかりですが作品を振り返ってみていかがですか?

©ytv (20817)

via ©ytv

『約束 〜16年目の真実〜』を企画プロデュースした、多鹿雄策プロデューサー

多鹿P:まずは全10話を走り切り、葵の物語を最後まで皆さんにお届けすることができて、ほっとしています。そして、葵を救うことができたラストを迎えられてよかったです。
最終話のタイトル『未来』にもあるように、冒頭で「未来は誰にも読めない」という入り口で始まりますが、このドラマの一つのテーマとして“人の強さ”を描きたいと決めていました。葵も香坂も、家族や友人、バディなど、多くのものを失いました。もしかしたら、葵や香坂が復讐に走り、悪魔になっていたかもしれない。それでも、未来に何が待ち受けているかわからないけど、「真実を知りたい」という強い信念を持って生きている。そんな“人の強さ”を信じたい、というのがこのドラマに込めた、ひとつの想いで、それを最後まで描き切ることができました。そこには、中村アンさん、横山裕さんが、悲しみや苦しみを背負いながらも、葵と香坂を大切に育ててくれて、その結果、このドラマを見てくれた方々が、未来も、明日も、“強く生きよう”って少しでも思ってくれていたら幸せです。

最終話に向けては、「真犯人が誰か?」の考察ではなく、「なぜ?」という考察で最後までみなさんに楽しんでもらいたかった。

©ytv (20820)

via ©ytv

Q.第9話で真犯人が明らかになると、Xの日本トレンド2位にランクインするなど、大きな反響がありましたが、視聴者を驚かせるという点で狙い通りでしたか?

多鹿P:そうですね!企画当初から、 9話から最終話にかけての引っ張りを「誰が真犯人か」ではなく、「なぜ?」「なにが起きたのか?」で引っ張りたいと思っていました。なので、真犯人は9話ラストで明かし、その放送終了後に、どのくらい視聴者の皆さんが盛り上がってくれるか?は、楽しみも不安もありって感じでした。結果的に、エゴサも追いつかないほど、想像をはるかに超える反響があったことは本当に嬉しかったです。


Q.第9話で真犯人が明かされ、最終回の放送まで「桃がなぜ?」の考察はSNSに上がっていました?

多鹿P:「本当に桃なのか?」って考察もまだあって、「桃だよ!」って言いたくなりましたね(笑) ですが、「葵と桃がどういう関係だったのか?」、それと9話ラストで、ドラマタイトルにもなっている「どんな約束をふたりが結んだのか?」といった考察も見かけました。
8話までは「真犯人は誰だ?」という考察が中心でしたが、9話が終わってからは「なぜ」という考察の視点が変わり、また違った楽しみ方を提供できていたら、嬉しいですね!


予測不能×完全オリジナルの心理サスペンス『約束 〜16年目の真実〜』
TVerで第1~3話と最終話を配信中!
葵たちが辿り着いた、”16年目の真実”を、ぜひご覧ください!
★TVerURL:https://tver.jp/series/srcj1sav1m