島田珠代がギャグを封印して恋愛心理学の新方程式で見せた素顔も面白かった! 新喜劇の“「壁ドン」女優”は令和の新たなドキドキシーンで新たな恋にチャレンジする!

公開: 更新: 読みテレ
島田珠代がギャグを封印して恋愛心理学の新方程式で見せた素顔も面白かった! 新喜劇の“「壁ドン」女優”は令和の新たなドキドキシーンで新たな恋にチャレンジする!

島田珠代が奔走し、誰も調べたことのない疑問を徹底検証する『カシコも答えられない新方程式』を6月9日(日)午後4時より放送することがわかった。

カシコとは関西で「頭のいい人」新たな検証バラエティの誕生

関西では「カシコ」とは「頭のいい人」「お行儀がよい」を指す。オモロイことも敬意を表し、様々な価値をフラットに捉える関西文化にあってカシコもいい意味での尊敬でもある。『カシコも答えられない新方程式』は、そんなカシコでもわからない事象を検証していくという新しい切り口のバラエティで毎週金曜よる7時からお届けしている「大阪ほんわかテレビ」の特別編として放送される。

壁ドンを超える胸キュンシーンを恋愛心理学を元に生み出すことが出来るのかを心理学的アプローチで検証

恋愛ドラマがきっかけにブームとなったお姫様抱っこや壁ドンなどの定番ドキドキシーン、しかし令和には壁ドンほどブームとなったドキドキシーンが存在していない。そこで新喜劇で度々壁にぶつけられてきた“「壁ドン」女優”島田珠代が、1日中心拍数計を装着した状態でタイプだという長身メガネのイケメン男性とギャグを封印し真剣デート。「お姫様抱っこ」、タイタニックでもお馴染みの「バックハグ」、「壁ドン」というブームを巻き起こした3つのドキドキシーンに加え、今回新しく恋愛心理学者が提唱する新たなドキドキシーンを体験、時代を彩ってきた名シーンで記録した心拍数を超えられるかを検証する。

©ytv (20729)

via ©ytv

番組ディレクターが語る素顔の島田珠代

番組ディレクターの杉野嘉則は「島田珠代さんといえばギャグ満載のパワフルな芸風。しかし、そんな彼女から一番の武器であるギャグを封印したらどうなるのか。そんな、ふとした疑問から生まれた恋愛企画です。『まったく笑いがない、つまらないロケになるのでは?いや誰も見たことのない、一人の女性としての素顔が撮れるんじゃないか、それはめちゃくちゃ面白いのでは??』正直どっちに転ぶか賭けでした。いざ蓋を開けてみると、私はロケ中笑いをこらえるのに必死。そして撮れた映像は今までに類のない新たな恋愛ドキュメンタリーへ仕上がりました。スタジオでほんわかメンバーにVTRを見てもらうと、大いに笑ってツッコんでくれただけでなく、最後には珠代さんの恋を本気で応援するようになっていました。視聴者のみなさんには、ぜひ珠代さんが見せる色んな表情を楽しんでいただければと思います。」と予想以上の出来栄えに喜びを隠さない。

島田珠代の新しい境地開発か?

大阪にある港で今回デートをする男性と初対面を果たした島田だが、今回は真剣デートという事もあり冒頭からしおらしく照れ笑いを浮かべるなど、普段新喜劇やバラエティ番組でギャグを連発する様子とは打って変わった素の状態を見せ、VTRを見守る間寛平や月亭方正らから猛ツッコミを受ける。
お姫様抱っこやバックハグなどを立て続けに受ける島田は平常時の心拍数を10以上上回るなどドキドキが止まらない様子。そしていよいよ恋をすると不安になる気持ちを利用した恋愛心理学者が提唱する「他の女性と話してほったらかし×目を8.2秒見つめる」という新ドキドキシーンを検証、しかし島田は男性が他の女性と楽しげに話しているのを見た瞬間悲しそうな表情を浮かべ…果たして壁ドンを上回るドキドキシーンは誕生するのか!?
他にも一流アスリートならどんなハンデがあっても中学生に勝てるのか、などの誰も調べたことのない疑問を「新方程式」を元に徹底検証していく。

©ytv (20732)

via ©ytv

『カシコも答えられない新方程式』
6月9日(日)午後4時放送

【出演】
間寛平
桂南光
月亭方正
すっちー(吉本新喜劇)
NON STYLE(石田明 井上裕介)
渋谷凪咲(NMB48)
天才ピアニスト(竹内知咲 ますみ)

山本隆弥(ytvアナウンサー)
諸國沙代子(ytvアナウンサー)

島田珠代
浅越ゴエ

【見逃し配信】
放送後 TVer、ytvMyDo! で配信予定

【番組公式Xアカウント】 
https://twitter.com/honwakaytv

【番組ホームページ】 
https://www.ytv.co.jp/honwaka/