【さらば森田からZ世代、アイドル】DXから商品開発、はたまた葬送のフリーレンまで。スーパー投資家アレン・マイナーが日本を救う?!

公開: 更新: 読みテレ
【さらば森田からZ世代、アイドル】DXから商品開発、はたまた葬送のフリーレンまで。スーパー投資家アレン・マイナーが日本を救う?!

いつしかダウンタウンDXでも当たり前にダウンタウンとやり取りし、今やお笑いの新世代の中で確固たる地位を築いてお笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢とビジネスの世界でアメリカと日本を股にかける経営者、投資家として活躍するアレン・マイナーがコンビを組むYouTubeチャンネル「ビジネスワンダーTV」。形にとらわれない自由なスタイルでテレビでは出せないなんとも言えない空気感が魅力の源泉はなんなのか?迫ってみた。

まさかの展開!アイドル武田雛歩が予想するアニメ『葬送のフリーレン』のラストとは!?

 (18557)

「たけやま3.5」というアイドルグループで活躍する武田雛歩がゲストで登場した際、アレンが手掛けているという健康食のコンビニ「WELLER」で販売される植物由来の原材料を使用した食品を実食。その中でアレンの夢でもある正しい食習慣で慢性病をなくしたいという思いや、健康になるための食事の知識をアレンから武田に伝えた。ビジネスというより投資家の世間話とも言える内容かもしれないが、武田は普段の芸能界とは違った雰囲気に興味津々。話がどんどん広がっていく。テーマそっちのけで、武田が昔から歌う演歌の話から日本の歌謡にまで飛び火。
さらに現在放送中の人気アニメ『葬送のフリーレン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週金曜23:00~)の話題になった。ファンタジー作品が好きなアレンも興味を示す中、最終回はどんな風な終わりかたになるかアレンが武田に予想をさせる一幕も。武田は「フリーレンが1000年も生きてる間に、いろんなことが起きていろんな人と出会う物語だから、最後はフリーレンは亡くなる」という予想を展開した。

【葬送のフリーレン】プロ投資家が気になった今期アニメとは?【武田雛歩さんコラボ】

ビジネストークをベースにすることなく、自由に「今」を切り取る「ビジワンTV」はさまざまな影響を与えてきた。

森田の会社「ザ・森東」もDX化できた!!

 (18562)

2021年からアレンとYouTubeで共演するさらば森田。開始当初は森田が所属する個人事務所「ザ・森東」の経費清算は、領収書を貯めてから手入力をするという非効率極まりないスタイルであった。しかし、番組でアレンはじめ専門家のアドバイスもあり、経費清算のDX(デジタルトランスフォーメーション)化に着手。いまではマネージャーも経費生産の面倒な作業から解放されたという。それを聞いたアレンは「(森田の)聞いて良いと思ったことについて実践する姿勢が良い。理解だけじゃなくて行動力も高い」とさらば森田を経営者としても評価。

会社の効率化を進めるべく過去にビジネスワンダーTV内で取り上げたDX回

さらば森田&スーパー投資家アレンのビジネスバラエティ〜日本で一番分かりやすいDX〜【アレンビジネス大学】

アレンマイナーはZ世代にもビジネスのあり方についてアドバイス

さらにアレンと森田が相談者にビジネスを優しく指南、手ほどきをする令和版ビジネスリアリティ番組「マネーの子猫ちゃん」という企画も。第1回目の志願者はZ世代の女性たちにおしゃれで可愛くなって自分を大切にして、さらにパートナーも大切にできるようになって欲しいという思いから、フェロモンが出るリップを商品化したいというビジネスアイデアを発表。
そのアイデアに対してアレンは「商品一つでは投資は厳しい。フェロモンリップの次に何を(商品化)していくのか。さらにリップを作ってくれるメーカーは見つかっているのか?サンプルはあるのか?どこまで準備が整っているのか」と投資家目線で指摘。その上で「小さく始めるのはOKだが、事業の拡張性も考えるように」とアドバイスを送る。
アレンが真面目なビジネスアドバイスをする中で、最後に森田が「男性側のアイテムとしてフェロモンスモークを作れないか」と、よこしまな思いでフェロモンアイテムを熱望するなど、アレンの緊張感と森田の笑いがバランスよく入り混じった企画も本気とエンタメが絶妙に絡んだ仕上がりになっている。

【さらば森田】フェロモン・コスメ!?Z世代の新商品に興奮!出資はあるのか!?【マネーの子猫】

日本を徹底的に研究し、そのポテンシャルを理解しているからこそ日本の未来を信じているアレンマイナー。とかく自己肯定感を低めに設定してしまう日本人感覚とは違った大局的な世界観は、ビジネスをグローバルに、そしてその本質を極めてきたからこそだと言える。アレンマイナーの眼差しにはいつも日本の可能性にしかなく、その意味でこのチャンネルはアレンマイナーの日本人へのラブレターになっているのかもしれない。世の中の動きがどんどん不透明になって、人々が不安にだけ彩られてしまう時こそ「ビジワンTV」の存在は際立ち、あらゆる人に発見とワクワクを与えてくれるものになるのではないだろうか?

【スーパー投資家アレン・マイナーのビジネスワンダーTV】
https://www.youtube.com/@bizwonTV

PICK UP