板谷由夏の迫真の演技に称賛!「ゾワッとした」「“真実”を超えるサプライズ」と衝撃的ラストも話題『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』最終回

公開: 更新: 読みテレ
板谷由夏の迫真の演技に称賛!「ゾワッとした」「“真実”を超えるサプライズ」と衝撃的ラストも話題『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』最終回

板谷由夏主演の連続ドラマ『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の最終回が12月7日に放送された。謎の死を遂げた娘の真相を追うため、実業家一家やその関係者に近づき意外な真実を暴いていく。“なりすまし”一家による復讐ミステリー。視聴者からは、「板谷さんの演技が凄すぎて鳥肌」「迫真の演技、お見事でした!」「最後の最後に“真実”を超えるサプライズが待っていた!」などのコメントが上がった。

梨里杏(星乃夢奈)を殺したのは、高校の親友だった早乙女家の長女・葵(瀧七海)だった。梨里杏に対する歪んだ愛情を語る葵は、一葉(板谷由夏)に自分を殺してほしいと迫る。ついに、愛する娘を殺した犯人に復讐する時が来た。一葉は、葵の首にかけた手に力を込めていく——。

©ytv (18198)

最終回でもっとも注目を集めたのは、新堂家の母である一葉と、早乙女家の母・麗美(筒井真理子)が対峙するシーンだ。家族を守りたい母親同士の本音のぶつかり合いに、心を揺さぶられた視聴者からの声が多く寄せられた。

SNSには、「板谷さんの演技が凄すぎて鳥肌」「筒井さんとのバトルは見応えあった」「麗美ママ、そこまでするなんて…」「どっちの気持ちもわかってしまって、双方に感情移入してしまい涙が止まらない」「おふたりの迫真の演技、お見事でした!」などのコメントが上がった。

また、ラストシーンには誰もが驚いたことだろう。まさか、すべてが終わった新堂家があんなことになるとは……。

結末を知った視聴者からは、「ラストの食卓シーンが一番こわかった」「最後、ゾワッとした」「一葉さんのあの笑顔は、一体何を言わんとしているの…!?」「もしかして、新堂家の復讐計画はまだ終わっていないとか?」「最後の最後に“真実”を超えるサプライズが待っていた!」「まさに『ブラックファミリア』という名前に相応しい終わり方だった」という声が寄せられた。

亡くなった梨里杏はもう帰って来ない。しかし、新堂家はこの先も力を合わせて生きていくのだ。決して癒えることのない哀しみを抱きつつ、“あの人”と共に——。

【文:齋藤めぐみ】

©ytv (18200)

PICK UP