毛利蘭の勘が冴える!アニメ『名探偵コナン』2000万円調査で毛利家がカツカツ?

公開: 更新: 読みテレ
毛利蘭の勘が冴える!アニメ『名探偵コナン』2000万円調査で毛利家がカツカツ?

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)10月14日は『疑惑の2000万円』が放送された。

依頼人である根本恵理子の自宅を訪れた江戸川コナン、毛利小五郎、毛利蘭。恵理子は三ヶ月前に夫の根本豊を交通事故で亡くした。少しずつ遺品整理をしていたところ、押し入れの奥で2000万円を発見。犯罪に関わっている可能性を考えた恵理子は、小五郎に出所を明らかにしてほしいと依頼したのだった。貯金や宝くじの可能性もあったが、小五郎は最近発生した強盗事件について調べ始める。コナンたちは候補を絞り、被害者の元を訪ねることにする……というストーリー。

2000万円の被害が出た未解決事件を調査していく中で、豊が関係していないと分かると喜んでいた蘭。一貫して豊を信じている様子を見せていたが、その理由は蘭の直感的な部分が大きいかった。

最終的に蘭の勘が当たっていたわけだが、防犯カメラなどの情報から先に推理を組み立てた小五郎が恵理子に結論を伝えようとしてしまう。別の可能性を見出したコナンに促され、蘭は小五郎と恵理子の元に走り出す。恵理子を悲しませたくないという想いとともに、蘭の頭をよぎる“小五郎が依頼主に間違った結論”を伝えた場合の未来。

事務所の経営が傾いたことで小五郎が酒浸りになり、少ない金を増やそうと競馬につぎ込んでしまう。これによりカツカツの生活に追い込まれるというものだ。SNS上では「妄想リアルすぎて笑った」「これは高校生の想像力か?」「コナンくんが来るまでどうしてたんだろう」「苦労してるなぁ蘭姉ちゃん」「カツカツでもコナンくん養う気なんだ」といった様々なリアクションが見られた。

恵理子から夫婦の馴れ初め話を聞いた蘭は、そのプロポーズの様子を羨ましがっていた。果たしてコナンが新一としてプロポーズすることがある場合、それらは反映されるのだろうか?

【文:山田 奈央】