就活生が注目!第1回ytv学生アナウンスコンテストをふり返って「今後も若者たちの成長を全力で後押ししたい」

公開: 更新: 読みテレ
就活生が注目!第1回ytv学生アナウンスコンテストをふり返って「今後も若者たちの成長を全力で後押ししたい」

読売テレビが主催した『第1回ytv学生アナウンスコンテスト』の決勝ステージが、6月10日(土)大阪市内の読売テレビ本社にて行われ、グランプリに上智大学3年の吉澤真彩(よしざわ・まや)さんが輝いた。

当コンテストは、読売テレビアナウンス部がアナウンサーに興味のある大学生・大学院生の夢を後押ししたいという思いから主催。今年が初めての開催となる。書類審査は行わず、エントリー動画とステージ審査で受賞者を決定するというもの。

審査②原稿読み審査②原稿読み

応募は全国各地から寄せられ、そこから16人の学生が決勝ステージに進出。「自己紹介」「原稿読み」「中継リポート」という3つの審査で“伝える”アナウンス技術を競い合った。

©ytv (15192)

とくに盛り上がりを見せたのは「中継リポート」で、これは会場の読売テレビ本社1階にある33CAFE(サンサンカフェ)の魅力を伝えるというもの。今は期間限定で、劇場版『名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)』の店内特別デコレーションを実施しており、さらに記念メニューとして「名探偵コナン×読売テレビオリジナルラテ」と「灰原哀のサイエンスソーダ」が提供されていることから、その食リポを盛り込んだ店内リポートを定められた時間内で行うという審査だ。

審査③リポート審査③リポート

学生たちは事前に10分間の取材時間を与えられ、それぞれ自由にカフェ内を見てまわり、本番ではそれを2分にまとめてリポート。この審査は学生それぞれの個性がとくに発揮され、コンテストショーとしても見応えは十分。中にはプロ顔負けの中継を見せて、お客さんからどよめきが起こる場面も。

審査③レポート審査の様子審査③レポート審査の様子

この様子はYouTubeでライブ配信され、現在もアーカイブとして楽しめるので、アナウンサーやリポーターを目指す学生たちはぜひ観て参考にしてもらいたい。

審査③読売テレビ1Fの大画面でも放映審査③読売テレビ1Fの大画面でも放映

そして厳正な審査の結果、グランプリの吉澤さん以外にも、準グランプリに神戸大学3年の小林愛理(こばやし・あいり)さん、審査員特別賞には明治大学3年の岩﨑陽(いわさき・よう)さんが選ばれた。

受賞者左から:小林愛理さん、吉澤真彩さん、岩﨑陽さん受賞者左から:小林愛理さん、吉澤真彩さん、岩﨑陽さん

また、当コンテスト一番の注目は、なんといっても現役アナウンサーによる一人一人へのフィードバックとスペシャルレッスンがある点だ。決勝ステージに参加した16人に対して、現役アナから感想や評価、今後のアドバイスが送られているのだ。これは参加した学生たちにとって貴重な体験になっていると思われる。

スペシャルレッスンの様子。このグループの講師は大田良平アナスペシャルレッスンの様子。このグループの講師は大田良平アナ

今回の審査委員長で、読売テレビアナウンス部の部長・小澤昭博さん(54)は、当コンテストをふり返ってこう語っている。

審査員長を務めた小澤昭博アナウンス部長審査員長を務めた小澤昭博アナウンス部長

「学生たちの情熱には、主催した我々が圧倒され、大いに刺激を受けました。また、参加者全員がそれぞれの個性や長所を存分に発揮してくれました。読売テレビアナウンス部一同、今後も学生たちと真摯に向き合い、若者たちの成長を全力で後押ししていきます」

©ytv (15208)

当コンテストから未来の“しゃべり手”が誕生しそうな予感だ。

(編集 : 藤生朋子/文 : 鈴木しげき)