志田未来・風間俊介らの演技に称賛の声!“2つの冤罪”を晴らす逆転のシナリオとは!?『勝利の法廷式』最終回

公開: 更新: 読みテレ
志田未来・風間俊介らの演技に称賛の声!“2つの冤罪”を晴らす逆転のシナリオとは!?『勝利の法廷式』最終回

志田未来主演の連続ドラマ『勝利の法廷式』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の最終回が6月15日に放送された。親友を冤罪で殺人犯にしてしまった女性弁護士が、謎の脚本家の力を借りて現代社会の闇を暴く劇場型リーガルミステリー。結末を見届けた視聴者からは、「志田未来さんの圧倒的な演技力で見応えがあった」「風間俊介さんの表情の変化がすばらしかった」「優斗くんの演技の幅広さを堪能できました」という反響が寄せられた。

蘭(志田未来)は、殺人未遂で逮捕された黒澤(風間俊介)と対面。婚約者を殺したのは速水(泉澤祐希)だと気づき復讐しようとしたが、できなかったと聞かされる。さらに速水は、蘭の親友・花(北乃きい)が犯人とされた夫殺しの真犯人である可能性も高い。しかし、彼が罪から逃れるために自らをナイフで刺したと立証し、黒澤と花を無罪にすることは極めて難しいことだった……。

最終回で反響が多かったのは、キャストたちによる迫真の演技を称賛する声だ。物語がクライマックスとなる中、彼らの演技力によってさらに作品の世界に引き込まれたという視聴者からのコメントが寄せられた。

Twitterには、「志田未来さんの圧倒的な演技力で見応えがあった」「未来ちゃんの泣き顔を見て、こちらの涙腺も大崩壊しました!」「最後まで信念を曲げない蘭ちゃんに、心打たれました」「黒澤演じる風間俊介さんの表情の変化がすばらしかった」「蘭ちゃんがここまで頑張れたのは、黒澤さんがいたからだもんね」「蘭と黒澤はいいバディだ」「髙橋優斗くん演じる蒼の弁護士姿は本当にカッコよかった」「蒼くんとお父さんの親子対決に痺れた!」「後輩としての可愛らしさ、父との確執で悩む姿、秘密を隠して怪しげな表情…優斗くんの演技の幅広さを堪能できました」「泉澤くん演じる狂人的な速水もすごくよかったな~」などという投稿が上がった。

どんなに困難な状況であっても前向きにひた走る蘭、闇を抱えながらも人を信じることを忘れなかった黒澤、迷いながらも己の信念を貫いた蒼、彼らの勝利に盛大な拍手を。そして、この3人がこれからも多くの依頼人を救うことを期待したい!

【文:齋藤めぐみ】