アニメ『名探偵コナン』まるで劇場版!?見つめあう服部平次&遠山和葉にドキドキ!

公開: 更新: 読みテレ
アニメ『名探偵コナン』まるで劇場版!?見つめあう服部平次&遠山和葉にドキドキ!

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)6月10日『不吉な縁結び(後編)』が放送され、両片思いの幼馴染み服部平次と遠山和葉に注目が集まった。

江戸川コナンと毛利蘭は、久し振りに東京へやって来た和葉とともに、縁結びにご利益があるという杯戸神社へ向かう。地元だが人気スポットだと知らなかった蘭は、和葉にどうやってここを知ったのか質問する。情報源は平次で、たまたま調べているのを見かけて気になったという。その話と最近の言動から平次が神社に来ていると確信したコナンは、怪しい狐面の男を発見し追いかけることにする。一方、参拝客の中に単語帳のようなものをめくる男性を見つけた和葉。縁結びの神社では少々目立っており、受験生にしてはかなり年上に見えたことで不自然に感じたようだ。その後、男性は謎の言葉を呟き、列を離れて行ってしまう。コナンと狐面の男、蘭と和葉が合流しその話をしていたところ境内に悲鳴が響き渡り……というストーリーの解決編。

狐面の男こと平次は、コナンの蝶ネクタイ型変声機とお面を使って別人のふりをしていた。しかし、そこは幼馴染み。和葉は最初から分かっていたようで、蘭に「気が付いているが泳がせている」と伝える。事件解決後、お面を外され経緯を話すことになった平次は「縁結びの神さんの力、借りなアカン奴がおってなぁ」とドキドキした様子で和葉を見つめる。

そのシーンを観た視聴者はTwitter上で「神作画すぎて劇場版」「演出の気合がすごい!」「映画……? キレイで感動した」と喜びの声を上げた。

ところがその後に続いたのは、和葉の「せやから、それ誰やねん?」という言葉。二人の気持ちを知っているコナンも、和葉の「泳がせている」という言葉を「告白してくれるまで待っているんだ!」と受け取っていた蘭も、告白したつもりの平次も目が点。鈍感両片思い幼馴染みの“ラブの予感”は、今回も進展なしのようだ。

視聴者から「じれったい……けどいい!」「恋人になった二人も見たいなぁ」「劇場版で頑張る感じかな?」「ここまで来るとアニメで見届けたい!」と様々な期待の眼差しが向けられる平次と和葉。二人の恋は果たしてどんな結末を迎えるのだろうか?

【文:山田 奈央】