アニメ『名探偵コナン』つられてケーキが食べたくなる!? 『魔女の棲むお菓子の家』

公開: 更新: 読みテレ
アニメ『名探偵コナン』つられてケーキが食べたくなる!? 『魔女の棲むお菓子の家』

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)5月27日は2004年のデジタルリマスター版となる『魔女の棲むお菓子の家』が放送された。

江戸川コナンと毛利蘭は、鈴木園子に連れられ入場料五百円で有名洋菓子店のケーキが全て半額で食べられるという博物館を訪れる。館内では“戦うパティシエ”前田剛、“お菓子の貴公子”藤野泰男、“キャンディ・マジシャン”森本友美がそれぞれのブースで腕を振るっていた。館内を移動していたコナンは洋菓子店社長の橋垣幸子と出会うが、彼女はパティシエたちと何やら揉めているようだ。その後、あるブースから悲鳴が聞こえてきて……というストーリー。

有名洋菓子店の人気パティシエたちが作る色とりどりのスイーツに、童話に出てきそうなお菓子の家……と、博物館の入場者たちも終始幸せそうだ。コナンがケーキ作りを手伝うシーンもあり、Twitter上では「謎の不器用さあるよね」「小学生って感じでよかった」「かわいい~」とニコニコ見守っていた様子。

中でも豪快にケーキを積み上げ、ものすごい勢いで食べる園子の姿は圧巻だったようで、視聴者は「お腹が出てるファッションであれだけ食べるの凄いな……」「どこに入ってるの?」「全種類食べたいのはわかる」「すっごくケーキ食べたくなってきた!」と盛り上がった。

事件は起こってしまったものの、多くの視聴者の好奇心と胃袋を刺激したらしい今回のストーリー。2004年当時観ていた人も、今回初めて見たという人も癒される内容となっていたようだ。

【文:山田 奈央】