幸(福原遥)が殴られて宙を舞う!峯岸みなみがゲスト出演『アンラッキーガール!』第4話

読みテレ
幸(福原遥)が殴られて宙を舞う!峯岸みなみがゲスト出演『アンラッキーガール!』第4話

福原遥が主演を務める連続ドラマ『アンラッキーガール!』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第4話が10月28日に放送された。幸(福原遥)、香(若月佑美)、樹(高梨臨)の世界一不運な3人が幸運を掴もうともがく怒涛のジェットコースターコメディ。さらに、バカリズムがナレーションとして幸たちの奮闘ぶりを見守る。Twitterでは、
「結局これ、不運と幸運どっちが勝ったんだ笑」「まさか幸が殴られて宙を舞うとは……」という声が上がった。

不運続きな3人を見かねた謎の男・指宿(生瀬勝久)は、幸たちに100万円を渡して「100万円をもらった運がこの先どうなっていくのか試してみるといい」と告げる。が、持ち前の不運が災いして幸たちはたった1日で0円にしてしまう。指宿は、「100万円を返せないのなら、芸能マネージャーの紗菜(長井短)と一緒に仕事をするように」と命じる。幸たちは紗菜の担当するアーティストの新曲発売イベントを手伝うことになった。

紗菜は、子供の頃から大した努力をしなくても幸運に恵まれる“ラッキーガール”だった。「なぜか仕事が上手くいってしまい、願いが叶ってしまう」と飄々と語る紗菜の態度が癪に障る樹だったが、有名な広告会社が今回のイベントの企画をしていると知り、一転乗り気になる。一方、香はたまたまスタッフとして働いていた元カレ・卓海(板垣瑞生)に遭遇し、無職の頃とは違い生き生きとした姿が見られたことを嬉しく思っていた。幸たちは、紗菜が一緒にいることで不運が和らいでいるように感じる。

しかし、紗菜がライブハウスを少し離れた瞬間、再び不運の嵐が襲いかかる。樹が期待していた広告会社の人が突然来られなくなったと連絡があり、トイレの水道管も急に破裂。さらに、ライブの主役となるアーティスト(峯岸みなみ)と香は過去にトラブルがあったことが発覚する。香がひどい仕打ちを受けるのを見兼ねた幸は、ステージ上で揉み合いのケンカとなり……。

この展開に、Twitterでは「今回もしっかりアンラッキー」「お金が入った封筒をあの隙間に落とすのはやばいw」「結局これ、不運と幸運どっちが勝ったんだ笑」「新曲イベントがカオスなことに」「幸ちゃん、大喜利のセンスあるじゃん!」「やっぱり香さんには卓海くんしかいないのでは!?」「樹は広告会社に必死すぎ」「紗菜さんがいなくなった瞬間から不運続きで、帰ってきたら改善されるのほんと笑っちゃった」「まさか幸が殴られて宙を舞うとは……」「指宿さんの言葉にいつもグッとくる」「幸運な人が幸せとは限らないってことね」など多数のコメントが寄せられた。

ラストでは、幸が指宿の手帳を覗いてしまい「2021/12/8 大凶日」という文字に驚く。手帳を探しに戻った指宿に対して、幸は「私たちに何が起きるんですか」と聞くが指宿は答えずに去って行った。果たして2021年12月8日に何が起こるのか? そして幸たちは、大凶日を乗り越えることができるのか!?

【文:齋藤めぐみ】