音楽ユニットメンバーS、冤罪逮捕!無実なのに300日以上も警察に拘束!?:じっくり聞いタロウ

テレ東プラス

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時放送)。6月3日(木)の放送では、冤罪事件に巻き込まれた音楽ユニットメンバーが、逮捕の瞬間から理不尽な取り調べなど当時の体験を大暴露!

音楽ユニットMic Sun LifeのSUN-DYUは、コンビニ強盗容疑で逮捕され、無実なのに300日以上も警察に拘束されたという。なぜ彼は濡れ衣を着せられ、長期間拘束される悲運に見舞われたのか。

jikkuri_20210605_02.jpg
SUN-DYUの自宅近くでコンビニ強盗事件が発生。犯人は店員を脅してレジから金を奪い逃走したという。SUN-DYUはその日、友人の家に泊まっていたのだが、母親からの非常事態を知らせる電話により帰宅。玄関を開けると前後から刑事に囲まれ、いきなり身に覚えのない強盗容疑の逮捕状を突き出されたという。頭が真っ白になったSUN-DYUは抵抗する間もないまま警察に連行された。

店内の防犯カメラに残された強盗犯が自動ドアをこじ開ける姿から、犯人がつけたとされる左手中指の指紋が、SUN-DYUの指紋と一致。彼は若い頃にやんちゃをしていたため、警察に指紋データが残っていたのだ。コンビニは自宅から2〜3分、よく利用していたという彼は事件の5日前に店を訪れており、その際の指紋が残っていたのではと分析する。

逮捕の証拠とされた指紋だが、そこには大きな矛盾点があった。犯人は左手に盗んだ1万円札を持っていたため、自動ドアに左手の指紋がつくのはおかしい。しかし、警察は左手に1万円札を持っていても指でドアに触れることは可能と主張。逮捕当時、証拠の矛盾を知るよしもないSUN-DYUは、身に覚えのない強盗罪の取り調べを受けることになった。

弁護士から黙秘を勧められたSUN-DYUは、やっていないので否認していた。すると、最初は穏やかな態度で取り調べをしていた刑事が、7日目に「オラァ!」といかつい態度に豹変。SUN-DYUは会話を録音したいとお願いするが、刑事は「そんな権利あるか!」とにべもない返事。「お前みたいなモンはな人間のクズなんじゃ」と罵倒されるなど1週間にわたり厳しい取り調べを受けた結果、彼にある異変が起こる。

jikkuri_20210605_03.jpg
「人間っておかしくなる時がくるんですよ。自分の中で『俺もしかしてやってるんちゃうかな』って」と、自分を疑い始めるようになったという。そして、彼は無罪にも関わらず300日以上勾留されてしまうことに。

そんなある日、いきなり「保釈通ったから5分後に出るよ」と軽い感じで言われ放免された。裁判では逮捕のきっかけとなった指紋が証拠から退けられ、彼が事件現場にいなかったアリバイも証明され無罪判決を勝ち取ったという。

その他、「足立区女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯人の1人というデマを流されたお笑い芸人・スマイリーキクチが、人生を狂わせたつらすぎる誹謗中傷との18年に及ぶ戦いの一部始終を大暴露!

PICK UP