「東京オリンピックに向けた再開発をきっかけに、自分が好きだった場所がどんどんなくなってしまい......喪失感を感じています」:生きるとか死ぬとか父親とか

テレ東プラス

「変わりゆく街...第4話もグッとくるエピソードだった」「もしも結婚して子供を産んでいたら、母が生きていたら、父の商売が失敗しなかったら... 一つでも現実になっていたらジェーン・スーは別人になっていたかも。でも私は、今のスーさんが好き!」など共感の声続々! ドラマ24「生きるとか死ぬとか父親とか」(毎週金曜深夜0時12分)。原作は、ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔をもち、女性からの圧倒的な支持を集める"独身のカリスマ"ことジェーン・スーが、自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリー。主人公のモデルはジェーン・スー自身であり、そんな主人公を吉田羊が演じている。

主人公・蒲原トキコ(吉田)は20年前に母を亡くし、今では父の蒲原哲也(國村隼)がたった一人の肉親。愛嬌はあるが破天荒な70代の父、独身で勝気な40半ばの娘。ひとたび顔を合わせればギクシャクし一度は絶縁寸前までいった二人だが、今では時々外食しながら話をする関係になっている。そんなある日、トキコは父についてのエッセイを連載することになった。ネタ集めのため父に会うたびいろいろな家族の思い出を聞く。しかしそれは楽しい記憶ばかりではない。母との出会い、全財産の喪失、そして他の女性の影...。父への愛憎と家族の表裏を描く、普遍にして特別な家族の物語をおくる。

さらなる今作のみどころは、トキコがパーソナリティを務めるラジオ番組「トッキーとヒトトキ」の人気コーナー"晴れときどきお悩み"。ジェーン・スー自身もラジオ番組でのお悩み相談コーナーが大人気! 今作のラジオシーンのセリフはすべてジェーン・スーによる監修のもと制作。夫婦関係や友人関係、SNS社会や見た目の悩みまで、様々なお悩みをキレ味のよい言葉でスパッと解決していく!

「テレ東プラス」では、毎週"晴れときどきお悩み"で紹介されるお悩みを紹介。爽快で心が軽やかになるトッキー節、トッキー語録の数々をあますことなくお届け!

ikirtuoka_20210506_01.jpg
※以下、ドラマのネタバレを含みます。

私はある時期から、東京の変化を楽しむようにしています

リスナーからのお悩み「私は21歳の大学生です。東京生まれの東京育ち、父も母もそれぞれの祖父母も東京生まれのいわゆる江戸っ子です。なので、故郷といえば東京しかなく、私はこの故郷が大好きでした。ところが、最近はあまり好きではなくなってしまいました。オリンピックに向けた再開発をきっかけに、自分が好きだった場所がどんどんなくなってしまい、なんというか......喪失感みたいなものを感じています。私が子どもだったころの街の面影は、もうほとんど残っていません。

トッキーさんも東京生まれですよね? トッキーさんは変わっていく東京に寂しさや喪失感のようなものを感じたことはありませんか? もしあったとしたら、その感情とどう向き合っていますか? 何かいいアドバイスがあったら教えてください。よろしくお願いします」(ラジオネーム:若いながらもモヤシありさん 21歳)

トキコ「うわー、21歳でもそう感じるのか。切ないね。私なんかが子供のころから見てきた身の回りの変化って、例えば、近所のお家が相続税が払えないからって土地を売っちゃう。そうすると、親しみのあった建物は取り壊されて、お庭にあった大きな木も切り倒されて、あっという間に更地になるわけですよ。そのうち、一軒分だった土地に細長い家が二軒、三軒と建てられて、窮屈な景観になるし、緑もなくなるしで、それは悲しかったですね」

TBX東アナウンサー(田中みな実)「でもそれって東京で今も繰り返されてる光景ですよね。つい最近ウチの近所でもありました」

ikirtuoka_20210506_02.jpg
トキコ「でも、それに対して私たちはどうすることもできないしね。それでね、ちょっと視点を変えて、この変わりゆく東京に対して、東京人はいかにしてアイデンティティを保っていくか、というお話なんですが......そもそも、今の東京は東京の外から来た人たちが作った街です。生粋の東京人が作ったわけじゃない。遡れば江戸だってそうですから」

「たしかに言われてみればそうですね。徳川家康だって尾張三河の出身ですものね」

トキコ「そうそう、そうなんです。江戸時代からヨソモノに運営されてきたんです。外から来た人が住みついて、使い勝手のいいようにどんどん作り変えていく、それが東京っていう街の特徴だと思うんです。だから、四代住もうが十代続こうが、変化に対して先住民は無力なんです。無力どころか、利便性も含めて相当な恩恵にあずかってきたわけですよ」

「ということは、変化すること自体が東京の個性だと

トキコ「そうなんです。だからね、私はある時期から、むしろ変化を楽しむようにしています。悲しいとか寂しいとか、ネガティブにばかり捉えててもしょうがないですからね。とはいっても、若いながらもモヤシありさんの気持ちはよーくわかるけどね」


果たして5月7日(金)深夜0時12分放送、ドラマ24「生きるとか死ぬとか父親とか」第5話では、どんなお悩みが寄せられるのか?

あらすじ
ラジオ番組『トッキーとヒトトキ』のパーソナリティであるトッキーこと蒲原トキコ(吉田羊)は、毎週リスナーから寄せられる「お悩み相談コーナー」で大人気。しかしそんなトキコにも悩みが...父親の蒲原哲也である(國村隼)。自由奔放な父に振り回されるトキコだが、ある日、父について"エッセイ"を書こうと決める。そこには亡き母の人生と、父への愛憎が入り混じる娘の秘めたる思いがあって...。