約30種類のボリューム満点弁当が大人気! 太一が日本一食べるべきテイクアウトとは?:たけしのニッポンのミカタ!

公開: 更新: テレ東プラス

3月26日(金)夜10時15分放送の「たけしのニッポンのミカタ!」は、美味しいものを食べまくる最終回スペシャル! 番組の12年間を振り返り、秘蔵の初回映像もプレイバックする。「テレ東プラス」では、「こだわり満載 地元で30年愛されるお弁当屋さん」の内容を、特別に先取りでご紹介!

mikata_20210326_01.jpg
「日本で一番、(国分)太一さんが食べるべきテイクアウトです!」とスタジオに運ばれてきたのは、豪華な幕の内弁当。全く身に覚えがない様子の太一だが、一体どういうことなのか?

そのナゾに迫るべくやって来たのは、東京・立川市。「お弁当」ののぼりを発見し、スタッフが潜入するも、店内は大忙し! 「ちょっとごめんなさい。今対応ができません」と門前払いされてしまう。しかし粘ってカメラを回していると、電話に出た店員さんが「もしもし、太一でございます」と太一を連呼。

mikata_20210326_02.jpg
そう! こちらは国分と名前も漢字も全く同じ店名の「お弁当 太一」。スタジオに届けたのは「太一弁当」という人気のお弁当で、まさに日本で一番、国分太一が食べるべきテイクアウトなのだ。

親子で経営しているこちらのお店、気になるのは店名の由来。店主である息子さん、もしくはお父さんの名前が「太一」なのかと思いきや、全くの別名。親子の「なんで太一ってつけたかね...。あっ、語呂がいいからですね。意味はないです」というまさかの告白に、スタジオの太一は「そんなんで店の名前つけます?」と驚き。

mikata_20210326_03.jpg
創業から29年。店名にこだわりはないが、弁当の中身にはとことんこだわっている。定番のハンバーグや唐揚げなど、約30種類のボリューム満点弁当が地元のお客さんに大人気! そんな繁盛店の1日に密着することに。

早朝5時半、仕込み開始。黄金色に輝くこだわりの出汁に使うのは、宗田節(かつお節)とサバ節の2種類。カビづけされた厚削りを使用しているが、「かつお節を作る時にカビを吹き付けて熟成させると、旨味が変わってくる」と店主。

mikata_20210326_04.jpg
そんな特製出汁をふんだんに使って作るのが、弁当を彩る20種類以上の惣菜。人気のだし巻き卵は、多い時で一日150本以上も売れる看板メニュー。ちなみに太一弁当のおかずは、衣に玄米粉をまぶした野菜や海老、鰆の変わり揚げに加え、市場で仕入れたマグロの刺身まで、10品以上の具材が入って盛り沢山。

昼12時、ランチタイムともなると目が回るような忙しさ! 人ひとりがすれ違うのもやっとの厨房で、5人の従業員が大奮闘。毎日お昼だけで100食以上の弁当が売れるというから驚きだ。

午後3時、店主の長女(9歳)が小学校から帰宅。最近ジャニーズに目覚めたという長女だが、「King & Princeの平野(紫耀)くんが好き。(国分太一は)知らない」とのことで、太一はがっくり(笑)。気を取り直して、スタジオで豪華な太一弁当をいただくことに。

mikata_20210326_05.jpg
目移りするほどの豪華なおかずに、「この弁当を出してくれたら、映画スタッフのADなんか喜んじゃうね。食い放題だなコレは」とビートたけしも絶賛。

mikata_20210326_06.jpg
自慢の玉子焼きを食べた太一は、「出汁がしっかり効いていて美味しいですよ。なんか僕っぽい味がするな」と親近感を覚えた様子。この日、お店を休んでスタジオに駆けつけた店主にある質問を投げかける。太一と店主とのほのぼのしたやり取りは、ぜひ番組で確認して欲しい!

番組ではこの他、
▽12年間ありがとうございました!ミカタ秘蔵の初回映像もプレイバック
▽日本一高いテイクアウトメニューって?オドロキの超高級フレンチを発見!
▽こだわりの食材を集めて...天然食材ハンターが贈る、究極の「たまごかけごはん」
▽まだまだ「あんこ」が食べたい!どハマりさんオススメあんこスイーツ
▽たけしが語るテレビ論

をお届けします。3月26日(金)夜10時15分放送「たけしのニッポンのミカタ!」最終回をどうぞお楽しみに!

そして3月30日(火)夜11時9分からは、新番組「23時の密着テレビ レべチな人、見つけた」がスタート!

mikata_20210326_07.jpg
"世の中に1%くらいしかいないだろう!"という"レベチな人"を探し出し、普通の人とは次元が違い過ぎる生活をしている、我々には理解できない考えを持っている...など"レベチな部分"をディレクターが山ほど見つけて、たけしさん・太一さんにプレゼンします。

気になる初回の内容は...

■レベチな能力を持った人...地味すぎる透視能力
青森県でレギュラー番組を多数抱えるお笑いコンビ「あどばるーん」の新山大は、実は透視能力を持つ超能力者。紙に書いた文字を当てることができ、的中率はなんと 100 パーセントだという。しかし、1 文字当てるのに1時間ほどかかる(調子の良い時は 20 分ほど)ため、宝くじも競馬も当てられない。また、透視能力のほかにも、新幹線の隣の席の人がどんな人かわかる程度の予知能力、動物や昆虫に負のオーラを送ることができる謎の能力を持つ。

■レベチなスポット...才能が爆発しちゃってる工房
レベチな人がたくさんいるという、滋賀県にある「やまなみ工房」を取材。ここは、アール・ブリュット(正規の芸術教育を受けていない人が生み出す芸術作品)の工房として、世界的な注目を集めている福祉施設。工房では障害のある人達が制作に取り組み、その作品はニューヨークで 150万円の値がついたものも! 作品が生み出される過程に密着。

をお届けします。どうぞお楽しみに!