GACKTブチ切れ!? ウィル・スミス奇跡の1枚も! テンションがヤバすぎるカメラマン:じっくり聞いタロウ

テレ東プラス

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。3月11日(木)の放送では激ヤバカメラマンが、GACKTブチ切れの真相や、ウィル・スミス撮影の裏話を大暴露!

竹中圭樹さんは、ウィル・スミス、ビートたけし、GACKT、菅田将暉、「麒麟がくる」のキャストのポスターなど、そうそうたる有名人を撮影してきた敏腕カメラマン。

jikkuri_20210313_02.jpg
竹中さんは独特すぎる方法で撮影するそうなのだが、どんな感じなのか実際にスタジオでアシスタントの遠野千夏を撮影してもらうことに。開始前は穏やかに話していた竹中さん。ところが、撮影がスタートした途端、奇声を発しながらのハイテンション状態に。

jikkuri_20210313_03.jpg
あまりの変貌に、番組MCの河本準一も「現行犯逮捕です」。撮影中は激ヤバだったが、撮った写真を見ると、自然な笑顔やダイナミックな動きなど、遠野の魅力が満載。確かに、腕は確か!「麒麟~」のポスターもそのテンションで撮影したという。

竹中さんは業界でも「テンションがヤバすぎるカメラマン」として有名で実力もさることながら、そのキャラクターが話題となり依頼が殺到する人気カメラマンなのだ。

なぜハイテンションで撮影するのか? もともと黙っているのが得意じゃないという竹中さんは、「自分がなってほしい表情を、こっちもなるから一緒になろうよ」との気持ちで撮っているとのこと。シリアスな表情を撮りたい時はギアをチェンジしてセクシーな低音になるそう。

jikkuri_20210313_04.jpg
試しにMCの名倉潤でシリアスバージョンの撮影を行うと、確かに最初は低音だったが撮影が乗ってくると徐々にエンジンがかかり「カメラを(渡辺)満里奈さんだと思って~」と、いつものハイテンションに。

ワンシーンで500枚以上撮影をするそうだが、それにはある理由が。人間の顔には表情筋が30以上あり、自分でコントロールできる筋肉は30%もないそうで「その余地をもっといい顔があるはずだと思って。それを見たい」と竹中さん。ハイテンションで相手を乗せることによって、今までに見たことない表情を引き出すという。

しかし、誰もが彼のテンションを許容してくれるわけではなく、時にはブチ切られることも。GACKTをオフィシャル写真含めよく撮影するそうだが、最初に撮った時、夢中になりすぎたため、後ろから編集長に羽交い絞めにされ撮影中止に。この時、竹中さんはハイテンションで「これが最後」と言いつつ撮影を続けるというターンを30回くらい繰り返していたそう。

jikkuri_20210313_05.jpg
竹中が謝りに行くとGACKTは「僕だからいいけどさ、他の人だったらぶっ飛ばされてるよ」と。GACKTとは2度と仕事ができないと思ったそうだが、その後オフィシャルの仕事の依頼が。GACKTからは「撮影はどうかと思うけど、写真は俺が知っている中で3本の指に入る」とカメラの腕は認められ長年撮り続けている。

さらに、竹中さんの腕前はハリウッドにも認められ、ウィル・スミスを撮影したことも。筋骨隆々な彼に腕立て伏せをさせてみたいと思ったそうだが、ガードの固いマネージャーからはOKが出るはずもなく断られてしまう。そこで竹中さんは、スミスが撮影場所に入ってくる時に床を拭いている姿を見せ、「床をキレイに磨いておいたからプッシュアップする姿を見てみたい」と英語で本人に直接交渉を。するとスミスもノリノリでやってくれたとか。

今では世界の大物有名人も撮影する竹中さんだが、実はもともとカメラマンになる気はなかったという。大学4年生までは法律を学び、まったく写真には興味がなかったそうだが、ある日の明け方に自身がハイテンションで写真を撮っている映像が広がってくるという神秘的な体験を。すぐに「写真の撮り方 初心者編」の本を買い、カメラマンへの道へ進んだのだという。

この他、出演本数9000本、顔面整形をした52歳現役AV男優が、人気セクシー女優とのとんでもない出来事を、ノンフィクション作家の石井光太さんが、コロナ禍で激変した歌舞伎町ホストクラブのヤバすぎる惨状を大暴露。この放送は「ネットもテレ東」で期間限定配信中!