「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」著者・松本千秋を直撃! アプリにハマった理由と背景...実体験を本音で激白

テレ東プラス

「面白い! エンディングの東京事変と山口紗弥加さんが最高すぎる」とSNSでも話題沸騰! 毎週水曜深夜0時58分に放送しているドラマパラビ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」。同作は2019年に開催されたテレビ東京、note、幻冬舎による「コミックエッセイ大賞」の入賞作品で、今年10月に書籍化(著:松本千秋)。同コンテストの入賞作品をドラマ化した初めての作品だ。

38appli_20201201_01.jpg
友人の勧めで、好奇心からマッチングアプリを始めた38歳の主人公・松本チアキ(山口紗弥加)。恐る恐る覗いたアプリの中には年齢差なんて気にしない年下のイケメン男子が大量にいた! チアキはびっくりするくらいモテまくるが、体の関係だけが目的のいわゆる「ヤリモク」男たちもたくさん出現。早くに結婚してしまい男性経験があまりないチアキは、戸惑いながらも、遅咲きの青春を謳歌し、いつの間にかその世界にどっぷりハマってしまう...。彼女が出会ったのは自分の世代とはあまりにギャップが大きい「イマドキの恋愛観」、そして「アラフォー女性ならではの悩みと孤独」だった...。

「テレ東プラス」では、自身の体験を綴った著者・松本千秋さんをインタビュー! 前後編に渡って、松本さんの素顔とマッチングアプリのリアルをお届けする。

「38歳の私は365日しかない」と思ったら、その1日1日をとびきり特別な日にして過ごしたい。イケメンとデートする方が年収を上げることよりも大切でした(笑)

――SNSでも「最高!」「チアキに共感!」と話題です。ドラマの第1話をご覧になった感想はいかがでしたか?

「理想どおりでした。山口さんが演じるチアキが思っていたよりもハイテンションなので、とても嬉しいです」

――今日実際に松本さんにお会いして、山口さん演じるチアキととても雰囲気が似ていらっしゃるのでビックリしています。「きっとお美しい方なんだろうな」と予想はしていましたが、想像を遥かに超えています! ドラマでは、松本さんがマッチングアプリで出会ったイケメンたちとの日常が描かれますが、まずは、そこに至るまでの松本さんの恋愛歴を教えてください。原作では冒頭でサラッと触れていらっしゃいますが、タイトルにもあるとおり、バツイチでいらっしゃる。

「そうですね。元夫とは24歳で結婚しましたが、それまで恋愛経験ゼロでした。初めて付き合ったのが元夫。私は美術と音楽コースしかない高校の美術コースに通っていましたが、生徒の8割が女子。制服がなかったので、ジーンズを履いて爪の間に油絵の具が入っているような女子ばかりで、男性に対して生々しい性的なものを求めると、どこかクラスで浮くというか...。『ウチの学校の人っぽくないよね?』と悪目立ちするようなところがあったんです」

――彼氏がいる"リア充女子"がいなかった?

「クラスに2~3人はいましたけど、彼氏探しはダサいみたいな風潮があって、わたしもどちらかというとそちら側でした。卒業してもその感じを引きずっていて、10代は誰とも付き合わないどころか、誰かを好きになった記憶もないです」

――離婚して独身に戻った途端、「ものすごくモテるようになった」というのはありますか?

「全然です(笑)。最初は本気で再婚相手を探していましたが、ただの友達だと思っていた既婚者や、パートナーが居る男性から突然『家に行ってもいい?』と言われたり、"下心でしか見られていないんだな"と悲しく思うことはありました。本気で愛してくれる独身男性を見つけられずもがいてるうちに、自分も年齢を重ねていって、さらに真剣交際してもらえる自信がなくなってしまって...」

――なにか、自信をなくすきっかけみたいなものがあったのでしょうか。

「特にこれ! と思い当たることはなかったのですが、知り合いの男性に『誰か紹介して』と頼んだら、『年齢をサバ読まないと無理かも。32とか?』と言われてしまって...。でも、サバ読んだ時点で真剣交際できないじゃないですか。"私、真剣交際市場からはずれてしまったの?"と思ったことはあります。

でもある時、自分が"一人で生きていくのが不安だからパートナーがいた方が安全"という思いで再婚相手を探しているとわかり、"誰かのために生きたい、人を愛したい"という思いとは違うと気がついたんですね。それって、男性が年齢で女性を弾いていくこととそんなに変わらないのかもしれないと」

――条件で相手を見極めているだけだと。男性は若い女性、女性は経済力みたいな...。

「そうですね。その時、性的に魅力がある人、自分の好みのタイプの人と好きなように遊んで、あわよくば恋愛して、"50、60歳くらいでパートナーと呼べる人ができればラッキー"と考えるようになりました」

――たどり着いた先が、イケメンパラダイス(笑)のマッチングアプリだったわけですね。

「最初から"イケメンならなんでも!"ではなく、そこには挫折があって開き直りがあって、ここに至ったという感じです」

38appli_20201201_02.jpg
――実際にアプリを使うようになって、ご自身の中で変化はありましたか?

「図々しくなったかな? と思います。アプリをやり始めた頃は、イケメンを見つけても"緊張して会えない"と思っていましたが、"私に釣り合わないから..."なんて思っていたら何も始まらない。1回始めてみると自分の魅力とは関係なく、"会いたいんだから会おう""一緒にいてもらえるならよろしくお願いします"と、ポジティブな気持ちが持てるようになりました」

――実体験が原作になったのはもちろんですが、お仕事上のモチベーションにおいても、何か変化はありましたか。

「当時は"収入よりもデートだ!"と思うようになってしまって、ガンガン仕事を減らしました。"今日できません!"と(笑)。38歳は365日しかないと思ったらその1日を後悔したくないですし、そう考えると、イケメンとデートする方が仕事よりも大切でした」

――松本さんのお話を伺っていると、どこか清々しいというか...(笑)。それでは、アプリの初心者向けに、メリット・デメリットについても教えてください。

「メリットは、パリコレのランウェイを歩いているレベルの人と突然出会って食事に行ったりできること。これに関しては、"婚活アプリではできないぞ! このアプリって最高だぞ!"と思いました(笑)。デメリットとしては、マッチングアプリの種類にもよりますが、"このアプリで出会ってるんだから、彼氏になって欲しいという期待はするなよ"と開き直る男性が多くいることです。その一方で女性は、完全に割り切るのは難しいかも。最初は"こんなイケメンと付き合えないよね"と思っていても、4回、5回と会っているうちに、"こんなに会ってるのに、私のこと好きじゃないなんてことあるの?"とつい期待してしまう。最初はあきらめていたのに、夢を見てしまう傾向があるような気がします」

――ドラマを観て、アプリに興味を持った人にアドバイスするとしたら...?

「私は決してハッピーな話を書いているつもりはないんですよ。ギャグ漫画に昇華しているから、なんとかメンタルを保てていますが、それもけっこう大変な作業なので...。"もしもメンタルが自立していないんだったらやめておいた方がいいよ"と伝えたいです」

――ドラマの前半はテンション高めのストーリーですが、5話以降、チアキのメンタルに変化を及ぼすある出来事が起きて、雰囲気もガラリと変わりますよね。

「そうですね。後半はそちらに振り切っていただいているので、前半と後半で印象が違うドラマになっているかもしれません。なので、私の漫画を読んでいただいたり、最後までドラマを観ていただいた上で、"どんな目に遭ってもイケメンに出会いたい!"と思ったらやってみればいいと思います。"イケメンとデートしたい!"ぐらいのドキドキだったらやめておいたほうがいいよと言っておきたいです」

――インタビューはまだまだ続きます。後編は12月8日(火)よる9時30分公開! どうぞお楽しみに!

【松本千秋 プロフィール】
1980年生まれ。東京都出身。映像制作→映像編集→専業主婦→銀座ホステス→イラスト業→漫画家(今ココ)。初著書は「トーキョーカモフラージュアワー」(少年画報社)。10月に漫画「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(幻冬舎)が発売された。ご購入はコチラ
note
Twitter @imakarahima

(取材・文/船桂子)

明日深夜0時58分放送! ドラマパラビ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」第3話は...。

38appli_20201201_03.jpg
役者志望の通称・役者くん(本田響矢)とはただデートをするだけで、一晩同じベッドで寝ても何もしないようなプラトニックな関係。そんな関係に喜びを感じていたチアキ(山口紗弥加)だったが、今日の彼はいつもとは少し違った。彼からの強引な誘いに負け、ついに関係を持ってしまう。他の男とは違うと思っていただけにチアキはショックを受けてしまい...。 役者くんを忘れるため、広告代理店勤務の通称・代理店くん(福山翔大)と会うことになったチアキ。食事をし、良い雰囲気になりキスをするが、いつもとは違う感覚。これが相性...? チアキは新しい扉を開いてしまうのか!?

どうぞお楽しみに!