大切な家族と離れてまで驚きの生活を送る謎の仙人...実はあのハリウッド女優も絶賛したスゴい人!?:ナゼそこ?

公開: 更新: テレ東プラス

naze_20201105_01.jpg
11月5日(木)夜7時58分からは「ナゼそこ? あなたの知り合いに秘境で暮らす人いませんか&謎の仙人2HSP」を放送!

埼玉の天空集落...国立筑波大学を卒業後、26歳でナゼか山奥に移住した若者に密着&周囲2kmに住人がいない山奥で...ひっそりと暮らす70代夫婦。この地に住み続ける理由は? 「使いながら売っている」ってどういうこと? 大切な家族と離れてまで長野県の山あいで驚きの生活を送る謎の仙人...実は、あのハリウッド女優も絶賛したスゴい人!?

【秘境に住む人捜索! 数珠つなぎ】
『あなたの知り合いに秘境で暮らす人いませんか?』と、街ゆく人から聞いた情報を頼りに、秘境に住む人を数珠繋ぎに探していく大好評企画。今回は埼玉の西端にある旧大滝村の天空集落(埼玉県秩父市)で秘境人探し!

1人目・・・栃本集落・山中さとさん(83歳)
まずは西武秩父駅で聞き込み。すると..."埼玉の天空集落"と呼ばれる、山の急斜面に数軒の民家や畑がある集落の情報を入手。最寄りのバス停「川又」で下車し、そこから山道を歩くこと20分。深い山に囲まれ、山肌に張り付くようにひっそり佇む栃本集落に到着。1人目の秘境人、山中さとさん(83歳)と出会う。さとさんの日課は畑仕事とメイちゃんに会うこと。メイちゃんとは近所で飼われているヤギのことで、さとさんにとって癒しで、友達なのだという。

2人目・・・栃本集落・吉本隆久さん(30歳)

naze_20201105_02.jpg
さとさんから、同じ集落に若い男性が住んでいると聞き、ご自宅へ伺うことに。吉本隆久さん(30歳)は筑波大学で物理学を学ぶ大学生だったというが、4年前、栃本集落に移住してきたという。吉本さんは一体ここでどんな暮らしをしているのか、密着させていただくことに。

食材を探しに行くと言って車で向かったのは集落の裏山。山の奥には都会ではあまり売られていない珍しいキノコや山菜が自生しているといい、1時間ほどで4種類のキノコを収穫。とそこに、2匹のヤギが...。実は吉本さん、さとさんが「友達」だと言っていたメイちゃんの飼い主。乳を搾ったり、チーズを作るために飼い始めたというが、道草を食べさせることも一つの仕事なのだとか。山奥の集落になぜエリート学生だった吉本さんはたった一人で暮らすのか。そこには意外な出会いが...。

3人目・・・武士平集落・浅見昇一さん(78歳)・泉美さん(77歳)

naze_20201105_03.jpg
栃本集落から約20キロ離れた浦山という地域に、たった一軒、ひっそり暮らす夫婦がいるとの情報を得て、タクシーで行けるところまで行くことに。その途中、見えてきたのは日本最大級の高さを誇る浦山ダム。このダムのさらに先の山奥に、その夫婦は住んでいるという。荒れ果てた廃屋、崩れ落ちた川沿いの岸壁、河原には巨大な残骸...車1台ギリギリの細い道をさらに進むと、山の上に人家を発見!

3人目の秘境人・浅見昇一さん(78歳)が妻の泉美さん(77歳)と暮らすのは現在一軒しかない武士平集落。昇一さん、突然屋根の上に上がると掃除を始めた。それを終えると今度は自宅の裏山へ。水道が通っていないため、山水を家まで送るホースのチェックが欠かせないのだとか。そんな山奥の集落で暮らす昇一さんには、陸上自衛隊の自衛官として大砲を打つ部隊に所属していたという意外な過去が。以前は周囲の集落も含め、900人もの住人がいたが、1970年代にダム工事が始まると次々に住人が去っていき、いつしか周囲2kmに誰も住まない状況に。冬になると多い時には1.5mもの積雪があり、大雨が降れば道が崩壊。一週間以上、家に閉じ込められることもしばしばだとか。それでも夫婦がこの地で暮らし続ける理由とは?

長野県の山あいで発見! 築100年の古民家に暮らす謎の仙人

naze_20201105_04.jpg
長野県の山あいの村で半自給自足をしながら驚きの生活を送る謎の"仙人"がいると聞き、伊那市駅から路線バスを乗り継ぎ、藤沢集落へ。仙人こと山下政志さん(73歳)が暮らしているのは大正時代に建てられた築100年の古民家。水道やガスは通っておらず、車やテレビ、冷蔵庫、風呂もなく、氷点下20度を下回るような真冬でも窓を開けっ放しにして暖房のない生活をしているという。聞けば山下さんはこの地で生まれ育ったのではなく、3年前に突然、この山あいでの暮らしを始めたのだとか。

自宅前の畑では春に収穫するための野菜を育てているが、ここに来てから始めた野菜作りは今でも失敗の連続だという。自宅にお邪魔させていただくと...珍しい物を発見! 実は山下さん、この家で小道具屋を営んでいるという。使い込まれたゴルフボールや大きな漬物の樽、昭和に使われていた黒電話...ならぬ赤電話など、様々な雑貨が部屋中に所狭しと置かれている。これらは全て、山下さんが自ら集めた物。しかも生活の中で実際に山下さんが使っているものを、そのまま売り物にしているという。中にはスタッフも驚きの"あるモノ"まで...。

naze_20201105_05_2.jpg
店の売り上げは月1万円。そこに年金を加えた約3万円で田舎暮らしをしている山下さんだが、ここで意外な事実が発覚! なんと山下さん、東京に立派な一軒家を持ち、その家に奥さんを残し、3年前、この地へやって来たというのだ。ナゼ大切な奥さんと離れてまでたった一人、山の中で暮らすことになったのか。その裏に隠された、山下さんの驚きの正体とは?

naze_20201105_06.jpg
【ゲスト】
ビビる大木赤楚衛二山本舞香