恋人のマンションのエアコンから人間の呻き声や囁き声のような声...その声は次第に大きくなり...

テレ東プラス

10月7日(水)深夜1時28分からは水ドラ25「闇芝居(生)」第5話を放送! テレビ東京が長年にわたり手掛けてきた人気ホラーアニメを2.5次元俳優や人気アイドルにより実写化! 身も凍るような恐怖のショートストーリー3本で構成する短編集ドラマ。

「台所」

yami_20201007_01.jpg
恋人の引越し先のマンションを訪れた大学生(北川尚弥)の話。ある日、大学生の悟が恋人のマンションを訪れた。リビングでくつろいでいると、エアコンが効き過ぎている上に、音がとてもうるさい。エアコンの方へ振り返りながら作動音を注意深く聞いてみると、どこか妙な音が混じっている事に気付く。人間の呻き声や囁き声のようなその声は次第に大きくなっていき...。

「舌」

yami_20201007_02.jpg
営業帰りのあるサラリーマン(谷佳樹)の話。帰宅時に轢かれた猫の周りに集まる子供達を見つける。立ち止まり一緒に覗き込むと、「ああいうの、可哀想って思うとついてきちゃうよね...。」と話しながら、女子高生達(相沢梨紗)が後ろを通り過ぎていった。子供達と猫を埋葬し帰宅すると、なぜか部屋の中で猫の鳴き声が聞こえる。その声がだんだん近づいてきて...。

「指輪」

yami_20201007_03.jpg
都内で暮らすあるOLの話。OLの洋子(中村朱里)が帰宅すると、突然背後で音を立てて花瓶が倒れた。最近、街を歩いていても知らない男の声が聞こえるなど、おかしな事が多い。友人の夏美(十味)へ相談をすると、知り合いの霊媒師を紹介してくれた。数日後、待ち合わせ場所で霊媒師の村田(田中稔彦)と合流すると、洋子のはめている指輪を見て、村田は驚いた顔をしながら話し始めた。

出演者
【出演者】
北川尚弥
谷 佳樹
相沢梨紗
中村朱里
十味
田中稔彦
(話数順)

【声の出演】
津田寛治

原作脚本
【原作】テレビ東京
【脚本】井口昇、熊本浩武、山口綾子

監督・演出
【監督】井口昇

音楽
【オープニング】
THE PINBALLS『ブロードウェイ』(日本コロムビア)
【エンディング】
BUCK-TICK『凍える』(ビクターエンタテインメント)

関連情報
【公式Twitter】
@yamishibai_iki
「#闇芝居生」

PICK UP