人気スポット「激辛ストリート」の魅力に迫る。一番人気は、まったく辛そうに見えないあのメニュー:たけしのニッポンのミカタ

テレ東プラス

現代日本人の身近に起こるさまざまな社会現象をテーマに、"今"を捉える知的エンターテインメント「たけしのニッポンのミカタ!」(毎週金曜よる10時)。8月28日(金)の放送では「超激辛唐辛子ブート・ジョロキアで町おこし! 人気メニュー『激辛タンメン』で人生が変わった青年!? 東京・芝の激辛ストリート」をお届け。その真相を深堀りする。

東京都内に「激辛ストリート」と呼ばれる場所がある。JR浜松町駅から徒歩7分、オフィス街のど真ん中にある「芝商店会」だ。「激辛ストリート」に軒を連ねる各店舗には、悶絶必須の激辛メニューがズラリ。

mikata_20200828_01.jpg
蕎麦店「芝その更科」には「爆辛マグマ煮込みうどん」、老舗和菓子店「芝の寿堂」には、通常より10倍辛いキーマカレー入りの「激辛たい焼き」など、気になる激辛メニューが並ぶ。

芝商店街に「激辛ストリート」が誕生したのは2010年。以後、各店舗で独自の激辛メニューを開発し、人気の激辛スポットになった。

mikata_20200828_02.jpg
その中でも人気なのが、中国料理「生駒軒」。さっそくお店に伺うと、名物「激辛タンメン」目当てのお客さんの姿が。

mikata_20200828_03.jpg
この激辛タンメン、全く辛そうには見えないが、口にすると汗と涙が止まらないレベルの激辛。このタンメンを食べるために多くのお客さんが押し寄せる。ただ辛いだけではなく、美味いタンメンは商店街一の人気メニュー。ビートたけし国分太一も「美味しそう!」と、興味津々。

mikata_20200828_04.jpg
激辛タンメンを生み出したのは、「生駒軒」で調理を担当する星くん。辛さの秘密について聞くと、激辛の素になるジョロキアを取り出した。ブート・ジョロキアはギネス世界記録にも認定されたことがある超激辛唐辛子。その辛さは唐辛子の20倍ともいわれている。

mikata_20200828_05.jpg
ジョロキアが大好きという星くんは、常に激辛メニューを探求。まかない食にもジョロキアを使い、どのような食材にジョロキアが合うのか...その研究は止まらない。

「生駒軒」は店長が引退し、現在は、星くん一人で切り盛りしている。10年前にお店の経営不振で倒産の危機に直面していたが、商店街の人から「ジョロキアを使って何かしませんか?」と声をかけられたのが大きな転機になったという。

mikata_20200828_06.jpg
ジョロキアで日々「旨辛」を研究し、苦労の末に「激辛タンメン」が誕生! その後、お店の売上は右肩上がりに上昇。星くんにとって激辛メニューは、人生を変えてくれた存在なのだ。

mikata_20200828_07.jpg
スタッフは、休日も激辛食材を探求し、新メニューを開発する星くんの休日に密着。スタジオのたけしと太一と激辛メニューについて語り合う。

番組では、さらに

・「今も愛され続ける超レトロなお店!」
昔ながらの五目ラーメン&秩父の超老舗が守るオムライス

・天然食材ハンター「この夏おススメのうまい食材教えます」
夏こそすっぽん&幻のキノコ探しの行方は!?

をお届けする。今夜10時放送! 「たけしのニッポンのミカタ!」をどうぞお楽しみに!

PICK UP