超高級品を大量摘発! 成田空港で日本の安全を守る検疫探知犬の今:どうぶつピース

テレ東プラス

ワンコやニャンコのかわいい姿をお届けする「どうぶつピース!!」(毎週木曜夜6時25分放送)。8月20日(木)放送から、番組で約2年にわたって密着している空港で働く検疫探知犬の最新映像をプレイバック。

成田国際空港で海外旅行者から持ち込まれる禁止食品を荷物からかぎとって知らせる、日本の安全を守る頼もしい"水際の戦士"検疫探知犬。番組では2018年から数々の検疫探知犬に密着し、活躍を紹介してきた。

現在、新型コロナウイルスの影響で入国規制が行われているため成田空港は人影もまばら。国際線利用者は前年比で99%減という状態。そんな中、防護服を着てまで日本へ入国しようとする人もいるため検疫探知犬の奮闘は続いているのだ。検疫官は防護服やフェイスシールドを付けて対応、検疫探知犬も装着品をこまめにアルコール消毒を行いながら活動している。

dp_20200826_01.jpg
2020年8月14日。摘発件数10000件以上、キャリア7年目となった"スピード検知"ギャリー(8歳)が、赤いキャリーケースの前で禁止物探知の合図「お座り」。

dp_20200826_02.jpg
新型コロナウイルスの抗原検査により持ち主が不在のため、荷物の検査を促す案内書と警報付きタグが付けられた。

dp_20200826_03.jpg
1時間後、赤いキャリーケースの持ち主である、中国に里帰りをしていた日本滞在歴20年の親子が現れた。キャリーケースを開けてみると、中には大量の乾燥野菜が。母親は、「体弱いんで、スープにする」「めっちゃ体にいいんやで」「食べれば200歳まで生きれる」と漢方薬だと言い張るが、野菜類全般は伝染病を引き起こす病害虫が付着している恐れがあるため持ち込み禁止だ。

dp_20200826_04.jpg
すると母親は「めっちゃ高い」と、ある乾燥野菜を見せて食い下がる。高級食材の朝鮮人参、なんと20本! 値段にすると40万円はくだらない。これを息子のキャリーケースに隠して持ち込もうとしていたのだ。日本語で訴えるも没収となると舌打ちをして帰っていった。

dp_20200826_05.jpg
さすがベテラン探知犬ギャリー、超高級食材を大量摘発のお手柄!

dp_20200826_06.jpg
続いては、キャリア9ヵ月の若手ながら丁寧な探知で摘発件数800件以上になる"徹底探知"のビス(1歳)。

dp_20200826_07.jpg
ビスが禁止物を探知したのは、中国からやってきた日本在住10年の女性の黒いキャリーケース。

dp_20200826_08.jpg
食べ物は持ち込んでいないと主張するも、ゼラチンのようなものに包まれた鴨の爪肉10袋が出てきた。中国ではおやつに食べられているものだが、もちろん持ち込みは禁止。ほかにも、中華料理のちまきに使われる笹の葉や、スモモや木の実など、禁止物は合計3kgにも及んだ。

dp_20200826_09.jpg
続いて、ビスが探知したのは、中国に里帰りしていた日本在住50代の中国人男性のリュック。男性は食べ物はないと言い張るが、大量のパンが。パンの中には、持ち込み禁止の鶏肉がギッシリ入っていた。さらに、豚肉の粉末が使われたおやつもあり没収。

すると男性は「お母さんが荷物を詰めた」と50代だとは思えない言い訳を繰り返し、パスポートの提示を求められると激昂した。

dp_20200826_11.jpg
若手ホープのビス、この日一番の大仕事! さすが!

次回8月27日(木)の放送は、ゲストに堀田茜を迎え、「日向坂コラボ第2弾!いたずらペット悪猫アウトレイジSP」。

今回は全員悪猫、「いたずらペット事件簿」最新版アウトレイジキャットSP! 飛ぶ、舐める、怪奇現象......一体誰がイタズラしているのか? 「激カワハプニングの決定的瞬間」では、音楽家リストの難曲とコラボする犬×足で転ばす猫×カゴで捕まえる犬が登場。さらに、赤ちゃんペットの夏の初めての体験に密着! 大政&ぴーす君はインスタ映えする人気店に潜入、日向坂46コラボ第2弾は、みーぱん&かとしが動物の赤ちゃんを激カワ撮影! 奇跡的な決定的瞬間の撮影成功?