コロナ禍で急速に売れ始めた「カインズ」の意外な商品とは?

テレ東プラス

cambria_20200709_01.jpg
7月9日(木)夜10時からは「カンブリア宮殿」を放送! 「変革の時代」とも言われるアフターコロナで商機をつかむため動き出した凄腕経営者の新戦略を追う!

徹底してお客のニーズを形にするカインズの新サービス

cambria_20200709_02.jpg
品揃えと安さを武器に、全国に218店舗を展開するホームセンターの王者「カインズ」。最大の強みは、1万3000点もある、独自開発した"アイデア商品"だ。常に、お客のニーズをとことん追求した商品を開発して成長を遂げてきた。

だが、そんなカインズでも、新型コロナの影響で"売れる商品"に変化が出てきたという。例えば、これまではあまり売れていなかった、自宅で手軽に調理できる「燻製キット」がバカ売れに! さらに、自宅で砂遊びをするための「砂場用の砂」や、自宅で子供に勉強を教えるための「ホワイトボード」がコロナ騒動を期に売れ始めたという。

つまり、新型コロナの感染拡大が消費者のニーズにも大きな影響を与え始めているのだ。時代の先を見据えて動き出したカインズの挑戦を追った!

小さな時代の変化も見逃さず対応する! 進化するエフピコの秘密

cambria_20200709_03.jpg
「食品トレー」1本で、年商1863億円を稼ぐ業界最大手の「エフピコ」。これまで「テープを使わず、蓋ができる容器」や「余分な油が下に落ちる容器」など様々な"機能性トレー"を独自に開発し、小売店や消費者の生活を助けてきた。

そんな知られざる黒子企業が、アフターコロナを見据え、先手を打っていた。常に小さな時代の変化を読みとり、食品トレーを進化させてきた、業界トップ・エフピコが仕掛ける驚きの新戦略、その舞台裏を徹底取材した。

自粛不況に立ち向かう! 大胆すぎる新商品戦略

cambria_20200709_04.jpg
岩手の銘菓「南部せんべい」の最大手『小松製菓』も、コロナショックで大きく売り上げを落としていた。工場には大量の在庫が残り、売り上げも前年比で5割減まで落ち込んだという。

しかし、そんな厳しい状況の中でも小松製菓は、全てに対して前向きに捉え、新たな挑戦を始めていた。ピンチをチャンスに変える驚きの新商品戦略とは・・・

関連情報
【公式Facebook】
【公式Twitter】
@cambrian_palace