調味料いらずで鶏肉を柔らかくする効果も! やしろ優お手製手羽元煮の隠し味:昼めし旅

テレ東プラス

ニッポンの「リアルなご飯」にスポットをあて、「あなたのご飯見せてください」を合言葉にリポーターが旅を敢行する「昼めし旅」(毎週月~金曜 昼11時40分)。その土地ならではのお昼ご飯や人気店、魅力的なご飯を紹介します。

hirumeshi_20200621_01.jpg
6月5日(金)の放送は、我が家の自慢の一品スペシャル。簡単にできるアイデア料理を大公開! さらに、「芸能人のご自宅であなたのご飯見せてください」のコーナーでは、芸人のやしろ優さんのお宅でご飯を拝見します。

味付け簡単! 意外なもので煮る手羽元の煮物

2016年に、同じ所属事務所の先輩芸人・野村辰二さんと結婚したやしろさん。

hirumeshi_20200621_02.jpg
自粛期間中に、自宅で手軽に小物や食器を作れる「お家でできる陶芸セット」を見つけ、夫婦でハマったそう。そんなやしろさん家の晩ご飯を拝見!

hirumeshi_20200621_03.jpg
メインは、鶏の手羽元とニンジンの煮物。

手羽元10本を焼き目がつくまで焼いたあと、とニンジン1本を入れて、なんとコーラ500mlで20分煮ます。

コーラには甘みがあるため砂糖やみりんがいらず、味付けには醤油大さじ1、生姜を加えればOK。しかも、炭酸の効果で鶏肉が柔らかくなるんだそう。

hirumeshi_20200621_04.jpg
さらに、重宝しているという電気圧力鍋で作ったゼンマイの煮物。2日ほどぬか床に漬けた自家製のぬか漬け。ニンジンとシーチキンをごま油で炒め、塩コショウで味付けしたシリシリ。そしてミニトマトと山くらげのチーズ和え。

また、コゴミは、砂糖とめんつゆで味付けし、ごま和えに。脂がたっぷりのったサワラは焼き魚に。7品ものおかずが並んだ、実に豪華な食卓です。そのかわりお米は食べないのだそう。晩ご飯には5品以上作るというやしろさん。

「芸人の後輩たちがよく食べに来てくれてたので、早くお家に呼んでまたみんなで一緒にご飯したいですね」と話します。

自宅でご飯を食べるときはいつも、近所に住む売れていない後輩たちを呼んで、お腹いっぱいになるまでご飯をふるまっているそう。時には自ら寿司を握って出すこともあるのだとか。早くにぎやかな食卓を囲みたいですよね。やしろさん、辰二さん、ありがとうございました!

家飲みで大好評! ベーコンポテトにアレをかけると美味

hirumeshi_20200621_05.jpg
続いてやって来たのは、熊本県南阿蘇村。阿蘇山のふもとから湧き出る名水の里でご飯調査! 水源にやってきたリポーターのやしろ優さん、近くに住む米農家の藤本一行さんにお話を伺います。そして、さっそく例のお願いを...。

「あなたのご飯、見せてくださ~い」

妻の笑美子さんの許可も得て、交渉成立!

まずは、ジャガイモを使った藤本さん家の自慢の一品から。飲み会をすることが多く、いつも10人くらい集まるという藤本家。このメニューは、飲み仲間から好評だそうです。

hirumeshi_20200621_06.jpg
ベーコンと、細く切ったジャガイモを炒め、チーズをからめます。
お皿にうつし、自家製のシソを千切りにしたものをたっぷりかけたら完成! シソをかけることでサッパリしてお酒が進むそうです。

hirumeshi_20200621_07.jpg
昨日の晩ご飯だった煮物を、北海道産の日高昆布を使った昆布だし・ねこぶだしと、醤油、豆腐を加えてお吸い物にリメイク。

hirumeshi_20200621_08.jpg
阿蘇山の伏流水で育つコシヒカリは、甘みが強いそうです。

hirumeshi_20200621_09.jpg
こちらが、藤本さん家の晩ご飯。品数はなんと10品。晩酌をするため、普段から品数は多めなのだとか。

hirumeshi_20200621_10.jpg
ご近所さんからいただいたタケノコの味噌煮や、自宅の畑でとれたキュウリとキャベツのサラダ、さらに、地元でとれたメロンまで用意してくれました。

シソ入りのベーコンポテトをいただいたやしろさんは、「ジャガイモが柔らかくて、おいしい!」と絶賛。突然の訪問にもかかわらず、たくさんのご飯を見せてくれた藤本さん。ありがとうございました!