#童貞を殺すニット で男性視聴者くぎ付け! ギリギリを追求する元アパレル店員YouTuber:じっくり聞いタロウ

テレ東プラス

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。5月14日(木)の放送では、登録者数はおよそ13万人、ギリギリのエロを追求するYouTuberが、バズる秘密を大暴露!

jikkuri_20200516_02.jpg
エロい雰囲気のYouTuber、奈良岡にこさんはギリギリのエロさを追求し、登録者数は12万9千人。元アパレル店員の彼女は、動画でも洋服の新作レビューをはじめとするアパレル関係をメインにしている。

jikkuri_20200516_03.jpg
しかし、その動画の中は完全に男性視線を意識した内容のものもあり、"童貞を殺すニット"を着たものや、ヌーブラを紹介という流れで胸元を見せたり胸を揺らしたりするものも。

女性向けアパレル商品を紹介しつつ、意図的に胸の谷間を見せるなどセクシー路線で大成功し、男性視聴者を増やしていった。

しかし、視聴者数を伸ばすためには動画をエロくする以上に重要なポイントがあるという。

jikkuri_20200516_04.jpg
サムネイルというYouTubeの検索画像に出る小さな画像、それがヒキのあるものだと再生回数もアップ! YouTuberには内容同様に重要なポイントになるが、彼女のサムネイルは、ちょっとエロさを感じさせるようなものに。どんなに男性視聴者を釘付けにする内容でもクリックされなければ意味がない。

jikkuri_20200516_05.jpg
奈良岡さんは「段々と自分の乳がデカいことが(視聴者に)バレはじめまして。そういう動画の方が伸びるようになってきたので」と、サムネイルで胸を強調するようにしたところ再生数が激増したとか。

そんな奈良岡さんだが、稼いでいる金額は意外にも月収10万円いくかいかないくらい。「エロすぎると公開できなくなったりするし、(再生回数が伸びても)収益化されなくなる」と奈良岡さん。

jikkuri_20200516_06.jpg
さらに、最近、規定が厳しくなり、サムネイルが人工知能AIで審査され、「谷間が出すぎちゃっているとAIが勝手にエロ動画だと思って『収益されません』」とのこと。また、「タイトルに『おっぱい』『乳』とかあっても省かれる」のだそう。奈良岡さんも警告を受けたことがあるそうで、キワどい動画は警告&収益化がされないので注意だと語る。

この放送は「ネットもテレ東」で期間限定配信中!