ソバージュにダブルのスーツ...24歳女性が、日々<80年代アイドル>になりきる理由:家、ついて行ってイイですか?(明け方)

テレ東プラス

5月4日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)では、東京下北沢駅で出会ったマリーさん(24歳)の家について行きました。

homeii_20200505_image01.jpg【配信終了:5月12日(火)】動画はこちら

下北沢駅前でスタッフが声をかけると、「本当にテレビ東京ですか? 偽物とかじゃないですか?」と警戒しつつも、取材に答えてくれたマリーさん。

homeii_20200505_image02.jpg
声をかけた時は暗くて分かりませんでしたが、明るいところで見ると、若い女性には珍しいソバージュヘアーです。「80年代のアイドルが好き」というマリーさんの憧れは、ゆうゆ(元おニャン子クラブ・岩井由紀子)。美容院に行くと、ソバージュ用のロッドがないため「理想のソバージュにならない」とのこと。マリーさんは、おじいさん一人で営む美容院で、ついに理想のソバージュにたどり着いたそうです。「鳥の骨みたいな細いロッドで巻いてくれたんです。理想通り。お店の人も若い人が来てビックリしたみたいです」。

移動中のタクシーでは、「永遠の17歳でいたいけど実際は24歳」「横浜出身で19歳から一人暮らしをしている」「服飾の専門学校を卒業して、古本屋さんでバイトをしている」ことを教えてくれました。

homeii_20200505_image03.jpg
築31年の部屋は、畳敷きの1Kで家賃は4万7000円。レトロ感あふれる外観ですが、部屋の中はピンク色をモチーフにしており、女の子らしさがあふれています。部屋には「ゆうゆが載っているから買った」という、女性アイドルグラビア誌「DUNK」が置いてありました。

homeii_20200505_image04.jpg
あえて畳のお部屋を選んだそうで、「80年代の部屋って、(床に)直に座っているのが多くて、それが昭和っぽいかなって」とマリーさん。実家から持ってきた照明の傘にも昭和感が。

homeii_20200505_image05.jpg
マリーさんがコートの下に来ていたのは、ピンク色のスーツ。ダブルのジャケットにミニのタイトスカートは、80年代女子大生ファッションの定番ですが、これも「ゆうゆが雑誌で着ている衣装をマネした」とのこと。くるんと巻いた懐かしい前髪も、ヘアアイロンで自作。アイシャドウは紫、リップも青みがかったイブ・サンローラン19番を使用。メイクもばっちり再現しています。誰かに習ったとかではなく、雑誌や動画を見て勉強した成果だそう。

ここでスタッフが「こういう格好って、男性にモテますか?」と質問すると、マリーさんは苦笑いしながら「モテないです。めっちゃウケ悪いと思います」とコメント。「今時の髪型にしたらモテそう」とアドバイスするスタッフに、「やりたくないです。ずっとこのままが良いです」と頑なな姿勢を見せます。

homeii_20200505_image06.jpg
マリーさんが80年代アイドルのファッションを完璧に再現するようになったのは、専門学校を卒業した3年前から。服飾系の専門学校に通っていたため、「『ダサい、ダサい』って言われた。『おばあちゃんみたいな服』と言われて傷ついた」とのこと。

マリーさんがゆうゆ以外にハマっているのが...80年代アイドルの光GENJI! 「とにかく好き。存在がファンタジー。パフォーマンスだったり衣装だったり、やっていることが夢みたい。いるのかな?と思っちゃうところが好き」と光GENJI愛を爆発させます。

ちなみに、若い女子に絶大な支持を誇る新田真剣佑のことは「分からない...」そう。King &Princeも「メンバーの顔が分からない...」と話します。

homeii_20200505_image07.jpg
なぜ80年代アイドルに傾倒するようになったのか...そのきっかけはご両親にありました。「子どもの時に親がすごく厳しくて、ワンピースとかフリフリの服とか着せてもらえなくて、ゲームもやらせてもらえず、テレビも見せてもらえなかった」とのこと。自然とドレスやワンピースに憧れるようになったとマリーさんは話します。

そんな思いを抱えた中学生の時、テレビで昭和の歌番組の名場面集を観たそう。可愛い衣装に魅了され、「自分もこういう服を着たいな」と思うように。

homeii_20200505_image08.jpg
実は、趣味で80年代アイドルを再現し、ライブでパフォーマンスしているマリーさん。「今こうやって何も気にせずやるのは楽しい!」と嬉しそうに話してくれました。

homeii_20200505_image09.jpg
自主制作で"アイドル・マリー"のファンクラブ会報誌も発行。ライブ会場で配っています。

homeii_20200505_image10.jpg
「内気な性格で、自分のことが好きじゃなかった」というマリーさんですが、「アイドルとして生きようと思ったら楽になった」と笑顔に。普段から80年代アイドルになりきっているため、「信号待ちも真っすぐに立つようにしたり、満員電車も涼しい顔をして乗ったり、いつ『FRIDAY』に載っても大丈夫なように...。そうやって思うと生きるのが楽しい」と語ります。

誰の目を気にすることなく、好きなことを貫く姿が素敵! これからも80年代アイドルになりきって、人生を思いきり楽しんでくださいね。

この放送は、「ネットもテレ東」で、期間限定配信中です。

PICK UP