少女誘拐の被疑者役に挑む! ミュージカル「刀剣乱舞」でも注目の若手俳優・佐伯大地を直撃:サイレント・ヴォイス

テレ東プラス

5月1日(金)より金曜8時のドラマ枠にて「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」(毎週金曜夜8時放送)がスタート! 本作は、BSテレ東にて2018年10月クールに放送され、人気を博したミステリードラマで、現在、毎週土曜夜9時よりBSテレ東にて続編となる「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 Season2」が絶賛放送中。今回は、地上波での放送を記念して、2018年10月放送時のインタビューを再び公開します!

silentvoice_20181004_01.JPG

行動心理学を駆使して被疑者のウソを見破る主人公・絵麻(栗山千明)の活躍を描く本作では、毎回、絵麻と対決する被疑者役のキャストも楽しみだ。

第1話ゲストは、2.5次元ミュージカル『刀剣乱舞』でブレイクした俳優・佐伯大地。6歳の少女を誘拐した容疑で逮捕されたネットカフェ難民・崎田博史を演じる。固く口を閉ざす崎田だったが、絵麻との対話で異変が...! 大きな秘密を抱えた被疑者という役どころへの思いから、パーソナルな部分まで根掘り葉掘り、直撃!

口元をアップで撮られるのは、めっちゃ恥ずかしい(笑)

――少女誘拐の被疑者であるネットカフェ難民・崎田役としてこのドラマに参加して、どんなことを感じましたか?

「僕もネットカフェには何度も行ったことがありますが、あの狭いスペースで寝泊まりし、生活するということが、なかなか想像がつかなくて。でも、台本を読んで演じているうちに、現代的で面白い役柄だと思いました。

現場はすごく雰囲気が良く、楽しく演じられました。監督からは、行動心理学を駆使しての特殊な取調べなので『いろんなことを大きく演じてほしい』と言われ、自分の感情のままに大きく表現できるよう考えました。もうひとつ『警察に対しての敵対心を表してほしい』というリクエストがあり、崎田を取り囲む人全員が敵だと思うように演じました」

――取調べ室での被疑者・崎田と刑事・絵麻のやりとりが見どころですが、その辺のお芝居はいかがでしたか?

「絵麻はいろんな角度から攻めてくるので、崎田は迷路の中を歩きながら次々と道をふさがれて八方ふさがりになっていくような心境だったと思うんです。絵麻の言うことが理解できずパニックになり、『どうしたら自分の状況を打破できるのか』とずっと考えながら、それでもどんどん追い込んでくる絵麻から逃れようとするものの、全く通用せずに行き詰まっていく...。

崎田の中にある恐怖心が重要だと思いました。最も隠したい本当のことを、いかに意識するか。隠し通さなければいけない秘密を持っている人は、多分めちゃくちゃ恐怖も感じているんだろうなと。そうやって追い詰められていく崎田がかわいそうだなと思いながら演じていました」

silentvoice_20181004_02.JPG

――このドラマには様々な行動心理学が登場しますが、興味を持ったものはありましたか?

「崎田のウソが仕草に表れる"マイクロジェスチャー"の撮影は、楽しかったですね。スーパースローで撮ったり、自分の顔をアップで撮られたりというのは、これまであまりない経験で。唇をちょっと噛んだ口元をアップで撮ったりもしました。目をアップにされるのは意外と恥ずかしくないのですが、口元だけを撮られるのはめっちゃ恥ずかしいんですよ(笑)。
マイクロジェスチャーらしく、人が気付くか気付かないかぐらいのわずかな動きに見えるよう、スタッフさんと話し合いながら撮影していきました。

"マイクロジェスチャー"には驚きました。絵麻に『誘拐したんでしょ?』と聞かれた崎田が『してない』と答えたのに、絵麻から『今、一瞬だけうなずいた』と言われるんです。僕は、絵麻が崎田の心の中を見切って言ったことだと思っていたのですが、口ではウソをついていても、実際に一瞬うなずいてしまうらしいんです。それがマイクロジェスチャーなんですね。『そんなこと、本当あるのかな!?』とは思いますけど(笑)」

――ちなみに、佐伯さんご自身は感情が表に出やすい方ですか?

「僕は、物事をハッキリ言うタイプです。思ったことは言わずにいられない。嫌いなことは嫌いだし、好きなことは好き、という感じですね。良いことも悪いことも、相手にちゃんと言います。それがコミュニケーションで大切だと思っているので」

お芝居って楽しいものなんだなと、初めて思えた

silentvoice_20181004_03.JPG

――これまでの活動を振り返って、転機になったエピソードを教えてください。

「ひとつひとつの現場で得ることがあるので、すべてがターニングポイントだとは思っています。この現場も、撮影は実質3日間でしたが、みんなで全力でやりましたし、また会えたらうれしいと思っています。

その中でも大きなターニングポイントというと、3~4年前『ゴジのラ』という舞台に立った時ですね。ゴジラと普通の人間の女の子が恋をするという喜劇で、僕はゴジラ役でした。ピストルで撃たれて血を流しながら正面切って愛を叫ぶ長ゼリフを言い切った時、初めて舞台上で自然と泣けて。お芝居って楽しいものなんだなと、初めて思えたんです。
ただ役として泣いているというより、今まで自分がやってきたいろんなことが浮かんで、そういう感情も含んだ上で泣けたんだと思うんですが...。あの頃は、ずっと演出家の方にこてんぱんに言われていて、稽古は全然楽しくなかったんですよ。『稽古行くのヤだな~怒られるんだろうな~俺ばっかり...』みたいな(笑)。だけど、本番の最後に楽しいと思えたんです。それが自分の中で大きかった。『自分が楽しまないと、お客さんも楽しくないんだ』と思えるようになった舞台です」

――舞台というと大人気ミュージカル「刀剣乱舞」の印象も強いですが、この作品との出会いで得たものは?

「それまではキャパ50~100人ぐらいの劇場でしか芝居をしたことがなかったので、相当な人数のお客さんに観てもらうという大きな責任感を教えてもらった舞台ですね。舞台に立って演じるということ、お客さんが時間を割いてチケットを買って観に来てくれるということは、こんなにありがたいことなんだと。自分たちは責任を持って、できることを全力でやらないといけないと再認識しました。

僕は、役者というものは作品ごとに演出家に叩かれながらステップアップしていくものだと思っていますが、ここでもこてんぱんにやっていただきました(笑)。スタートは6人の役者でやっていましたが、その6人を本当に変えてくれた作品。『刀剣乱舞』をきっかけに、たくさんの人に観ていただける舞台にも呼んでいただけるようになりましたし、この舞台も大きなターニングポイントになっていると思います」

人との距離は、すごく近いみたいです(笑)

silentvoice_20181004_04.JPG

――今、一番楽しいと思える時間は?

「昔よりセリフの多い台本が増えたので、休日も家で台本を読む時間が増えました。トレーニングとして台本を音読するのですが、それが最近楽しくなってきて。あとは、運動が好きなのでジムに行って汗を流して、その後、銭湯に行くという、非常に健康的な休日を過ごしてます(笑)」

――それは、健康的に過ごそうと心掛けているんですか?

「心掛けてないです(笑)。たまに『この日は休みです』と言われても、予定の立てようがないんですよ。友達も仕事をしているので一緒に遊べないし、ほぼ一人で過ごしてます。朝早く起きるスケジュールが多いから、休みでも目が覚めちゃって、一度起きたらもう眠れない。それで夕方4時頃になると眠くなって、昼寝しちゃう。だから、健康的に生きようと意識しているわけではないですが(笑)、結果的にこれは良いことだと思ってます」

――ドラマの中で、人と人との物理的な距離と心の距離は比例するという行動心理学が登場しますが、佐伯さんは人との距離が近い方ですか?

「すごく近いみたいです(笑)。僕は、人と話をする時、対面しないようにしています。相手にとって、正面より横の位置から話した方がいいらしいんです。だから後輩にアドバイスをする場合も、そうしています」

――ドキッとする女性の仕草を教えてください。

「女性が髪をあげて結んでる仕草が好き。お団子にする時とか...恥ずかしいな、なんか(笑)」

――この洋服は私服かと思いましたが、ドラマの役衣装だったんですね。ファッションにはこだわりはありますか?

「全くないですね。ただ、崎田の衣装は、僕自身が普段着るものとは全然違いますね(笑)」

――普段はどんな服を着ているんですか?

「楽なのがいいです。こういう仕事をしてなかったら、休みの日とか、ずっとジャージでいると思いますよ(笑)」

――注目度急上昇で活躍の場を広げていらっしゃいますが、佐伯さんの今後の目標は?

「みなさんが"佐伯大地"と聞いたら顔が浮かぶような役者になりたいです。『カッコいい』というよりも『あの子が出ていると面白いよね』と言われるような」

――その目標に近付いているという手応えはありますか?

「そうですね...まだまだ富士山で言ったら2合目ぐらいですが。でも、着実に、自分のやってきたことは間違いじゃないと思っています」

――最後に、ドラマを楽しみにしてくれている方々にメッセージをお願いします。

「みなさんが第1話を見て、2話以降もどんどん面白くなっていく可能性を感じられるような仕上がりになっていると思います。謎解きのヒントになる、崎田の細かい仕草にも、ぜひ注目して見てください」

silentvoice_20181004_05.JPG

※2018年10月4日に公開した記事の再掲です。

佐伯大地さんが被疑者として登場するのは、5月1日(金)放送の第1話! その見どころは?

20200430_sairento_yokoku002.jpg

第1話「YESか脳か」

警視庁にある特別取調室。"泣く子も黙る閻魔さま"こと楯岡絵麻(栗山千明)が取り調べを行うのは、6歳の少女を誘拐し2千万の身代金を要求した容疑の男・崎田(佐伯大地)。行動心理学を用いて崎田の嘘を見抜き、囚われの少女の居場所を突き止めようとする絵麻は、少女誘拐事件だけでない大きな事件に行きつき...。崎田は犯した罪をどのように隠し逃げ切ろうとするのか!? 絵麻はどのように被疑者を追い詰めていくのか!? 熱い心理戦が繰り広げられる!

第2話は津田寛治、第3話は堀内敬子など、今後の被疑者役のキャストにも注目!