「ウソついても、すぐにバレるんです」行動心理学で栗山千明の深層心理を暴く!?:サイレント・ヴォイス

テレ東プラス

5月1日(金)より金曜8時のドラマ枠にて「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」(毎週金曜夜8時放送)がスタート! 本作は、BSテレ東にて2018年10月クールに放送され、人気を博したミステリードラマで、現在、毎週土曜夜9時よりBSテレ東にて続編となる「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 Season2」が絶賛放送中。今回は、地上波での放送を記念して、2018年10月放送時のインタビューを再び公開します!

話しの途中、相手が唇をなめたり、貧乏ゆすりをしていたら、それはウソをついている証拠...かもしれない!?

このように、人の行動パターンからその心理を読み解くのが"行動心理学"だ。

「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」は、「このミステリーがすごい!」大賞作家・佐藤青南の人気小説『行動心理捜査官・楯岡絵麻』シリーズを原作に、行動心理学を駆使して難事件を解決する美貌のエリート刑事・楯岡絵麻の活躍を描く。

"閻魔様"と呼ばれる絵麻には、ウソなど通用しない! ウソをつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の"マイクロジェスチャー"を読み取り被疑者のウソを見破るのだ。そんな主人公・絵麻を演じる栗山千明に、役柄やドラマの見どころについて話を聞いた。

silentvoice_20181001_01.JPG

...と、普通のインタビューを装いながら、実は「テレ東プラス」記者が"行動心理記者"として彼女の言動を注意深く観察。付け焼刃の行動心理学を駆使して、言葉の裏に隠された深層心理を暴く!?

よく分からない人だけど、なんかカッコイイ

silentvoice_20181001_02.JPG

――今回演じる警視庁・捜査一課のエリート刑事・楯岡絵麻は、どのようなキャラクターと捉えていますか?

「絵麻は、一見、警察官らしくなくて、何を考えているのか分からないんです。彼女の取調べは行動心理学に基づいていますが、傍から見たら、『何をやってるんだ?』と思われるようなやり方で。もちろん信念を持って取り調べをしているのですが、それがなかなか伝わりにくくて。真相が明らかになった後、犯人をいたぶるように『刑期を終えたら、また彼氏に立候補してね』と軽く言ったり...と、情緒不安定な子です(笑)。

そういう絵麻に対して相棒の刑事・西野(白洲迅)が視聴者の代弁者としてツッコんでくれるので、そこも視聴者のみなさんに楽しんでいただけるのではないかと思います」

【行動心理記者は見た!】
この時、栗山さんは...!? インタビュー前の雑談から、「では、よろしくお願いします」と切り替え本題に入ると、栗山さんは髪を耳にかけ、美しい顔を全開に! これは、行動心理学的に「やる気を出す」「モチベーションを上げる」という心理の表れ(諸説あり)。「隠し事などないですよ。何でも聞いてください」という心意気を感じた。

――絵麻を演じる上で心がけていることは?

「刑事役は何度かやらせていただいたことがあって、今までは"刑事らしい刑事"を演じてきましが、今回はその逆。刑事の常識を外す役作りというか、"刑事らしさ"を意識しない方が面白いかなと思っています。『よく分からない人だけど、なんかカッコイイな』と思ってもらえるような女性にしたいです」

――取調べ室で被疑者と話し続けるシーンや長いセリフが多く、セリフにはかなり苦労されているという声が聞こえてきましたが...

「はい!(笑) 覚えるのは大丈夫ですが、セリフを言うのが大変で...。『残されたヘモグロビンから出るルミノール反応が...』とか、口が回らなくなるようなセリフとか。『投影』『逃避』『逃走』という似たような言葉がいくつも出てきて、『どれだっけ?』と考えてしまったり。まだ撮影は始まったばかりですが、このドラマの撮影期間中は家でも台本をずっと手放せないことになりそうです(笑)」

【行動心理記者は見た!】
「はい!(笑)」の言葉とともに、背筋をピンと伸ばした栗山さん。これは「自信を持っている」「気合が入りアグレッシブな状態」の表れ(諸説あり)。「セリフは大変だけど、気合を入れてドラマに挑んでいます」という意欲を感じた。

silentvoice_20181001_03.JPG

人間関係はほどよい距離感が好きです

――絵麻は行動心理学を駆使しますが、絵麻の言っていることでご自身にも当てはまっていると思ったものはありますか?

「第2話では、物理的な距離が近いと心を許しやすいという"パーソナルスペース"の話が出てきます。確かに、現場では一番近い場所にいてくれる衣装さんやメイクさんと仲良くなりやすいんですよ。もちろん、他のスタッフさんとも仲良くなりますが、衣装さんたちと比べると、ちょっと時間がかかるんです。それは物理的な距離の違いなのかなと思い当たるところがありましたね」

――なるほど。では、それを逆に活用して「仲良くなりたい人とは物理的な距離を近くしよう」など、普段の生活の中で使っている行動心理学はありますか?

「そんなに意識してないですが...。相手の足を組む方向で心を開いているかどうかが分かる、とよく言いますよね。例えば、隣に座った人が自分の方に向けて足を組んだら、心を開いているとか。それは頭をよぎることがあって、一緒にいる人の足がこっちに向いていると、『心を許してくれてるのかも』と、うれしくなりますね。ほかには、腕組みしている人は、ちょっと緊張していたり、拒否反応を示しているのかなと、なんとなく思ったりします」

【行動心理記者は見た!】
「そんなに意識してないですが...」と考えながら、腕を組んだ栗山さん。腕を組むしぐさは、「警戒している」「本心を探られたくない」「深く熟考したい」などの心理の表れ(諸説あり)。栗山さんの場合は、質問に対して「しっかり考えよう」という姿勢を感じた。

silentvoice_20181001_04.JPG

――ドラマの中で、まずはその人の行動パターンを知ることが重要という話がありますね。栗山さんは、誰かと仲良くなりたい時は、どんな行動をとりますか?

「私は、自分から人に接近しないタイプで。基本、一人が好きなので、自分から仲良くなろうと頑張らないんです。女の子に有りがちですが、仲良くなると、いつでも連絡を取っていないととか、月に1回は必ず会う、みたいなのが面倒くさくて(笑)。ほどよい距離感が好きですね。

いきなり踏み込まれ過ぎると『えっ!?』となるんですが、逆にそれぐらい積極的な人じゃないと、自分からは行かないから仲良くなれないという面もあって...矛盾してますよね(笑)」

――では、栗山さんと仲良くなりたい時の行動心理学として、栗山さんが「えっ!?」とならない、「近付いてもらってもOKですよ」という時の行動パターンは?

「会話をしたり、踏み込んだ質問をされるのは全然いいんです。妙に距離感が近い人が苦手かもしれないですね。それって、うちの母親なんですけど(笑)。母親は、よく腕を組んでくるし、すぐに触ってくるし...そうすると『なんだ、これ!?』みたいな(笑)。徐々に距離が縮まるのはいいですが、友達でも、あまり急に近付かれると『もうそんな距離ですか? 私たち』と思うこともあります(笑)」

【行動心理記者は見た!】
ご自身の行動パターンについて質問すると、顎に手を当てた栗山さん。物事を考えるときに顎に手を当てるしぐさは、「自分を守りたいという防衛本能」あるいは「物事を考えるときのリラックス効果」などが考えられる。栗山さんの場合は、質問に対して「思い出すためリラックスして考えよう」という気持ちの表れだと予想。

silentvoice_20181001_05.JPG

――こうしてお話をうかがっていても、栗山さんは感情が表情や行動に出るタイプで、ウソはつけない方だと感じます。

「表情には出ちゃいますね。人からも『分かりやすい』とよく言われます。ウソつけないんですよ。ウソついても、すぐにバレます(笑)」

――栗山さんに関しては、このドラマの被疑者のように行動心理学で分析する必要がなさそうですね。

「私に関しては、そうでしょうね(笑)」

――では、最後にドラマの見どころをお願いします。

「今までの刑事ものとはまた違う切り口の捜査で真相を暴いていく驚きがある作品です。絵麻が駆使する行動心理学も面白く、『言われてみれば、そうかもしれない』と共感していただけると思います。

それぞれの事件には、予想もつかない結末が待っています。例えば、占いVS心理学という面白い対決もあり、占い師の被疑者に絵麻がどう立ち向かうのかも見どころです。見たことのない刑事ものに仕上がると思いますので、ぜひ楽しみにしていただきたいです」

silentvoice_20181001_06.JPG

インタビューが終わったところで、実は行動心理学的に分析するため仕草を観察していたことを明かすと、「えっ!? 今すぐ分かるのだけ教えてください。気になる~!(笑)」と栗山さん。表情豊かで、どんな質問にも飾らず答えてくれた彼女の言葉には、ウソやごまかしなどないと感じた。"栗山千明"を知るためには、行動心理学は必要ないのかもしれない。


※2018年10月1日に公開した記事の再掲です。

5月1日(金)放送の第1話は?

行動心理学という特殊な技術で相手の嘘を見抜き、表面からは読み取れない隠された真実を暴く美貌の女刑事、楯岡絵麻(栗山千明)。6歳の少女を誘拐した容疑で崎田(佐伯大地)という男が逮捕されるが口を割らない。捜査本部は同時期に発生したバラバラ殺人事件にも追われ行き詰まってしまう。絵麻は崎田の嘘を見抜き少女の居場所を突き止めるが......。

【番組名・放送日時】 金曜8時のドラマ「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」・2020年5月1日(金)スタート 毎週金曜夜8時~夜8時54分
【放送局】 テレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送
【出演】 栗山千明、白洲迅、野村修一椎名香奈江宇梶剛士
【原作】 佐藤青南「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ(宝島社)(「サイレント・ヴォイス」「ブラック・コール」「インサイド・フェイス」)
【脚本】 ブラジリィー・アン・山田/大浦光太/本田隆朗
【プロデューサー】 森田昇(BSテレ東)/岩田祐二(共同テレビ)/山内大典(共同テレビ)
【制作】 BSテレ東/共同テレビ
【製作著作】 「サイレント・ヴォイス」製作委員会2018