ウイルスなどから広まる伝染病を防ぐ! 日本を危険から守る検疫探知犬 デビューへの道に密着:どうぶつピース

テレ東プラス

ワンコやニャンコのかわいい姿をお届けする「どうぶつピース!!」(毎週木曜夜6時25分放送)。4月16日(木)は、大人気企画第8弾「検疫探知犬SP」を放送。

dp_20200422_01.jpg
昨年秋からコロナに揺れる今年春まで約6ヵ月、成田国際空港で活躍する「日本を危険から守る検疫探知犬」に密着!

dp_20200422_02.jpg
今回の舞台は成田国際空港。現在、検疫体制を強化中の成田空港では12匹の検疫探知犬が活動中。そのうち3匹は、この春デビューしたばかりの新米探知犬です。そんな新米たちの探知犬デビューまでの道を追いました。

dp_20200422_03.jpg
「検疫探知犬」は、犬の中でも嗅覚がトップクラスのビーグルで構成。生後5ヵ月で適正を見てスカウトされた後、約半年の訓練を経てデビューを果たします。

dp_20200422_04.jpg
任務は、空港で海外から持ち込みを禁止されている食べ物を荷物からかぎとってハンドラーに伝えること。食品に付着した病害虫や細菌、ウイルスなどから広まる伝染病を防ぐ、日本の安全を守る頼もしい"水際の戦士"なのです。

dp_20200422_05.jpg
新米犬に出会ったのはデビュー1ヵ月前、探知犬訓練センター。3匹の中では落ち着いたお姉さん的存在のニキ(2歳)。人懐っこくて甘えん坊なミル(1歳)と、ちょっぴり臆病で警戒心の強いミラー(1歳)の双子の姉妹。

dp_20200422_06.jpg
3匹の中で唯一デビューに不安を残すのがミラー。ハンドラーも「ミラーはすごく繊細なので、ちょっとのことで怖がったり、どうしたらいいんだろうという表情を見せることが多かった」と。

dp_20200422_07.jpg
初めて見るものに警戒心を抱いてしまうミラーは、仲間たちとは離れて単独行動をとることも。果たしてミラーは、一人前の検疫探知犬になることができるのでしょうか!? ミラーの探知犬デビューまでの道を追いました!

dp_20200422_08.jpg
デビューまで3週間、成田国際空港にミラー登場! この日は実際に探知を行う手荷物受取所で実地訓練。どんなに嗅覚が優れていても、この場所で発揮できなければ意味がありません。まずは現場に慣れることが大切なのです。

dp_20200422_09.jpg
すると、ミラーがカートの上の荷物を嗅ぎ始めました。実はこれ、あらかじめ準備されたターゲットを嗅ぎ分ける練習。

dp_20200422_10.jpg
ミラーたちが探しだそうとしているのは、持ち込みが禁止されている食品。ソーセージなどの加工された肉をはじめ、生肉など肉類はほぼ全般、さらに野菜類や果物全般など多岐にわたります。

繊細なミラーには、場所が変わると普段の嗅覚が発揮できない場合があり、こうした現場での訓練が重要になります。

dp_20200422_11.jpg
続いては、まだ持ち主の現れていない荷物で実際に匂いを嗅ぐトレーニング。

dp_20200422_12.jpg
すると、段ボールの荷物に近づくと、急に後ずさり。慎重派のミラーは初めて見る荷物を怖がってしまうこともあるため、ハンドラーは「怖くないよ」と教えつつ乗り越えられるように訓練していきます。

dp_20200422_13.jpg
実際に探知を行う旅行者の荷物は初めてみるもの。これでは仕事になりません。なんとしても克服せねば。

dp_20200422_14.jpg
そんなミラーに、ハンドラーは「大丈夫」と何度も声をかけ、ミラーを励まします。できたら「そう、すごいじゃん!」と褒めて、ご褒美のおやつ。

dp_20200422_15.jpg
「あまり人間が心配すると、ミラーも不安がってしまうので、『大丈夫だから行くよ』と声をかけて『行ってみよう!』とミラーが思えば一番いい」とハンドラー。何度も新しい荷物のところへ連れていき、「大丈夫」と励まします。これを繰り返すことで新しい荷物に対する恐怖心をやわらげ、徐々に安心感を植え付けていくのです。

dp_20200422_16.jpg
そしてデビューまで残り1週間。この日も空港で実地訓練。しかし、ミラーの新たな問題が発覚します。

dp_20200422_17.jpg
荷物の間を通そうとしますが、ミラーはまたしても後ずさり。どうやら狭いところも苦手のよう。このままでは探知犬として全く機能しません。

dp_20200422_18.jpg
この問題を解決するためハンドラーは、わざと細いところを通り苦手意識を克服する訓練。そして狭いところを通るとご褒美。これを繰り返すことで、探知することは楽しいと覚えてもらうのです。

こうして迎えたデビュー当日。臆病な新米ミラーは、任務を無事果たすことができるのでしょうか!?

dp_20200422_19.jpg
担当するのは乗客数約30人のネパール、カトマンズからの到着便。いよいよ本番! ミラーは、不安なのかハンドラーの顔を見上げ、辺りをキョロキョロ。大丈夫なのでしょうか?

dp_20200422_20.jpg
ミラー、やっぱりビビっちゃってる。初めての探知で後ずさり。ハンドラーに励まされ、ちょっとビビりながらも、なんとか探知し次の荷物へ。

dp_20200422_21.jpg
二回目はハンドラーの声で自ら荷物の元へ。いい調子! そして荷物が密集した場所へ。狭いところも問題なし! しっかり探知犬としての動きができています。

dp_20200422_22.jpg
そんな中、ミラーがある荷物の横におすわり。探知犬が禁止物を見つけたときの合図です。

dp_20200422_23.jpg
荷物の持ち主は日本在住だという30代ネパール人男性。検疫官が確認したところ、「食べ物は入ってない」と完全否定。

dp_20200422_24.jpg
もしやミラー、探知失敗!? 仮に何も持っていなければ、探知犬の信用を失ってしまいます。一度探知犬としてデビューを果たせば、新米であろうとも失敗は決して許されません!

母国に里帰りして日本に戻ってきたというネパール人男性2人組。果たして、ミラーが探知したバッグの中身は!?

dp_20200422_25.jpg
出てきたのは瓶詰にされた黒い固形物。

dp_20200422_26.jpg
検疫官が「何の漬物ですか」と確認すると、自分の荷物なのに中身がわからないという男。しきりに「肉ではない」と主張していますが......。

この物体の正体は、持ち込み禁止のニンジンなどの野菜を香辛料と一緒に漬けた漬物。

dp_20200422_27.jpg
さらに出てくる出てくる!唐辛子に米にと、バッグの中身は禁止物のオンパレードでした。

dp_20200422_28.jpg
ミラー、早速、大量摘発のお手柄!

「鼻の使い方がすごく上手。落ち着いて考えることができるので、丁寧な探知ができるよう育てたい」とハンドラー。意外にもスーパールーキーの片鱗を見せたミラーなのでした。これからの活躍にも期待してるよ!

次回4月23日(木)の放送は、総集編をお届け。どうぶつたちのかわいい姿、満載です!