「ONE PIECE」以上に稼げる! 年収3億円の体験漫画家が儲けのカラクリを暴露:じっくり聞いタロウ

テレ東プラス

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。1月30日(木)の放送では、風俗体験漫画家の巨匠・山崎大紀さんが年収3億の儲けのカラクリと、風俗店取材の裏側を大暴露!

jikkuri_20200131_02.jpg
コンビニなどの成人向け雑誌コーナーに並ぶ、実際に作者が風俗を体験して漫画化する"風俗体験漫画"。山崎さんはこの道20年の大巨匠だ。今もバリバリの現役で、これまで相手にした風俗嬢はのべ3000人。しかも、取材したお店は海外まで及び、「アジアは全部制覇した」そうで、さらにロシア、アメリカ、イタリア、イギリス、ギリシャなども制覇。経費はすべて出版社持ちだそうで「保険だと全部入って、最高のクラスに入れてくれる」とか。

また、風俗店で事を済ました後、必ずおしっこをして寝るというルーティーンを続け、一度も性病にかかったことはないという。

山崎さんは、最初は恋愛ものやスポーツものを描く普通の漫画家だった。あるとき、デビュー時にお世話になった担当者がエッチ系の雑誌の編集長になったことから、そこでエッチな漫画を描くもまったく人気が出ずに終了。試行錯誤の末に風俗漫画の"ヒットの法則"に気付く。

jikkuri_20200131_03.jpg
山崎さんは知り合いの漫画化で、風俗漫画界のヒットメーカーだった成田アキラさんを訪れ、「ガチで描かないとダメだよ」という助言を受ける。

jikkuri_20200131_04.jpg
そして、風俗店に足を運んで、すべてをガチで漫画にすることを決意。さらに、それまではリアルな感じで描いていたのを、男性キャラを赤塚不二夫テイストの2頭身キャラに、女性を8頭身の美女で描くように。それが見事に当たり、雑誌での人気も上昇。山崎さんの漫画を見て、お店に行く読者が一週間で300人もいたこともあったという。

jikkuri_20200131_05.jpg
さらに、山崎さんが取材した店には、ある驚きの現象が。店の細かな様子や、風俗嬢のことまですべてを描いたため、漫画を見て店に行く読者が一週間で300人も殺到。さらに、山崎さんが描いた風俗嬢に指名が集中するため、店の女の子全員が同じ名前になったこともあったそう。

jikkuri_20200131_06.jpg
山崎さんの漫画は最盛期には月に1~2冊出版され、1冊につき10万部以上は売れた。その印税10%で1ヵ月1000万円。さらに漫画キャラの広告料などの副収入も入り、トータル年間3億円以上は稼いでいたそう。「これからの若い連中も、世界を相手にすれば自分の10倍20倍は全然いけると思いますよ。『ONE PIECE』以上に稼げる」と山崎さん。風俗好きで、かつ漫画が描ける人はぜひチャレンジしてみては?

この放送は現在「ネットもテレ東」で配信中!

PICK UP