秋田犬が「ワンオーナードッグ」と呼ばれる理由。秋田犬を飼う前に知っておきたいこと

テレ東プラス

akitainu_20200130_00.jpg画像素材:PIXTA

ここ近年の秋田犬人気はとどまることを知りません。
実際に飼ってみたい、と思いを馳せる人も少なくないはず。しかしペットショップで秋田犬を見かけることはほとんどないのでは? それもそのはず、日本での犬籍登録数は2,628頭(2016年)。でもどうしても飼ってみたい。そんな方へ秋田犬を飼うべき心構えを、秋田犬の保存・保護活動をしている一般社団法人 ONE FOR AKITAで秋田犬のトレーナーをしている鈴木明子さんに聞きました。

生半可な気持ちで飼わないでください。

akitainu_20200130_01.jpg
秋田犬の特徴のひとつに、飼い主以外にあまりなつかない性格が挙げられます。海外ではワンオーナードッグと呼ばれているんです。

──秋田犬を飼う上で大事なことは?

「秋田犬は大変賢く、その忠誠心が特徴です。飼い主と心を通わせれば、一生その飼い主になつきます。しかししつけがきちんとなされていないと、その賢さゆえに、人間の考えていることの裏をかけるのも秋田犬の性格です。秋田犬から飼い主と認められないと、全く言うことを聞かない犬になってしまいます。

一度人間不信に陥ってしまうと、その後バトンタッチをして違う人間と共に暮らせるようになるまでとても時間がかかってしまうんです。もし秋田犬を飼いたいと思ったなら、秋田犬ときちんと向き合う覚悟、仔犬の時にしっかりとしつけができる時間を持てる人が望ましいです」


akitainu_20200130_02.jpg
──秋田犬を飼うのに向かない人は?

「まず犬を飼ったことがない人は難しいかもしれません。突然の大きな音や高い音を聞くと興奮しがちな面もありますので注意してください。また小さなお子さんがいるお宅は、子どもが手離れしてから飼う方がよいと思います。秋田犬を飼うということは家族が1人増えるということ。子どもと秋田犬のしつけを両立させることは困難です」

覚悟はできた、さてどこで迎える?

秋田犬を迎える覚悟ができた、さて実際にどこに行けばいいのか?

──秋田犬とはどこで出会えるのでしょうか?

「『秋田犬保存会』(※)は全国に支部があり、展覧会を行なっています。私たちのONE FOR AKITAでも保護した犬を譲渡に出すことがあります。しかし秋田犬と飼い主の相性が大事です。私たちの団体では必ず実際に見に来られる方が第一条件となり、実際に会っていただいても、犬の反応がよくないとお断りさせていただくことも。秋田犬を迎い入れる時は、根気よく秋田犬と実際に会ってもらう必要があります」

※秋田県大館市に本部を構える公益社団法人秋田犬保存会。秋田犬の保存繁殖や血統書の作成を行う団体。

akitainu_20200130_03.jpg▲取材中、時折近寄ってきてくれるのが嬉しい

──やはり寒い地域の犬だから、暑い所は苦手ですか?

「そうですね。ONE FOR AKITAに所属している秋田犬たちは、夏はずっと冷房つけっぱなしです。また十分な運動も必要ですので、朝晩の散歩は欠かせません。環境を整えるための掃除も大変です。寿命も10~13年とあまり長生きをしないことも心構えとして必要ですね」

──お話を聞いていると、かなり厳しいハードルです。

「120%秋田犬に心を注げる方に飼ってほしい犬種です。しかし、最初に言った通り本当に賢いんです。こんなに賢い犬種は今まで見たことがありません。犬にも自分にも厳しくしつけをし、主従関係を築ければ、飼い主に寄り添い、見つめ続けてくれる。飼い主がNOといったことは必ず守る。決して裏切らない素晴らしいパートナーです。秋田犬の殺処分を日本国内でゼロにするため、また保存するためには正しい知識と覚悟を持って秋田犬と向き合ってもらいたいと思います」

akitainu_20200130_04.jpg
今回の取材に協力してくれた秋田犬の杏も元は保護犬。
しかし鈴木さんとの息がぴったり。ずっと鈴木さんの方をじっと見つめていました。大きくて頼もしい見た目の秋田犬。飼うのはとっても難しいのですが、頭数が減っているのも事実。人も犬も悲しまないために、本当に飼えるか、自分自身や家族ときちんと対話をしてみましょう。

akitainu_20200130_05.jpg
【取材協力】
一般社団法人 ONE FOR AKITA