園児200人を救え!”遊べない保育園”の実態とは!?:世界!職人ワゴン

テレ東プラス

12月30日(月)夜5時55分からは、「世界!職人ワゴン【ニッポンの技で世界を修理!スペイン・ポルトガルへ!】」を放送! ストーリーテラーを小泉孝太郎が務めます。日本が誇る巧みな技術力を兼ね備えた職人たちが、いざワゴン車の旅へ!

wagon_20191230_01.jpg
世界中で困っている人の壊れたモノを日本の職人の技術で修理。第6弾となる今回の舞台は、スペイン~ポルトガル。大工・左官職人・宮大工・家具職人・家電修理職人の5名がワゴンの旅に出ます。

wagon_20191230_02.jpg
依頼があったのは、ポルトガル北部にある創立41年目の公立保育園。街の住人にとって大切な施設ですが、多くの問題があり、日本の職人の力を借りたいそう。一体どんな問題があるのでしょう。

wagon_20191230_03.jpg
この保育園には約200人の子どもが在籍していますが、遊び場所はほとんど室内。実はポルトガル北部のこの地域は、10月〜2月は長い雨季。そのため、必然的に室内の多目的スペースで遊ぶことが多いのですが、建ててからかなりの時間が経っているため、老朽化が激しく、壁が剥がれてしまっています。市から補助金も出ていますが、人件費や維持費で全然足りないのが現状。施設の修復に当てる予算がないため、壁にボールをぶつけて遊ぶのも禁止にしています。

wagon_20191230_04.jpg
多目的スペースに唯一残されているバスケットゴールもボロボロ。とても遊びに使える状態ではありません。

wagon_20191230_05.jpg
そしてもう一つ重大な問題は、給食を食べる食堂。食堂のテーブルと椅子のサイズが子どもたちに合わず、床に足が付かない子やテーブルの上に顔しか出ない子がいて、とても使いづらそう。というのも、このテーブルと椅子はなんと大人用。開園当初から使用されていたため、そのまま使わざるを得なかったそうですが、問題は使いづらさ以外にも...。

wagon_20191230_06.jpg
椅子の背もたれと座面の隙間が広いため、小さな子どもが座ると不安定。一刻も早く何とかしなければいけませんが、日本の職人はどう解決するのでしょうか。いよいよ職人たちの修理が始まります!

wagon_20191230_07.jpg
まずは、多目的スペースの壁から。ボールをぶつけられないほど傷んでしまっていますが、左官職人・奥野雅晴が修復に挑みます。奥野は壁をペンキで塗り直すのではなく、水に強く耐久性に優れた"漆喰(しっくい)"で修復に挑戦。塗る時に技術と手間がかかりますが、時間が経つにつれて固まる漆喰は、経年劣化が少なく強固な壁になるそう。

wagon_20191230_08.jpg
脆くなった塗装を剥がし、下準備。そしていよいよ漆喰を塗っていきますが、なぜか漆喰を赤・黄色・緑の3色に染め始めた奥野。一体何をしようというのでしょう? そこには子どもたちを笑顔にする、ある思いがありました。

wagon_20191230_09.jpg
一方、遊具がほとんど無い子どもたちのために、新しく楽しく遊べる遊具作りに取り掛かるのは、宮大工・菊池利光。木だけを組み合わせて作る昔ながらの技術で、すべり台を作ります。しかし、ある問題が。

wagon_20191230_10.jpg
すべり台の坂の到着部分を作るにあたり、広範囲にくぼみを作らないといけませんが、特殊なカンナでしか削ることが出来ないそう。しかし、海外なので最小限の道具しか持って来ていないため、特殊なカンナはありません。果たして菊池はこの状況をどのように打破するのでしょうか。それは我々の想像を越えた、職人ならではのアイデアでした!

wagon_20191230_11.jpg
さて、もう一つの問題であるテーブルと椅子。木の特性を知り尽くし、変幻自在に木材を加工する家具職人・鈴木大輔。「どんなオーダーも絶対に断らない」をモットーとする木材のスペシャリストが、解決していきます。

wagon_20191230_12.jpg
脚を切断し、あっという間に子どもたちが使いやすい高さに変身したテーブル。椅子は危険な背もたれ部分を全て取りはずし、新しい背板に変えていきます。しかし、今回は多くの椅子を一度に修理しなくてはいけないため、一枚ずつ背板を作る時間がありません。限られた時間の中での修復...鈴木はどんなアイデアで乗り切るのでしょうか。

この他教室では、家電職人・清野正昭が動かなくなってしまった玩具の修理を、職人歴30年の大工・今井辰也が、おままごと用である木製キッチンを修復します。

国境を越え、現地の方々の笑顔と感動を呼ぶ"ニッポンの職人ワザ"!

番組では他にも、

●スペイン...前代未聞!「世界遺産」から依頼が!
16世紀に建てられた"カルバハル宮殿"の100年以上前の「ベンチ」、「装飾棚」、「窓」などの文化財の修復の依頼が。しかもその条件は「修復の跡がわかってはいけない」という過酷なもの。そんな中で、地元の人たちを驚かせた、職人たちの日本伝統の技術とは...!?

●ポルトガル...老人ホームで大規模修理に挑む!
「お年寄りに余生を安全に安心して暮らして欲しい...」という思いの元、緊急搬送時に危険な出入り口や、おばあちゃんを悩ませていた「洋服タンス」を修理!

をお届けします。

12月30日(月)夜5時55分放送、「世界!職人ワゴン【ニッポンの技で世界を修理!スペイン・ポルトガルへ!】」をどうぞお楽しみに!