2019年一番読まれたグルメ記事は? ベスト10を発表:テレ東プラス大賞2019

テレ東プラス

いよいよ令和に突入! 2019年の日本...実に様々なことが起きました。そこで今年は、各ジャンルごとに「テレ東プラス大賞2019」を発表! 2019年のPV数を集計し、多く読まれた記事「ベスト10」を紹介していきます。ここではグルメ部門をピックアップ。

【第1位】
「ローソンだ」「いやセブンイレブン!」ラグビーW杯の裏で、海外記者が最強コンビニフードめぐり論争

plus_gourmet_20191230_01.jpg
9月から11月にわたって日本で開催されたラグビーW杯。南アフリカが優勝し幕を閉じたが、決勝の裏で海外から訪れた記者たちによるコンビニグルメ論争が起こっていた! きっかけはオーストラリアの解説者、ショーン・マロニーさんのTwitterでの発言。ショーンさんは10月25日、セブンイレブンのミックスサンドの写真とともに「今大会の優勝チームを選ぶより難しい。日本のコンビニのサインドイッチの王者はセブンイレブン? ローソン? ファミリーマート?」とツイート。これをきっかけに海外メディアの関係者を中心に「セブンイレブンの卵サンドだ」「ローソン」「ファミリーマート!」などさまざまなリプライが飛ぶ論争に発展、その決着は!?

【第2位】
メキシコ系VS黒人系 全米一危険な街で殺し合うギャングのヤバい飯

plus_gourmet_20191230_02.jpg
ヤバい人たちのヤバい飯を通して、ヤバい世界のリアルを見る、話題の深夜番組「ハイパーハードボイルドグルメリポート」。7月には「ウルトラハイパー ハードボイルド グルメリポート」として初のゴールデンタイムに進出した。それに先駆けてご紹介した「全米一危険な街で殺し合う極悪ギャング双方のアジトに潜入!」(2017年10月10日放送)がランクイン! 番組MCの小籔千豊が「アウトローの"美味しんぼ"ですよね」と称したこの回の舞台はロサンゼルス・サウスセントラル地区。メキシコ系ギャングお気に入りの「トゥナ」というサボテンの実や、店員が全員ギャングメンバーという黒人の貧困エリアに開業した地域唯一のハンバーガー店のこだわりなど、「今日死ぬかもしれない」彼らの食生活に迫った。

【第3位】
365日チョコを食べ続ける「チョコレートくん」に聞く、"リピ確実"の定番チョコ3選

plus_gourmet_20191230_03.jpg
年間2,000種類ものチョコレートを食べて、情報を発信している「チョコレートくん」にインタビュー。コンビニやスーパーで買えるオススメのチョコレートから、オススメのものまで3アイテムについて話を聞いた。「店頭に新商品が並ぶタイミングは決まっていて、基本的には毎週火曜日。新しいチョコをいち早く食べたいなら、火曜日が狙い目」など、お得情報を惜しみなく教えてもらった。

【第4位】現役グラビアアイドルの店長と週6で会える?!「Touch know me 祭店

【第5位】ラブホ街で一人飲み!渋谷区円山町「立呑み なぎ」は絶品日本酒パラダイス

【第6位】「射美」「花陽浴」「ロ万」......一心に日本酒の道を歩む革命君に聞いた、今こそ飲みたい日本酒

【第7位】「プリンに醤油をかけるとウニになる」はホントだった。しかも似ているウニの産地まで分かった

【第8位】これぞ悪魔メシ! 「ホットサンド×缶詰」はどれが美味しいのか?

【第9位】宴会が県の文化!? 街中がベロベロになる高知の「おきゃく」をひょっこりはんが体験!

【第10位】内戦中は人を食った!? 娼婦として日銭を稼ぐリベリア元少女兵は今何を食べるのか

以上「グルメ」部門ベスト10を発表しました。「テレ東プラス大賞2019」はこの後も、ビジネス、エンタメ、ドラマ、ライフの部門賞を発表していきます。どうぞお楽しみに!