中沢元紀×小林虎之介W主演「関係性ができているので心強い」「今回も信頼してます」

公開: 更新: テレ東プラス

 
ドラマNEXT「ひだまりが聴こえる」(毎週水曜深夜24時30分)。難聴の大学生と、“ノートテイク”のボランティアに名乗り出た同級生の切なくも儚いヒューマンラブストーリー。W主演を務める中沢元紀さんと小林虎之介さんにインタビュー!

【動画】中沢元紀×小林虎之介W主演、ティザー映像公開

関係性ができているから心強い


中沢元紀×小林虎之介W主演「関係性ができているので心強い」「今回も信頼してます」
――以前ドラマで共演されて、今回はともに地上波連ドラ初主演。お二人でのW主演へのお気持ちは?

中沢「虎とのW主演は感慨深いです。主演は初めてなので不安もありますが、前回共演した作品でバッテリーを組んでいた虎とは関係性ができているので心強いですね」

小林「去年ぐらいから名だたる主演の方々とお仕事をさせてもらう中で感じたのが、その方たちの背中ってカッコいいんです。主演はプレッシャーもあるだろうし、責任や背負うものも多い。僕にはまだ無理だと思っていましたが、作品を重ねていく中で“主演を経験したら自分が変わるかもしれない“と考えるようになった時に、今回のお話をいただきました。

主演を務めるにあたって、鈴木亮平さん(鈴木さん主演ドラマ『下剋上球児』で共演)にも相談しました。良い雰囲気の現場にして、みんなで頑張って作品を作っていけたらと思っています」

――鈴木亮平さんからは、どんなアドバイスが?

小林「秘密です(笑)。亮平さんは、ご一緒した現場で“主演としての姿勢”を見せてくださいました。どんな場所でもみんなに愛されている亮平さんの姿を思い出しながら、僕もあんな風にできたらいいなと思っています。良い空気感で現場を引っ張れる主役でありたいですし、お芝居も頑張りたいです」

――この作品の現場で改めて感じたお互いの印象や、気付いたことはありますか?

中沢「虎は、今回演じる“太一”として現場を明るく盛り上げてくれています。前作では、みんなと一緒にいる時の虎を見て『年上に見えないね』と話していたんですが、役によって現場にいる時の感じが変わる人なのかなというのが新しい発見でした」

小林「前作の時から思っていますが、元紀は真面目です。この作品で演じている“航平”は難聴という難しい役どころですが、いろんな所に足を運んで役作りをしているそうなので、今回も信頼しています。そのままの元紀で来てくれれば、僕としてもありがたいです」

中沢元紀×小林虎之介W主演「関係性ができているので心強い」「今回も信頼してます」
――中沢さんのどんなところに“真面目さ”を感じるんですか?

小林「常に真面目です。僕は空き時間があったら、どれだけ体力温存できるかを考えるけど、元紀は台本を読んでいたりして、すごいなと思います」

中沢「前作も今回も役を通して虎を見ているので、実際はどういう人なのかなと、今も探り中で。撮影現場に移動するマイクロバスに乗っている時の虎が、本当の虎の姿なのかも…と思ったり(笑)」

小林「バスでは、ほとんど寝てるけどね(笑)」

中沢「現場では明るく盛り上げてくれるけど、普段は落ち着いている人なのかな、とも思ったり。家にいる時とか、仲のいい友達といる時の虎を見てみたい。どんな感じなの?」

小林「あまりしゃべらないかも(笑)。今回の現場では、相当意識して、みんなとしゃべるようにしているけど、素はどちらかというと“太一”より“航平”の方に近いと思う。でも、“太一”は僕の素が見えたらダメだと思っているから、この現場では自分の中での明るくいる時間を長くしているんです。だから、現場が終わって帰りのバスに乗ったら『疲れたー』って言ってる(笑)」

中沢元紀×小林虎之介W主演「関係性ができているので心強い」「今回も信頼してます」
――その疲れを取るためのリフレッシュ方法は?

小林「とにかく寝ます!」

――一緒にいる時は、どんな話をしているんですか?

中沢「今は、この作品に関する話が多いですね。趣味の話とか、あんまりしたことないかも。虎って何が好きなの?」

小林「ゲームとか」

中沢「スポーツが好きなところは共通点だね」

小林「そうだね。あっ、最近、美容に興味がある! この現場では毎日、パックして、スチームして、美顔器も使わせてもらっています。家では、洗顔とパックを必ず。パックは朝晩やった方がいいんだよ」

中沢「それ、ずっと言ってるよね」

小林「なのに、ニキビができてショックだった(笑)」

中沢「僕も影響されて、パック始めたよ(笑)」

難聴の方から聞いた話を作品に活かす


中沢元紀×小林虎之介W主演「関係性ができているので心強い」「今回も信頼してます」
――中沢さんは難聴の大学生・杉原航平、小林さんは聴覚に障がいのある生徒に授業の内容をリアルタイムで伝えるボランティア“ノートテイク”を通じて航平と出会う大学生・佐川太一を演じます。どのように役作りをしましたか?

中沢「クランクインの前に難聴の方のお話を聞く機会をいただいて、辛い話も含めていろいろとお聞きしました。“聞こえ”の程度は人によって違うそうなので、台本と原作を読んで航平の状況と、実際にお聞きした話を照らし合わせながら、人物像を作っていきました」

小林「太一は根っから明るい性格なんですが、その“根っから”の感じを出すのが難しいんです。逆に、“陰”のキャラクターだと、誰でも傷ついた経験があるから、そこをきっかけに人物像を作っていけるのですが。なので、現場に入ったら、太一みたいに明るくいるようにしています」

中沢元紀×小林虎之介W主演「関係性ができているので心強い」「今回も信頼してます」
――中沢さんだけでなく、小林さんも難聴の方から事前にお話を聞いたそうですが、実際のお芝居で活かせていることや、気を付けていることはありますか?

中沢「僕が普段聞こえるような音が聞こえないとか聞こえづらい部分があったり、聞こえ方に暗号が混じっているようなイメージだとお聞きしました。そういう感覚を意識して演じています。ただ、大きな音がすると反射的に反応してしまうことがあって、それだと航平ではないんですよね。なので、大きな音がした時には、どこから音が聞こえたのか分からなくて戸惑うリアクションから演じるようにしたりしています」

小林「難聴の方のお話では、高い音が聞きやすい人もいれば、低い音が聞こえやすい人もいて、人によって違うそうです。航平にとっては“太一の声が聞きとりやすい”ということなので、太一を演じる僕は普段のままでいいのかなと思っています。ただ、航平のセリフに『後ろからの声は聞きにくい』とあるので、太一の口が航平に見える位置でしゃべることは意識しています」

中沢「クランクイン前にお会いした時、原作者の文乃ゆき先生が『難聴の方々がかわいそうに映るようにはしないでほしい』とおっしゃっていました。僕もそう思いますし、このドラマのチームはみんな、そういう意識を持っています。この作品が、難聴という障がいを知ってもらうきっかけになれたらいいなと思っています」

後編】では、これからの撮影で楽しみにしていることなどを。

「ひだまりが聞える」中川✖小林対談 前編
お二人がW主演のドラマNEXT「ひだまりが聴こえる」(毎週水曜深夜24時30分)第1話は?

第1話
中学の頃突発性難聴を発症して以来、人と距離を置くことが当たり前になった大学生の杉原航平(中沢元紀)。ある日、いつものように1人でお弁当を食べようとしたところに突如現れたのは、同級生の佐川太一(小林虎之介)。バイトをクビになり、お腹を空かせていた太一に、航平は無言で自分のお弁当を差し出し、去っていった。
その後、航平は耳が聞こえづらいことを知った太一は、お弁当のお礼にと、聴覚障がいのある生徒に講義内容をリアルタイムで伝えるボランティア“ノートテイク”に自ら名乗り出て…。

【プロフィール】
中沢元紀(なかざわ・もとき)
2000年2月20日生まれ。茨城県出身。2022年、俳優デビュー。ドラマ「ナンバMG5」(フジテレビ系)、「埼玉のホスト」、「下剋上球児」(ともにTBS)、「366日」(フジテレビ系)、映画「沈黙の艦隊」、「さよならモノトーン」(ともに2023年公開)などに出演。
Instagram:@motoki.nakazawa_

小林虎之介(こばやし・とらのすけ)
1998年2月12日生まれ。岡山県出身。2021年、俳優デビュー。「遺留捜査スペシャル」(テレビ朝日系)、「下剋上球児」(TBS系)「PICU 小児集中治療室 スペシャル 2024」(フジテレビ系)「ダブルチート 偽りの警官 Season1」第2話(テレビ東京/WOWOW)
Instagram:@tns_kbys

(撮影:倉持アユミ/取材・文:伊沢晶子)