「宮廷女官チャングムの誓い」第9話~第13話【あらすじ】

公開: 更新: テレ東プラス

テレ東では、ドラマブレイク「宮廷女官チャングムの誓い」(主演:イ・ヨンエ 全54話)を放送中! 「テレ東プラス」では、7月1日(月)~7月5日(金)放送、第9話~第13話までのあらすじを紹介する。

【動画】「デリバリーマン」最新話

【公式サイト】韓国ドラマの情報が満載!「テレ東韓国ドラマポータル」

【7月1日(月)放送 第9話】

記事画像
官正式採用をかけた試験の結果、首席はクミョン、支給されたもの以外の食材を使ったチャングムは落第を言い渡された。そこへ皇太后が現われチャングムの料理を味見。その味だけでなく、代用の材料を選び出した機転と知識に感心し、チャングムの落第を取り消させる。
晴れて女官となるチャングムは母の墓参りを済ませ、宮廷に戻り女官としての生活を始める。
その頃、追っていた女密偵が捕らえられ、チョンホが聴取。女密偵から、自分の怪我の手当てをした女性が錦鶏を持っていたことを聞き出したチョンホは、命の恩人を見つけようとする。
王の狩りに同行し、野営の水剌間(スラッカン)で食事を作ることになったチャングムたち。しかし、味見をしたハン尚宮らが倒れてしまう。

【7月2日(火)放送 第10話】

記事画像
王はクミョンとチャングムの作った冷麺に満足し、王の護衛部隊として同行していたチョンホも二人の活躍を知る。チョンホはチャングムに声を掛け、クミョンは自分の憧れの人チョンホとチャングムが旧知であることを知る。
食材の管理を怠った罰として退膳間(テソンカン)への出入りを禁じられたミン尚宮らに代わり、チャングムが手伝いをすることに。どこかに母の料理日誌が隠されているとあって、チャングムは浮き足立つ。
一方、チェ尚宮はクミョンに、懐妊している妃のお腹の子供を女の子に変える呪いの札を退膳間に隠すよう命じる。ところが、隠したはずの呪いの札が明るみに出て、チョン最高尚宮が調査を開始、夜中に退膳間に出入りしていたチャングムに、その容疑がかかり―。【7月3日(水)放送 第11話】

記事画像
陰謀の主謀者を察したチョン最高尚宮は全貌を明らかにしようと、チャングムとクミョンの取調べを官憲に委ねることに。そこへ女官長が現われ、不問に付すように命じる。反発するチョン最高尚宮だが、女官長に詰め寄られ引渡しを1日引き延ばすことに。その間に、チャングムに罪を被せるべく、女官長とチェ尚宮はあらゆる手を打つ。
事の真相を察するハン尚宮は、チャングムの無罪を明かそうとする。しかしチャングムは今こそ亡き父母の遺言を守ると言い、真実を口にしない。
一方、容体の優れない王子は特別に用意された料理を食べ、手足が麻痺。料理を作ったカン・ドックが取り調べを受けることに。麻痺の原因が特定できない医者たちは、料理に毒が混入されていたと主張して―。

【7月4日(木)放送 第12話】

記事画像
王子の手足麻痺の原因が、食べ合わせにあることを身をもって証明したチャングム。トックは無罪放免となり、チャングムも治療を受け麻痺を治す。
女官長の誕生祝いを控え、ハン尚宮はチャングムにチョン最高尚宮の手伝いを申し付ける。次々と高価な贈り物を贈られ、ご機嫌の女官長。しかし、締めの料理を食べた女官長は激怒し、自分への反逆だとまで言い放つ。
その料理とは、具合の悪いチョン最高尚宮に代わり、チャングムが味付けしたものだった。チャングムは自分の味覚が麻痺したままであることに気付き、一人、治療法を模索する。チェ尚宮はこの期に乗じ、最高尚宮の座を得ようと画策。それを察したチョン最高尚宮は対抗策を講じる。

【7月5日(金)放送 第13話】

記事画像

最高尚宮の座を巡り、競い合いをすることになったハン尚宮とチェ尚宮。
チェ尚宮はクミョンを、ハン尚宮はチャングムを助手に指名する。味覚を失っているチャングムは辞退を申し出るが、ハン尚宮はチャングムの「味を描く能力」を最大限に引き出そうと訓練を始める。
そんな時、宮中に一大事件が起きる。みその味が変わったのだ。みその味の変化は不吉の前兆とされていた。女官長から原因追求を厳命されたチョン最高尚宮は、これを競合の最初の課題として―。

出演者
イ・ヨンエ(ソ・ジャングム)
チ・ジニ(ミン・ジョンホ)
ホン・リナ(チェ・グミョン)
キョン・ミリ(チェ尚宮)
イム・ホ(王・中宗)
ヤン・ミギョン(ハン尚宮)

監督・演出
監督:イ・ビョンフン
脚本:キム・ヨンヒョン出演者