みちょぱが“やりづらい”と感じたMC「伸び伸びとはやれないな」

公開: 更新: テレ東プラス

伊集院光&佐久間宣行の勝手にテレ東批評」(毎週土曜午前11時3分放送)。芸能界イチの“テレ東フリーク”伊集院光と、テレビ東京を退社した人気プロデューサー佐久間宣行が、テレ東の番組を好き勝手に語り合う新感覚トークバラエティ。6月15日(土)の放送から、気になる発言をピックアップして紹介!

【動画】みちょぱ、ラジオで佐久間宣行をイジリまくる

みちょぱと佐久間の関係


田舎を舞台に“ウソ村人”に変装した有名人を捜す「田舎くれんぼ」から、“みちょぱ”こと池田美優が登場。

記事画像
みちょぱは、自らのラジオ番組で勝手に佐久間の悩みを想像してイジるコーナーをやっているのだが、それは2人にとって“ラジオだけの関係性”で、テレビには持ちこんでない。理由は、佐久間はプロデューサーとしてみちょぱをキャスティングしているのに、他の演者から「バチくそイジられているって思われたくない」からとのこと。

記事画像
“バラエティの女王”として売れ続けるみちょぱの魅力を、佐久間は、有吉弘行やロンドンブーツ1号2号の田村淳らが売れてきて周りが発言に忖度する中で「容赦なく言ってくれるギャルが出てきたのが本当に助かっているんだと思う」と分析。MCを担当する中堅の芸人に「バカじゃないの?」と言えるタレントは、なかなかいないのだ。

記事画像
現在25歳、結婚しプライベートも充実、売れっ子でありながらしっかり休みも取るみちょぱ。いまだに「休みをください」と言えず「来た仕事はほぼやる」という伊集院に、できるだけやりたい気持ちはあるが「でも休まなきゃやってらんないじゃん」と。中途半端にキャラを作ったり、無理な仕事を引き受けて休みもなくすのは、トータルで考えると「よくない」とハッキリ口にするみちょぱに、伊集院は「勉強になるわー!」と声を上げる。

人生のターニングポイントとなった人物


みちょぱにとって人生のターニングポイントとなった人物は、やはり有吉弘行だという。

みちょぱ「共演させてもらうことが多かったんで、現場で慣れていって、それで色々教えてくれたっていう感じがしますね」

伊集院「見ていても、共演した時もそうだけど、そこでみちょぱが笑ってくれないと成り立たないところで笑うし、そこで笑いすぎていると逆にアウトな時に早く引いてるみたいなの見ていると、『どうやって習ったの?』と思っちゃうんだよね」

みちょぱ「人に対して接するのと一緒じゃないですか。私、人に対して対応を変える人なんで、『この人はこうやってやった方がいい』と人柄を見て、性格とかも『大体こんな感じだろうな』って見て変えていくから、そういう見る目はあるのかもしれない」

逆に、やりづらい人と感じた人についてのトークも。

みちょぱ「MCをされている有名な方で、やりやすい方にとってはありがたいフリをしてくれる人だったんですけど」

佐久間「もう答えが『1+1は?』って言ってくれるタイプの人?」

記事画像
みちょぱ「そうなんです。私も、そこで言えば絶対に盛り上がるとわかってはいたんですけど。そのフリがいわゆるギャルっぽい答えのフリで。私、中身は、めちゃくちゃ静かに家に帰るタイプだし、お酒も飲めないし、パリピみたいなギャルじゃないし、嘘つきたくなかったから、『いや違うんです』って言っちゃって。私は、伸び伸びとはやれないなと思いました、この人とは。でも、ありがたい人にはありがたいと思います」

佐久間「できない人にとっては簡単だから、助かるもんね」

みちょぱ「そうなんです。優しい人なんですよ」

記事画像
これを聞いた伊集院は「すげーな…」と落ち込む。若くてできる人が来ると、最終的に「やっぱり自分は出役に向いてない」とテンションが下がってしまう伊集院が、今回も発動したのだった。

記事画像
さらに、みちょぱにテレ東のイメージを聞いてみると「アナウンサーがクセ強い人が多い」と。番組進行の池谷実悠アナウンサーについても「最近Xでやたら自撮りが出てくる」、しかも「自撮りの仕方がスゴい求める」とチェック。それを聞いた池谷アナウンサーは、「アナウンサーになる人は全員目立ちたがり」と持論を展開していく!?

ネットもテレ東」では、最新回に加え、“バラエティ女王”みちょぱの歴史をひも解く伊集院と佐久間が懐かしいニオイで思い出す過去など、配信オリジナルエピソードも公開中!