<大阪王将>爆盛り天津炒飯!総重量5.5kgにイケメン新人ハンターが挑む!:デカ盛りハンター

公開: 更新: テレ東プラス

金曜夜7時25分からは、「デカ盛りハンター」【VS 5.5キロの爆盛り唐揚げ定食!デカ盛り賞金稼ぎ】を放送!

「テレ東プラス」では、6月7日(金)に放送された「総重量5.5kg超ドデカ天津飯!大阪王将からの挑戦状」をプレイバックする。

【動画】「大阪王将」山盛り天津炒飯!イケメン新人ハンター・鍋島龍一郎が挑戦


記事画像
今年4月「最強大食い王決定戦2024」でデビューし、衝撃の爪痕を残した超新星・鍋島龍一郎が番組初参戦! 全国に約350店舗を展開する人気チェーン「大阪王将」のデカ盛りメニューに挑む。
謎多き新人ハンターの戦いを、MCの三四郎(小宮浩信、相田周二)と、ゲストの横山由依が見守った。

記事画像
今年で創業55周年の「大阪王将」が用意したのは、総重量5.5kgと“5"しばりの天津炒飯。2kgの炒飯を玉子11個分の玉子焼きで覆い、周りには看板メニューの焼き餃子33個がずらりと並ぶ。
制限時間も55周年にかけ55分! 「大食い王決定戦」の予選でも餃子168個(約5kg)を完食した鍋島は、「任せてください」と余裕の表情だが、有言実行なるか!?

記事画像
いよいよバトルスタート! まず周りから攻める鍋島は、ジューシーな肉の食感が口いっぱいに広がる「元祖焼餃子」に「うまっ」と感動。ひたすら餃子を食べ進め、33個をわずか9分で完食する。

記事画像
続いて山盛りの天津炒飯へ。中身は超ヘビー級の五目炒飯で、それを覆い尽くす分厚い玉子焼きはなんと7枚!

記事画像
さらに、炒飯の中に55尾のエビチリが!こちらも550gと“5”にこだわった重量で、小宮も「55尾はスゴいよ…」と絶句。想定外の隠し食材を攻略すべく、鍋島は立ち上がって体を揺らし、食べたものを下へ落とす。

記事画像
胃袋のスペースを確保したかと思いきや、突然の筋肉アピール! 実は鍋島の本業は、栄養管理や筋トレの個別指導を行うパーソナルトレーナー。見ての通り腕はムキムキで、「脱いだらスゴいタイプ」とのこと。

エビチリを難なく制覇し、残り時間は25分。ここで炒飯の中からさらなる隠し食材が!

記事画像
出てきたのは、特別仕様の巨大チャーシュー550g。さすがに動揺する鍋島だが、店長の「負けない自信しかない」という一言で負けず嫌いの気質に火が付き、ペースアップ! 巨大チャーシューを完食し、さらにギアをかけようとしたところで、再び何かを発見する。

記事画像
ラスボスの如く現れたのは、550gの巨大唐揚げ! 残り時間は15分、ここにきての肉2連発に、鍋島も「今じゃない!」と思わずクレーム(笑)。

記事画像
急いで唐揚げを平らげ、ようやく天津炒飯のみとなったところで、タイムリミットまであと5分! 初のバラエティー出演で気合いが入りすぎたのか、「ちょっとペース配分を間違えちゃった」こぼしつつ、最後まで食べる手を止めない鍋島。本気のラストスパートをかけ…

記事画像
お腹にはまだまだ余裕があるが、4.2kgを食べ切ったところで無念のタイムアップ! 悔しさをにじませ、リベンジを誓う!