【最終回 無料配信】「1人で行くな!」暴走族との激しい抗争…高校生たちの“未来”は?

公開: 更新: テレ東プラス

「あれから僕たちは、カッコいい大人になれただろうか」
髙橋海人×中川大志×松本穂香らの共演で描く、1995年の渋谷をがむしゃらに駆け抜けた高校生たちの熱き青春群像劇。テレビ東京開局60周年連続ドラマ ドラマプレミア23「95」(毎週月曜夜11時6分放送)第10話を振り返る。

【動画】最終回!1995年を駆け抜けた高校生たちの結末は!?

【最終回 無料配信】「1人で行くな!」暴走族との激しい抗争…高校生たちの“未来”は?

29年前の“あの事件”と向き合うことに


1995年3月20日、地下鉄サリン事件。この日をきっかけに「生きる」ことと向き合い、がむしゃらに生き抜いた高校生たちを描く熱い青春物語。最終話 ツヨクイキヨウ

記事画像

記事画像
渋谷の夜空に大きな花火が打ちあがる中、秋久(髙橋海人)と翔(中川大志)は囚われていたマルコ(細田佳央太)、レオ(犬飼貴丈)、ドヨン(関口メンディー)と合流する。

記事画像
暴走族と激しい戦いを繰り広げる5人だったが、圧倒的な仲間数の差にだんだんと押され始める。“全員で花火を見る”という約束を糧に必死に対抗する5人。

記事画像
そこへ秋久を病院送りにした大黒が現れる。余裕の笑みを浮かべた大黒は地面に落ちた拳銃を拾い上げ…。

記事画像
公式X(Twitter)
公式Instagram
公式TikTok