何がすごいの?新紙幣 実は使いやすさが大きく向上、驚きの工夫の数々:有吉の世界同時中継

公開: 更新: テレ東プラス

海外で活躍する取材コーディネーターや日本大好き外国人などの海外特派員と中継をつなぎ、世界の国々を中継で旅する新感覚旅番組「有吉の世界同時中継」。「テレ東プラス」では、2月1日に放送された番組の中から「巨大施設の裏側を大調査! お札を印刷する国立印刷局に潜入」の内容を振り返る。

【動画】新幹線をつくる巨大工場に潜入

記事画像
今年の7月3日から1万円札と5千円札、1千円札の3紙幣のデザインが一新される。番組では、発行まであと5カ月に迫った新紙幣をつくる巨大な製造施設・国立印刷局の裏側を徹底取材した。全国に6つの工場を持つ国立印刷局の中でその中枢を担う東京工場(東京都北区)は、お金を扱うだけあって、セキュリティーはとても厳重。荷物検査や身分証のチェックがあるのはもちろん、職員でさえ携帯電話・スマホ、腕時計は持ち込み禁止だ。

記事画像
印刷局では現在、すべての紙幣製造が新紙幣に切り替わっている。年間で約30億枚が印刷される予定で、全部を積み上げると富士山の約80倍の高さになるほど。紙幣は、手作業による原図作成や特殊な紙の製造など、さまざまな工程を経て出来上がるが、多大な労力を使う一番の理由は偽造防止のためだ。

画像ギャラリー