告白は元AKB48松井咲子から「いつか付き合えませんか?」元ゾフィー上田、結婚秘話

公開: 更新: テレ東プラス

ゴッドタン」(毎週土曜深夜1時50分)2月3日(土)放送は、「元ゾフィー上田の諸々報告会」。昨年末は、ゾフィー解散、結婚、アメリカ進出宣言…と激動ぶりが話題となった上田航平に、気になるもろもろを聞きつつ、みんなでアメリカでもウケそうな下ネタコントを!

【動画】アメリカでもウケそうな下ネタコント

結婚のきっかけは?


実力派コント師として人気を博し、「ゴッドタン」でも数々の名作下ネタコントを披露してきたゾフィーが、昨年11月に解散。ネタ作り担当の上田は、12月に元AKB48松井咲子との結婚を発表、直後にアメリカ進出を宣言し、驚かせた。

妻・松井との出会いは、お世話になっているTBSラジオ・宮嵜守史プロデューサーの食事会。松井と同席する機会があった際、近所に住んでいることを知り、塚本直毅(ラブレターズ)を交えた3人で“友達”として毎週食事会を行うことに。

劇団ひとりらMC陣から「本当に友達だった?」と下心がなかったか突っ込まれると、上田は「元アイドルの方と、なんかあるなんてないと思って」と、その時点での恋心は否定。そんな中、塚本がミュージカルの稽古ため食事会に来られなくなり、松井から「2人でいきましょうよ」との誘いが。2人で会ううち、上田も「付き合うとかあるのかな?」と意識するように。

記事画像
そして告白は松井から。「いつか付き合えませんか?」と言われた上田は、ゾフィーが「キングオブコント」で決勝に行けたら「付き合いましょう」と約束。見事「KOC」決勝進出し、晴れて付き合うことになったのだという。ちなみに、その時、結果的にキューピッドとなった塚本のことは、「一切(頭に)なかった(笑)」とのこと。

結婚を決めた上田は、「真剣に生きていくとしたら、コンビじゃやっていけない」と思うように。松井に相談したところ、収入は減るものの「楽しくないんだったらやめた方がいいよ」との後押しもあり、ゾフィー解散を決意する。

解散の翌日、アメリカ進出を夢に現地へ視察。以前から好きだったアメリカのコントを生で見るため、貯金を叩いてロサンゼルスに一週間滞在し、いろんな劇場お笑いライブを見て回った。

「ライブをやりたいんです、アメリカで。住みたいんです」という上田。再び若手芸人としてゼロからスタートしてライブで勝ち上がり、「もう一回ここで食えるようになりたい」との夢をアツく語る。

記事画像
劇団ひとりは「それに奥さんも巻き込むつもり?」と驚くが、妻も一緒にアメリカへ行きたいと応援してくれていることから結婚を決めたのだという。これにはおぎやはぎも「かっこいいこと考えてるねぇ」「いい夫婦だなぁ」と感心する。

しかし、アメリカ進出を決めたものの、現地に何のツテもない上田は、驚きの行動に出る!?

記事画像
そんな上田に「ゴッドタン」はアメリカでもウケそうな熱い下ネタの台本を上田に依頼する。1本目「情に厚いチンピラ」は、劇団ひとり演じるナイフで刺されたチンピラが、瀕死の状態ながら風俗店でやたらとオプションにもこだわり…!?

記事画像
おぎやはぎ+野呂佳代による2本目「竜宮城」は、竜宮城でもてなされた浦島太郎が、別れの瞬間にとんでもない発言を!? 「ネットもテレ東」でチェック!