【独占動画】2人でコラボするなら「スローリーなR&B」「駆け引きが面白いかも」

公開: 更新: テレ東プラス

 
ヴィクトリーグ!」(毎週土曜深夜2時15分)では、LIL LEAGUE、KID PHENOMENON、WOLF HOWL HARMONY、THE JET BOY BANGERZの同世代ボーイズグループ4組が白熱バトルをお届け!

LIL LEAGUE&KID PHENOMENONシャッフルトーク第4回目は、リル・中村竜大さん×キドフェノ・山本光汰さんの「イケメンボーカル対談」です。

【動画】早くも解散の危機!?リルバンド存続をかけたテストに挑む

お互いにないものを持っている


記事画像
――お2人とも幼い頃の歌唱映像が残っているなど“歌うまキッズ”界では注目されていたのではないかと思うのですが、以前から意識したりしていましたか?

中村「初めて会ったのは、DEEPさんのオーディションです。候補者を年齢順に並べられた時に、最年少が小6の光汰で、次が14歳くらいの僕で、隣に座った時に“こんな子いるんだ。すごいな”と思ったのが最初の印象でした。光汰は黒髪サラサラのマッシュルームヘアで」

山本「そうだったね」

中村「当時、僕はEXPG(多くのLDHアーティストなどを輩出してきたダンス・ボーカルなどのスクール)にもまだ入ってなくて、一人で路上ライブをしていた頃で。ど緊張していたし、周りに友達もいないし、ずっと携帯とにらめっこしていました。隣に座っていた光汰は、“よくしゃべるな~”という印象で(笑)」

山本「(笑) 僕も、もちろん緊張していたんですけど、いろんな人とフレンドリーに話すタイプで、(宇原)雄飛くんとかとしゃべってて。隣の竜大がめっちゃ緊張してるなっていうのは伝わってきました」

中村「その時は、お互いしゃべらなかったんですが、オーディションで歌う前の光汰のコメントが印象的で。『DEEPさんのことがめっちゃ好きで』と言った後、次の言葉が思い浮かばなかったのか『めっちゃ好きで』って何度も言ってて(笑)」

山本「そうだったっけ?(笑) 緊張してたんだろうね」

中村「小学生で、この場所で、そりゃ緊張するよと思って。僕も緊張して片言だったし(笑)」

記事画像
――その後もお互い意識していましたか?

山本「『iCON Z』のオーディションで竜大の歌唱を聞いて一段と上手くなってるなと感じたし、三次審査の個人ランキングは竜大が1位だったので、いいライバルとして刺激になりました」

中村「僕は “この年で、なんでこんなにいろんなことを知っていて、こんなに感性が磨かれているんだろう”と光汰に興味が湧いてきて。価値観とか話題もすごく噛み合って理解し合えていると思いましたし、お互いに自分にないものを持っているのでリスペクトしていました」

――相手の持つ“自分に持っていないもの”だと思うことは?

山本「唯一無二の歌声。美男子で爽やかで、『iCON Z』オーディションの象徴というくらいキャラクターも立っていたので、“王座”というイメージですね」

中村「色気と声質と、何といっても見せ方のプロフェッショナルさですね。僕はダンスを10年ちょっとやっていたのですが、光汰はダンス歴が浅いのに短期間でここまで研究できることがすごいな、と。ダンスが上手いだけじゃアーティストって成り立たないので、そこを一番理解できていたのは光汰だと思いました」

記事画像
――パフォーマンスを見て、光汰くんはダンス歴長いと勝手に思っていたのですが、そうでもないんですね。

山本「キドフェノの中でも一番短くて。だからオーディションの時は、歴じゃなくて見せ方でカバーしようと、着眼点を変えてやっていました」――自分の“見せ方”は、それぞれどういう風に磨いていくんですか?

山本「好きなアーティストさんを参考にしたり、自分のダンスVTRを見返して、どういう角度やシルエットがいいのか研究してパフォーマンスに活かしています。マイケル・ジャクソンさんとかアッシャーさんとか、シルエットがカッコいいと思いますね」

中村「僕は元々、歌しか頭になくて、ダンスは苦手意識が強かったんです。自分が長年やっていても手に出来なかったのに、光汰はこんな見せ方ができるというのが衝撃でした。光汰も、リルの(岩城)星那や(百田)隼麻もそうですが、大阪出身の方って自分を表現するのが上手いなと感じていて、そういうところを吸収できたらいいなと思って励んでいます」

――お互いに自分はここは負けないと思うところは?

中村「負けないというか、種類が違うんですよ。歌声にしても、表現にしても…」

山本「確かに。楽器が違うみたいな感じ」

記事画像
――なるほど! そういう“違う”2人が、もしコラボするとしたら、どんなものをやってみたいですか?

中村「どうだろう? でも確実にリルみたいなポップな曲ではないですね」

山本「洋楽とかちょっとスローリーなR&Bとかは、すごく合うんじゃないかな」

中村「グルービーな、音楽を感じられるような楽曲をやると、そこの駆け引きみたいなのが出て面白いのかなと思いますね」

山本「例えば、ブルーノ・マーズとかの楽曲を僕ら若いグループがカバーして歌ったりしたら、カッコいいんじゃないかなと思います」

――グループをシャッフルしてのコラボパフォーマンスとかやったら面白そうですよね。

山本「やってみたいですね」

中村「一人変わるだけで、だいぶ変わると思う。THE JET BOY BANGERZの(宇原)雄飛くんとか、WOLF HOWL HARMONYのRYOJIくんやSUZUKIくんとは、個々で歌っているのを見たり、一緒に歌ってみたりということがなかったので気になるかもしれない」

山本「『iCON Z』のボーカルグループで歌のライブをやってみたいというのは、ずっとありますね」

記事画像
――4組の中で、このグループのこの曲歌ってみたいとかありますか?

中村「(即答で)僕はキドフェノの『存在証明』。音からして、いいので」

山本「僕はリルの『YADA』か『15分』。めっちゃいい曲」

――お互いの曲ですね。歌う人が違ったら、曲の印象も違いそうですね。

山本「全く違うと思います」

明日公開の【後編】では、収録中、思わず2人の目が合う瞬間を!


(撮影:Marco Perboni/取材・文:国川恭子)

LIL LEAGUE、KID PHENOMENONが出演する「ヴィクトリーグ!」(毎週土曜深夜2時15分)。今夜の放送は、バトルを制したキドフェノご褒美単独企画!

最新回は「ネットもテレ東」、「TVer」で期間限定配信中!

「ヴィクトリーグ!」公式HP
Twitter:@tx_victoleague
TikTok:@tx_victoleague

【プロフィール】
LIL LEAGUE(リルリーグ)
LDH史上最大規模のオーディション「iCON Z~Dreams For Children~」で、応募総数4万8000人の中から勝ち抜きグランプリを獲得した6人組グループ。2023年1月11日、シングル「Hunter」でデビュー。2ndシングル「Higher / Monster」リリース、「HYPE UP」「15分」「飛龍- FeiLong-」配信中。2023年「輝く!日本レコード大賞」新人賞受賞。2024年2月28日(水) ファーストアルバム「TRICKSTER」リリース。

中村竜大(なかむら・たつひろ)
2004年11月27日生まれ(19歳)。福岡県出身。

オフィシャルページ
X(Twitter):@LIL_LEAGUE_
Instagram:@lil_league_official
TikTok:@lilleague_official
YouTube公式チャンネル

KID PHENOMENON(キッドフェノメノン)
LDH史上最大規模のオーディション「iCON Z~Dreams For Children~」第二章で、ファンや視聴者の応援による審査でデビューを勝ち取った7人組。2023年8月23日、「Wheelie」でデビュー。2ndシングル「存在証明」リリース。

山本光汰(やまもと・こうた)
2007年3月19日生まれ(16歳)。大阪府出身。

オフィシャルページ
X(Twitter):@_KID_PHENOMENON
Instagram:@kid_phenomenon
TikTok:@kid_phenomenon
YouTube公式チャンネル

PICK UP