「使わない避妊具を配るなど、発展途上国へのアクションは、たいてい的が外れている」銅冶勇人氏が語る【アフリカの現状と支援の本質】

公開: 更新: テレ東プラス

エシカル▲「CLOUDY」CEO・銅冶勇人さん

「“発展途上国への支援”といって募金をするが、たいていは的が外れている…」そう語るのは、2015年にアパレルブランド「CLOUDY」を立ち上げた銅冶勇人さん。

大学時代に訪れた、アフリカのスラム街の現状に衝撃を受けた銅冶さんは、2010年にNPO法人「CLOUDY」を立ち上げ、アフリカでの支援を開始。2015年にはアパレルブランド「CLOUDY」を設立し、雇用創出を目的とした自社工場をガーナとケニアで運営。アフリカ伝統の生地や素材を使用した最先端ファッションを展開している。
アパレル(営利事業)とNPO(非営利)の両輪を走らせ、循環型ビジネスとして確立。アフリカの雇用や教育などの活動に還元している。

【動画】見たらきっとほしくなる…プレゼントに喜ばれる「アートハンカチ」

「ゴールドマン・サックス証券」のエリートビジネスマンからアフリカ支援へ…。
銅冶さんの経歴を紐解くと、まず浮かび上がってくるのが両親の存在だ。「誰かのために何かをしたいのなら、自分でそれを作り出しなさい」というのが、銅冶家の教えの一つだった。

「両親の影響は大きかったと思います。一つ一つのアクションに対しての意義、ストーリーを考えながら僕たち兄弟を育ててくれました。小学校で行われる募金一つにしても、ただ保護者が子どもに持たせて先生に渡すのではなく、自分たちでそのお金をどう作り出すかを一緒に考えてくれる。どんな場面でも“自分ごと”に置き換えられるようなステージを用意してくれていたのかなと思います。
よくいろいろなところでお話ししますが、食べてもいないのにおいしくないと判断するな、やったこともないのにやりたくないと言うな、やったからには覚悟を持ってやれと、両親から言われて育ちました。“まずはやってみること”の大切さを教えてくれたんですよね。それが、大学時代にアフリカに行くというチャレンジにつながったのではないかと思います」

エシカル▲「RAYARD MIYASHITA PARK店」を訪れると、目にも鮮やかなアフリカンテキスタイルの雑貨たちが明るく出迎えてくれる。店前を通る人々の心を惹きつける力強さだ

僕らが感じている問題と、現地で掲げられている問題というのは圧倒的なギャップがある


大学の卒業旅行でアフリカ・ケニアに渡り、スラム街の現状に衝撃を受けた銅冶さん。その後は世界を知るため、「ゴールドマン・サックス証券」に入社。3年目で、アフリカを支援するNPO法人「CLOUDY」を設立した。そこにはどんな思いがあったのか。

「当時の僕にとって、スラム街の光景はとてもショッキングなもので、ゴールドマン・サックス入社以降も、毎年9日間の休みを使って、アフリカへと足を運びました。次第に“ここで何かをつくっていきたい、自分ができることは何なんだろう”という思いが高まっていき、もっと本質の問題に触れたいと考えるようになった。すでに日本を含め、発展途上国に対するアクションに対して大きな違和感を抱いていました。学校を作るのになぜ続かないのか、洋服をたくさん寄付しているけど、めちゃくちゃ捨てられている…捨てるから、また環境破壊になるんだよなとか。

ある時、日本から送られてきている服を見せてもらったら、ゴミみたいなバッグや穴が開いた服ばかり。多くの日本人が“アフリカの人は何でも着るでしょ”と思いこんでいるんですよ。メディアで流れる映像のイメージが強いので、そういう感覚に陥ってしまう。一方、アフリカの人たちからしたら、“私たちだって洋服を選ぶ権利があるのよ“と。社会課題をとらえきれていないアクションに違和感を持っていたので、”本当に必要なことって何だろう“と追求したくなったんです」

エシカル
銅冶さんが毎年現地に通い続けたことで、地域の人々は徐々に心を開いていく。次第に社会課題を教えてくれるようになった。

「例えば多くの団体が、性教育と言ってはコンドームのような避妊具を配るわけです。配るにも人を要する、つまりはお金がかかるわけですが、みんな配って達成した気になっている。でも実際は、避妊具の位置づけが先進国とは異なるため、せっかく配っても捨てられてしまい、課題の解決にはなっていません。
彼女たちがなぜ、パートナーに避妊具を付けることを依頼できないかというと、そこにはさまざまな理由が存在しますが、例えば“相手に嫌われたくない”という思いがあります。

また、日本で見えている子どもたちの労働シーンにも誤解を招く一端があります。途上国においての児童労働は、重要な教育を成し遂げているという言い方もできる。もちろん、子どもを奴隷のように扱うことは絶対にしてはいけません。でも、学校がない地域で、子どもたちが何もすることがないのに児童労働がダメというのは間違った見方。農業同様、働くことが教育につながることもたくさんあるので、背景や現地としっかり向き合って見つめないと、間違った情報が広がってしまいます。グリーンウォッシュ(環境配慮をしているように装いごまかすこと)と一緒ですね。

僕らが感じている問題と、現地で掲げられている問題というのは圧倒的なギャップがある。単なるパフォーマンスでしかない部分が多いので、そうじゃないんだよと修正するのが、メディアの皆さんや我々の役割でもあるのではないでしょうか」

固定概念にとらわれず、みんなで一つのことを喜び合える…そんな国民性は、僕たちが失いつつあるものを教えてくれる


課題の本質を追求したい…。銅冶さんは、NPO法人に続き、2015年にアパレルブランド「CLOUDY」を設立。営利事業として展開し、その利益をアフリカの支援に還元している。なぜ、アパレルに目を向けたのか。

「普通に教育をつくったところで人々は生きていけないということに気づかされ、中でも、女性が置かれている立場が圧倒的に弱いことが分かったからです。学校を卒業したばかりの子どもたちが娼婦や妊婦になってしまうケースもあり、“生きる上では教育以上に雇用が大事”という結論に行き着きました。
現地で教育を受けていない、ないしは十分な技術を持っていない人たちでも、トレーニングを積めば仕事に就ける…そういう雇用を作らなければならない。しかもしっかりと数字を作れるビジネスを」

エシカル
「現地の人々や文化を尊重できるものをビジネス化したいと考えていた中で、アフリカンファブリックという伝統の衣装に出会いました。庭先でお母さんたちがやっている縫製作業を目にし、“これなら学校に行っていない女性でも仕事に就ける可能性がある”と思いました。世界のファッションマーケットで、まだアフリカンテキスタイルのフォーカスが広がっていないとするならば、これをいかに変化させてマーケットに届けることができるか。ビジネスチャンスがあると考えました」

雇用を生み出すとともに学校も創立した銅冶さん。大切にしたのは“理想を押し付けるのではなく、一緒に作り出すこと”だった。

「地域の人たちと時間を共にし、一緒にクリアしていく…これに注力しました。最後は、僕らが携わらなくても成立することがゴールだと思うので、目指すビジョンを地域と一緒に作っていく。それでも課題はたくさんあります。
せっかく学校をつくっても、子どもたちはすぐに通わなくなってしまうんですよね。そもそも学校を知らない地域では、その重要性がわからない。急に学校に通えと言ったところで、明日のお金にならないなら働いた方がいいとなってしまうわけです。
教育そのものの重要性や価値観も、国によって違います。まずは親が継続して通わせることができる環境を作り上げること、いかに雇用につながるのかを理解させることが大切です。

もう一つ注力したのは、給食を提供すること。なぜなら“給食が食べられるなら、学校に行ってもいいよ”となるからです。子どもたちはその給食を半分以上残して持ち帰り、家族に分ける。学校に通ってもいいんだよというわかりやすい環境を作ってあげる。これがものすごく重要で、現地で学んだことです。
我々の学校でも、子どもたちの夢の数が増えていることに成果を感じています。最初は、子どもたちが300人くらいいても、夢は4つくらいしかなかった。今はみんなが多くの夢を描くようになり、それはまさしく教育の力、いろいろな世界を知れているからこそ、夢が描けるようになるわけです」

さらなる雇用創出を目指し、食農プロジェクトやクリエイターの育成にも取り組んでいる。

「地域によって差はありますが、土と水をしっかり担保できれば、多くのの可能性がある。給食を提供することを国の法律としてまとめていきたいと思っていますし、学校の敷地内に畑を作り、子どもたちと一緒に材料を育て、そこから給食の材料を捻出する。農業が安定すれば、雇用も生まれます。
ガーナでは冷蔵庫を持っているお家が少ないので、保存食が重要なんですね。そこで缶詰工場を作り、現地で作った食材で産業を生み出すというプロジェクトも立ち上げました。今、宮崎市の皆さんとコラボレーションして取り組んでいます」

エシカル
「クリエイター育成に関しては、世界にどう発信できるかが課題。去年学校を開講し、デザインコース、カメラマンコース、映像制作コースをつくり、今150人くらい通ってくれていますが、技術だけではなく、そこからどうビジネスに発展させていくかというところまでレクチャーしています。弊社の商品も、テキスタイルはデザイナーたちが描いてくれたものを商品化していますし、ブランドで使用する写真や映像は全部クリエイターたちが作ってくれています。そこにポテンシャルを感じてもらって、さまざまなビジネスが広がっていけばいいですね」

エシカル
銅冶さんが魅了された、アフリカの人々、文化の素晴らしさはどこにあるのか。

「最高ですよ。元気で生真面目で、身近なものに幸せを感じることを教えてくれる。彼らは僕の先生でもある。自分の幸せも大事にしているけど、常に助け合う気持ちがあるし、いつも朗らかに笑っている。みんなで一つのことを喜び合える…そんな国民性は、僕たちが失いつつあるものを教えてくれます。固定概念にとらわれない彼らは、自由で素敵です。
僕もまだアフリカの人たちの気持ちを100%わかっているわけではないので、まだまだ学ばせてもらっています。変わらなきゃいけないのは、自分たちの生活や自分たちの考え、そして、自分たちは正しいという思い込み。『CLOUDY』として、皆さんに少しでもそんなことを感じてもらえれば…うれしく思います」

【銅冶勇人(どうや・ゆうと)プロフィール】
1985年、東京都生まれ。慶応義塾大学経済学部を卒業し、2008年「ゴールドマン・サックス証券」に入社。2015年に退社。2010年にNPO法人「CLOUDY」を、2015年にアパレルブランド「CLOUDY」を設立。

(取材・文/蓮池由美子)