「トロみたいにとろける…」最高級のカニなど<年末年始>に重宝する商品を一挙紹介!:じっくり聞いタロウ

公開: 更新: テレ東プラス

じっくり聞いタロウ~スター近況㊙報告~」(毎週木曜深夜0時放送)。
12月14日(木)は、出演者が忖度なしで商品の感想を言う「じっくり通販王」特別編「グルメ通販王決定戦」をオンエア! 食通の神田うのと天野ひろゆきをゲストに迎えてお届けした。

12/15じっくり聞いタロウ
【動画】「トロみたいにとろける…」北海道の最高級のカニ!


12/15じっくり聞いタロウ
まずは城咲仁・加島ちかえ夫婦が登場。元No.1カリスマホストの城咲は18年前に大ブレイクし、現在はテレビショッピングのバイヤーとして活躍しており、1日の売り上げが2億5000万円を記録したことも。
そんな城咲の父・岡山実さん(78)は、58年間、東京・板橋で中華料理屋「丸鶴」を経営。
土曜日には300~400人の行列ができるほどの大人気店で、実さんが生涯をかけて完成させた絶品チャーシューが入った「究極のしっとり系チャーハン」を求めて、日本各地から客が訪れている。

12/15じっくり聞いタロウ
しかし、実さんの体力は限界に近く、80歳になったら営業をやめようとしており、このチャーハンが存続の危機に! そこで、城咲とちかえさんが「父のチャーハンを残したい」と商品化に乗り出すが、味の再現に大苦戦したそう。
商品の工場でお店と同じ食材・調味料を使用し、店で修行した城咲から技術を教わった職人が、鍋を使って調理。約2年間の試行錯誤の末、実さんから合格をもらい、見事商品化となった。

12/15じっくり聞いタロウ
究極のチャーハンを試食した出演者一同、大絶賛! 今回は、この「チャーシュー炒飯」3袋と、城咲の自社サイトでも1日限定で販売された“幻の一品”「エビ炒飯」3袋、「幻のチャーシュー皿(300g)」を特別セットにし、8980円(税込)で販売する。

 

画像ギャラリー

PICK UP