【無料配信】裏社会ジャーナリストが明かす“闇バイト”衝撃の実態!

公開: 更新: テレ東プラス

じっくり聞いタロウ~スター近況㊙報告~」(毎週木曜深夜0時)。
12月7日(木)の放送では、裏社会ジャーナリストの石原行雄氏が、闇バイトの衝撃の実態に警鐘を鳴らした!

【動画】裏社会じゃナーリストが明かす、闇バイトの衝撃と実態!

記事画像
簡単に大金が手に入るという誘い文句で犯罪に加担させる「闇バイト」。
まずは、石原氏がXのポストをもとに再現した求人広告を紹介。闇バイトで1番大きいのは特殊詐欺の求人だそうで、かつては闇サイトや出会い系のような人目に触れない場所、特定の人間しか入れないサイトで行っていたが、今はSNSで大っぴらに募集をかけるという。DMではバイト内容を詳しく話さず、匿名性の高い通信アプリをインストールさせてから細かい話となるそう。特殊詐欺グループは、元締めから指示を受ける“現場監督”、電話で騙す“かけ子”、人を募る“リクルーター”がおり、応募してきた人は捕まりやすい末端である“受け子”“出し子”“運び”の仕事をさせられるという。

そして、その応募者を逃がさないある手口が…。
応募者は、IDカードや免許証、学生証などと自分の顔を一緒に写した自撮り写真を送信するように言われるとか。
2021年10月、京都府警が当時29歳の男を逮捕。男のスマホを調べると、運転免許証や学生証などを持つ自撮り写真が100人以上も出てきたそう。この自撮り写真が、闇バイトから抜け出せなくなる理由だという。

記事画像
途中で辞めたいと思っても、相手に個人情報を押さえられているため、「これをばらまくぞ」「追い込みかけるぞ」「全部罪を被って懲役何十年になるぞ!」といった感じで脅され、やらざるを得なくなってしまうそう。

SNS上にはびこる“危険な闇バイト”には絶対に手を出さないように!

PICK UP